ラスロ・ジェレのプレースタイル?クレーコーター?500で優勝?プロフィールも紹介

プロのプレースタイル、プロフィール情報

今回は、セルビアのプロテニス選手、ラスロ・ジェレ(Laslo Djere)のプロフィール、プレースタイル、スタッツなどを紹介していきます。

ラスロ・ジェレのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Laslo Djere(@lacidj_95)がシェアした投稿

生年月日1995年6月2日
出身セルビア
身長188cm
体重82キロ
利き腕右利き、バックハンド両手打ち
世界最高ランキング27位
グランドスラム最高成績全豪 1回戦

全仏 3回戦

全英 2回戦

全米 2回戦

ツアー優勝回数1回(500大会:1)
コーチBoris Conkic, Boris Sobkin
話せる言語セルビア語、英語、ハンガリー語
憧れの選手ロディック、ヒューイット、ジョコビッチ
好きなショット、サーフェスフォアハンド、クレーコート
好きなトーナメントブタペスト、全仏、全米
好きなスポーツのチームシカゴブルズ(NBA)、シアトルシーホークス(NFL)
趣味料理

ジェレは王者ジョコビッチ擁するセルビアのクレーコーターです。

2019年のリオオープン(クレー)ではティームやアリアシムを倒して優勝。

250大会を飛び越えて500大会で優勝しちゃうのは結構まれですな

優勝の7年前に母を、2か月前に父を亡くしたため、この優勝は両親に捧げると優勝インタビューで語り反響を呼びました。

ただ、グランドスラムでは全仏を除くとまだあまり勝ち抜けておらず、2019年の後半は早期敗退が目立っているので、復活に期待したいと思います。

ラスロ・ジェレのプレースタイル

プロフィールに続いて、次はジェレのプレースタイルやスタッツについてまとめていきます。

ミスの少ないカウンターパンチャー

ジェレのプレースタイルは、コートの後方で構えて相手の攻撃を受けつつ隙を見て反撃するカウンターパンチャー。

ミスの少ないオーソドックスなクレーコーター系の戦い方です。

バックハンドは良いですが、試合展開がやや単調ぎみなので、なにかさらにもう一つ武器を手に入れることが出来ればさらにトーナメントを勝ち抜けるのではないかと思います。

リオオープン2019の決勝でのアリアシムとの打ち合いでは時々見事なバックハンドダウンザラインを決めています↓

Laslo Djere beats Auger-Aliassime to win first ATP title | Rio 2019 Final Highlights

 

サーブ&リターンのスタッツ(キャリア通算)

参考として、錦織選手とフェデラー選手のスタッツも載せてあります。

ジェレ錦織圭フェデラー
1stサーブが入る確率60%61%62%
1stサーブのポイント獲得率70%71%77%
2ndサーブのポイント獲得率50%53%57%
ブレイクポイントを防いだ確率61%61%67%
サービスゲームの獲得率76%80%89%
1stサーブのリターン時のポイント獲得率29%31%33%
2ndサーブのリターン時のポイント獲得率48%53%51%
ブレイクポイントの獲得率35%41%41%
リターンゲーム獲得率19%27%27%

コート別勝率(キャリア通算)

クレーハードグラス
勝率60%21.4%20%

勝率で見てもやはりクレーコートが一番得意なことがわかります。

能力値表

メンタル7/10
サーブ7/10
リターン7/10
フォアハンド7/10
バックハンド8/10
ボレー7/10
フットワーク8/10

バックハンドのダウンザラインとフットワークが武器なのでやや高めに設定。

今後の成長に注目したいと思います。

というわけで以上、セルビアのプロテニス選手、ラスロ・ジェレのプレースタイル、プロフィール、スタッツ紹介でした!

ジェレの使用ラケットなどは以下の記事にまとめてあります↓

ラスロ・ジェレのラケットは?シューズやウェアもまとめて紹介
今回はセルビアのプロテニス選手、ラスロ・ジェレ(Laslo Djere)の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。 ラスロ・ジェレの使用ラケット ジェレの使用ラケットの市販品モデルは「Wilson Blade ...
主な男子の人気選手一覧

 

タイトルとURLをコピーしました