土居美咲のラケットは?シューズやウェアもまとめて紹介

【アジア、ロシア:女子】

今回は、日本のプロテニス選手、土居美咲(Misaki Doi)の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。

スポンサーリンク

土居美咲の使用ラケット

土居美咲の使用ラケットの市販品モデルは「Dunlop CX200 Japan Limited」です。

Dunlop CX200 2018の日本限定カラー版。

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

Dunlop CX 200 Japan Limited

スペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚21.5㎜
ストリングパターン16×19

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

Dunlop CXシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

ダンロップCXシリーズの2018年モデル。(※日本限定カラーは2019年発売)

標準的なラケットに比べて、フェイスサイズはやや小さめ、重量はやや重めのスペックです。

フレームはコントロール性能に特化したボックスフレーム

フレームを輪切りにしたときの断面が四角っぽい形状をしているよ。

打感はやや柔らかくボールの飛びは良好。

従来のダンロップラケットよりもスイートスポットが広く作られているため、ミスヒットした際にもそこまで返球が難しくないように作られています。

コントロール系ラケットは難しいモデルが多いけど、CX200はちゃんと飛んでくれるから扱いやすい。

薄ラケかつボックスフレームなのでガットがボールをしっかりとホールドし、コントロール性能も高め。

ボールの飛距離の調整や細かいコース調整もやりやすいです。

球種としては、回転はあまりかからず、フラット~フラットドライブのショットが打ちやすいのが大きな特徴。

ボールに厚く当ててしっかり押し込みつつフラットドライブを打つと球威もバウンド後の伸びも出る。

なお、バランスポイントは標準の320㎜より5㎜短く、ややトップライト気味。

ボレー時に取り回しがしやすいです。

※バランスポイントって何?という方はコチラをどうぞ→【テニスラケットのバランスポイント

以上のことから、コントロール性能とパワーアシストのバランスが取れたラケットが欲しい中級前後の方におすすめの一本です。

日本限定カラーは売り切れ、品薄になりやすいから、気になる方はお早めに。

通常カラー版はコチラ↓

使用感や詳細情報は以下の記事でまとめているので、もっと詳しくこのラケットを知りたい方はご覧ください↓

Dunlop CX200 2018 インプレ 評価 感想レビュー【土居美咲モデル】
「Dunlop CX200」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

関連記事

仕様ストリング:Babolat プロハリケーンツアー+ VS

ガットは「Babolat プロハリケーンツアー+ VS」を使用中。

スピン性能に定評のあるプロハリケーンツアーを縦糸に、反発性のあるVSを横糸に組み合わせたハイブリッド型。


土居美咲の使用シューズ

土居美咲の使用シューズはニューバランスの「New Balance MCHLAV」です。

NEW BALANCE FRESH FOAM LAV H(MCHLAV)

クッション性と安定感に優れたシューズ。

多くのトッププロが使用しているプロ仕様のシューズです。


土居美咲の使用ウェア&ラケットバッグ

土居美咲の使用ウェアはニューバランス製。

探してみたものの、彼女と全く同じウェアは見つからず‥‥。

ラケットバッグはダンロップ製です。

以上、日本のプロテニス選手、土居美咲の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグ紹介でした。

女子の人気選手一覧

 

タイトルとURLをコピーしました