【2021】東京オリンピック テニス 日本代表選手まとめ 男子 女子【シングルス・ダブルス】

オリンピック

今回は、2021年の東京オリンピックにテニス競技で出場する日本代表選手を男子・女子合わせて一挙にまとめていきます。

シングルス・ダブルス合計で11人が出場!

【2021】東京オリンピック テニス 日本代表選手【男子】

まずは男子選手を紹介します。

錦織圭(シングルス・ダブルス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kei Nishikori(@keinishikori)がシェアした投稿

生年月日1989年12月29日
利き手
シングルス世界最高ランク4位

日本の大エース。

シングルスの他にダブルスにも出場予定です。

前回のリオオリンピックではナダルに競り勝ち銅メダルを獲得した。

世界トップクラスの両手バックハンドとリターン力が最大の武器。

最近ではコーチにサーブ&ボレーヤーの名手だったマックス・ミルヌイを迎え、サーブとボレースキルも向上し、さらなる進化を遂げています。

☑スーパープレイ集

Kei Nishikori: Top 10 Best Shots of His ATP Career

 

 

西岡良仁(シングルス)

生年月日1995年9月27日
利き手
シングルス世界最高ランク48位

錦織選手に次ぐ日本男子ナンバー2。

俊敏なフットワークと頭脳プレー、スピン系のショットが武器の左利きの選手です。

身長は男子トップ100の中ではアルゼンチンのシュワルツマンと並んで小柄だけど、大型選手にも打ち勝てる技術力が光る。

Youtuberとしても活動していて、私生活を公開中。

世界ランカーの思考や普段の行動が知れて中々興味深いチャンネルです。

【伝説の男】ティエム選手と練習させて頂いた。

 

 

ダニエル太郎(シングルス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taro Daniel(@tarodaniel)がシェアした投稿

生年月日1993年1月27日
利き手
シングルス世界最高ランク64位

日本男子ナンバー3。

粘り強いストローク力が持ち味の守備型プレーヤーです。

世界王者、ジョコビッチに勝ったことのある数少ない選手の一人。

 

 

杉田祐一(シングルス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Babolat Japan(@babolatjapan)がシェアした投稿

生年月日1988年9月18日
利き手
シングルス世界最高ランク36位

日本男子ナンバー4。

世界ランク最高36位は錦織選手に次ぐ歴代2位です。

芝のコートで特に活躍する選手。

力強いフラットドライブ系のショットが武器。

 

 

マクラクラン勉(ダブルス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ben McLachlan(@benmclaaaach)がシェアした投稿

生年月日1992年5月10日
利き手
ダブルス世界最高ランク18位

日本男子屈指のダブルスプレーヤー。

錦織選手と組んでの出場が決まっています。

ATPツアーでダブルスを5勝もしている。

片手バックハンドがカッコいい。

 

 




【2021】東京オリンピック テニス 日本代表選手【女子】

次に女子選手を紹介します。

大坂なおみ(シングルス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

大坂なおみ(@naomiosaka)がシェアした投稿

生年月日1997年10月16日
利き手
シングルス世界最高ランク1位

グランドスラム4勝を誇る現役最強クラスの選手。

メンタルの不調でしばらく休場していましたが、オリンピックには参加の意思を固めています。

200キロを超す爆速サーブとパワフルなストロークが武器。

一度ノったら誰にも止められない強さを発揮する。

バーティと並ぶ金メダル候補筆頭のプレーヤーですので、大坂選手が日本の応援を糧にどこまで躍進するのか、注目です。

☑スーパープレイ集

Naomi Osaka Top 10 Plays | Australian Open 2021

 

 

土居美咲(シングルス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

misaki.doi(@misaki.doi)がシェアした投稿

生年月日1991年4月29日
利き手
シングルス世界最高ランク30位

日本女子のナンバー2。

159㎝と小柄な体格ながら、パワフルな打撃で攻めていく攻撃型選手です。

ガンガン打ってくプレースタイルが見ていて気持ち良い!

左利き特有の相手のバックハンド側に切れていくサーブも強みですね。

 

 

日比野菜緒(シングルス・ダブルス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao Hibino(@naohibino_1128)がシェアした投稿

生年月日1994年11月28日
利き手
シングルス世界最高ランク56位

シングルスとダブルスの両方とも得意なテクニカルプレイヤー。

ハードヒットだけでなく、ドロップやロブ、ネットプレーなど様々な戦術で相手を翻弄していく選手です。

日比野選手の試合は見ごたえがあるものが多い。

 

 

青山修子(ダブルス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

shuko aoyama(@shuko.aoyama)がシェアした投稿

生年月日1987年12月19日
利き手
ダブルス世界最高ランク10位

フォアハンド、バックハンド共に両手打ちのダブルスのスペシャリスト。

ダブルスでは16勝を誇り、日本歴代トップクラスの成績を収めています。

世界ランクは最高10位!

全仏ベスト8、ウィンブルドンベスト4の実績!

2019年以降では柴原選手と組んで試合に出ています。

 

 

柴原瑛菜(ダブルス)

生年月日1998年2月12日
利き手
ダブルス世界最高ランク10位

青山選手のパートナー。

高いサーブ力とストローク力を持ち、相手を圧倒していくプレースタイルです。

アメリカ生まれアメリカ育ち。

両親は日本人で、お父さんは彼女のコーチをしている。

ダブルスのメダル獲得に期待がかかります。

 

 

二宮真琴(ダブルス)

生年月日1994年5月28日
利き手
ダブルス世界最高ランク23位

日比野選手とタッグを組むダブルスプレーヤー。

ベースラインから下がらずどんどん前に攻めていく攻撃型のプレースタイルの選手です。

同い年の穂積絵莉選手とのダブルスで全仏決勝まで進んだ実績あり。

日本女子同士のペアでグランドスラム決勝に進んだのは日本女子史上初。

 

 

日本勢のメダル獲得の可能性は高い!

今回は東京2021オリンピックのテニス競技に出場する11人について書いてきました。

ざっくり注目選手とその近況や実績をまとめると以下の通り↓

大坂選手⇒金メダル候補

錦織選手⇒ケガから復帰して今はトップ10位内の選手とも互角にやり合える状態

青山&柴原ペア⇒2021年のウィンブルドンベスト4、ランキング10位

二宮選手⇒全仏準優勝の経験あり

これらの点を踏まえると、日本勢のメダル獲得の可能性は高いと思います。

地元開催だと選手はいつも以上のパフォーマンスを発揮して好成績を収めやすい傾向にあるよね。

というわけで、以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました