土居美咲のラケットは?ガットやシューズ、ウェアもまとめて紹介

【アジア、ロシア:女子】

今回は、日本のプロテニス選手、土居美咲(Misaki Doi)の使用ラケット、ガット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。

スポンサーリンク

土居美咲の使用ラケット

土居選手の使用ラケットの市販品モデルは「Dunlop CX200 2021」です。

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

Dunlop CX200 2021

 

この投稿をInstagramで見る

 

misaki.doi(@misaki.doi)がシェアした投稿

スペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚21.5㎜
ストリングパターン16×19

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

Dunlop CXシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

ボールコントロールに特化したダンロップの人気シリーズ「CX」の最新モデル。(2021年1月発売)

標準的なラケットに比べて、フェイスサイズはやや小さめ、重量はやや重めのスペックです。

ダンロップの「SX」シリーズはスピン性能に、「FX」シリーズはハードヒットにそれぞれ特化しているけど、この「CX」シリーズはショットのコントロール性能に重きを置いている。

打感はやや柔らかく、ボールの飛びは少しだけ控えめ。

ガットがボールをしっかりと掴むホールド感が強いので、ショットの飛距離や細かいコース調整が非常にやりやすい設計となっています。

振り切って使ってもボールがコート内に収まりやすい点を土居選手は気に入っているようですな。

球種としては、回転はあまりかからず、フラット~フラットドライブのショットが打ちやすいのが大きな特徴。

また、バランスポイント(重心)が普通よりも5㎜程度グリップ側に寄ったトップライト系のラケットなので、フルスイングしやすくボレー時に取り回しやすいのも大きな利点ですね。

※バランスポイントって何?という方はコチラをどうぞ→【テニスラケットのバランスポイント

柔らかな打感を感じつつ、しっかりとラケットを振り切ってボールコントロールしていきたい中上級~上級者におすすめの一本です。

使用感や詳細情報は以下の記事でまとめているので、もっと詳しくこのラケットを知りたい方はご覧ください↓

ダンロップ CX200 2021 インプレ 評価 感想レビュー【土居美咲モデル】
「Dunlop CX200 2021」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

2020年以前 Dunlop CX 200 2018

2020年以前は「Dunlop CX200 2018」を使用していました。

スペックは2021モデルとほぼ同じですが、2018モデルのほうが若干パワーアシスト強めでボールが飛びやすい傾向にあります。

2021⇒飛びを抑えてコントロール性をアップ

2018⇒コントロール性を少し抑えて飛びの良さをアップ

といった感じ。

2018は型落ちした分、安くなっている。

 

インプレ・評価・感想レビューはこちら↓

Dunlop CX200 2018 インプレ 評価 感想レビュー【土居美咲モデル】
「Dunlop CX200」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

使用ガット:バボラ RPMハリケーン 125/VS タッチ 130

ストリングは縦に「バボラ RPMハリケーン125」、横に「バボラ VSタッチ130」を張って使用中。

RPMハリケーンは回転性能がウリのポリエステルガット、VSタッチは極上のホールド感と高い反発性能を持つナチュラルガットです。

 

 

土居美咲の使用シューズ

土居美咲の使用シューズはニューバランスの「New Balance MCHLAV」です。

NEW BALANCE FRESH FOAM LAV H(MCHLAV)

クッション性と安定感に優れたシューズ。

多くのトッププロが使用しているプロ仕様のシューズです。

 

土居美咲の使用ウェア&ラケットバッグ

土居美咲の使用ウェアはニューバランス製、ラケットバッグはダンロップ製です。

以上、日本のプロテニス選手、土居美咲の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグ紹介でした。

女子の人気選手一覧

 

タイトルとURLをコピーしました