キキ・ベルテンスのプレースタイルは?クレーコーター?ダブルス巧者?プロフィールも紹介 

プロのプレースタイル、プロフィール情報

今回は、オランダのプロテニス選手、キキ・ベルテンス(Kiki Bertens)のプレースタイルを、プロフィールやスタッツを交えつつ紹介していきます。

スポンサーリンク

キキ・ベルテンスのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiki Bertens(@kikibertens)がシェアした投稿

生年月日1991年12月10日
出身オランダ
身長182cm
利き腕右利き、バックハンド両手打ち
世界最高ランキング4位
グランドスラム最高成績全豪 3回戦

全仏 ベスト4

全英 ベスト8

全米 3回戦

ツアー優勝回数9回(プレミア・マンダトリー:1回、プレミア5:1回、プレミア:2回、インターナショナル5回)
コーチElise Tamaela
好きなサーフェスハード&クレー
好きな大会グランドスラム
憧れの選手キム・クライシュテルス
趣味音楽鑑賞、読書、買い物、友達と会う事

ベルテンスは6歳の時に叔父や叔母が使っていたクラブでテニスを開始。

2009年にプロに転向し、2012年にツアー初優勝を達成しました。

2016年は飛躍の年で、2回目のツアー優勝の他に全仏でケルバーやバシンスキーを倒しベスト4に進出。

25歳前後で結果を出し始めたから割と遅咲きの選手。

2018年にはウィンブルドンベスト8進出し、2019年にはハレプを破ってプレミア・マンダトリーのタイトルを手にするなど活躍し世界ランクは最高4位まで行っています。

また、決勝に進出したほとんどの大会がクレーなので、クレーコーターと言えますね。

シングルスの躍動に加えてダブルスの成績もよく、2018年のWTAファイナルの決勝戦に出たこともある。

キキ・ベルテンスのプレースタイル

プロフィールに続けて、次はベルテンスのプレースタイルやスタッツについてまとめていきます。

大柄な体格を生かしたアグレッシブベースライナー

ベルテンスのプレースタイルはアグレッシブベースライナーです。

180cmを超える体格から繰り出されるフラットショットはフォアもバックも威力抜群。

もちろんサーブもかなり速い!

強力なサーブを打ち、返ってきたチャンスボールを一撃で決めるというパワー系選手によくある戦法をしっかり実践でき、ボレーやドロップも上手です。

フットワークはその分ゆったりとしているので、先手で攻撃していくことでより強さが発揮される選手だと思います。

世界ランク1位だったバーティをWTAファイナルズで打ち破った試合は見事でした↓

Ashleigh Barty vs. Kiki Bertens | 2019 WTA Finals | WTA Highlights

 

サーブ&リターンのスタッツ(2019年)

参考として、大坂選手とハレプ選手のスタッツも載せてあります。

ベルテンス大坂なおみハレプ
1stサーブが入る確率57.3%60.6%68.9%
1stサーブ時のポイント獲得率72.1%71.9%63.4%
2ndサーブ時のポイント獲得率47.1%46.9%47.9%
ブレイクポイントを防いだ確率57.6%61.1%52.6%
サービスゲームの獲得率75.3%77.5%69.2%
1stサーブのリターン時のポイント獲得率36.4%37%41.6%
2ndサーブのリターン時のポイント獲得率53.8%54.7%57.3%
ブレイクポイントの獲得率45.6%46.6%50.5%
リターンゲーム獲得率34.7%34.7%44%

サーブは最強クラスの数値。

リターンも良い方だと思います。

能力値表

メンタル9/10
サーブ10/10
リターン8/10
フォアハンド9/10
バックハンド9/10
ボレー8/10
フットワーク7/10

サーブ、フォア、バックを高得点にしました。

爆発力が大舞台でも発揮されればグランドスラムの優勝も大いにあると思います。

というわけで以上、オランダのプロテニス選手、キキ・ベルテンスのプレースタイル、プロフィール、スタッツ紹介でした!

ベルテンスの使用ラケットなどは以下の記事にまとめてあります↓

キキ・ベルテンスのラケットは?ガットやシューズ、ウェアもまとめて紹介
今回は、オランダのプロテニス選手、キキ・ベルテンス(Kiki Bertens)の使用ラケット、ガット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。 キキ・ベルテンスの使用ラケット ベルテンスの使っているラケットの市販品モデルは「...

 

タイトルとURLをコピーしました