ダニエル・エバンスのラケットは?シューズやウェアもまとめて紹介

【ヨーロッパ:男子】

今回は、イギリスのプロテニス選手、ダニエル・エバンス(Daniel Evans)の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。

スポンサーリンク

ダニエル・エバンスの使用ラケット

エバンスの使用ラケットの市販品モデルは「Wilson Pro Staff 97 V13」です。

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

Wilson Pro Staff 97 V13.0

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dan Evans(@danevo.official)がシェアした投稿

スペック

フェイスサイズ97平方インチ
重さ315g
バランスポイント310㎜
フレーム厚21.5㎜
ストリングパターン16×19

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性×

Wilson Pro Staffシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

フェデラーが開発に関わっていることで有名なPro Staffシリーズの最新モデル。(13代目、2020年9月発売)(フェデラーはシグネイチャーモデルのWilson Pro Staff RF Autograph 97 V13を使用

グリップエンドに使われている赤色以外は完全なブラックのデザインで、非常にかっこいい一本となっています。

平均的なラケットと比べると、フェイスサイズは小さく、重量はかなり重いスペック

前モデルではカウンターベイルという衝撃吸収材が使われていたけど、今回のモデルではそれは搭載されておらず、よりクリアな打球感になっている。

打感は結構硬く、ボールの重みをしっかりと感じられる打ちごたえのある仕様。

スイートスポットを外すとボールはあまり飛んでくれません。

ただ前作同様にガットがしっかりボールをホールドするのでコントロール性能がかなり高く、ラケット自体に重さがある分、芯に当たれば驚異的な威力のショットが打てます。

難しいラケットだけど、上手く扱えれば最強の武器になる。

スイートスポットで打てた時の快感は他のラケットでは味わえない良さがある‥‥!

球種としては、スピン回転はあまりかからず、フラットショットが打ちやすいのが大きな特徴。

なお、バランスポイントは平均的な320㎜よりも10㎜短い「トップライト」に分類され、ボレー時に取り回しが利きやすく作られています。

※バランスポイントって何?という方はコチラをどうぞ→【テニスラケットのバランスポイント

使いこなすにはある程度の技術とパワーが必要ですが、コントロール重視のフラット系オールラウンダー(中級者~上級者)にはおすすめのラケットです。

315gは重すぎるという方は、軽量バージョンの97Lも良いと思います。(290g、バランスポイント325㎜、フレーム厚23㎜、その他は97と同じ)

 

╲詳細レビューはこちら/

 

 

ダニエル・エバンスの使用シューズ

エバンスが使っているシューズは、「Adidas Barricade」です。

Adidas Barricade

統合したTuned Fitレーシングシステムによってネオプレンのシュータンを絞ると自分のミッドフットの形に合わせることができる設計。

ヒール部分のGeofitシステムが隙間を埋め、Sense Podsフォームがしっかりと快適なホールド力を発揮する。

Bounceミッドソールと耐久性のあるTPUエレメントが羽のような履き心地を提供。

チチパスも愛用しているプロ仕様のシューズです。

 

ダニエル・エバンスの使用ウェア&ラケットバッグ

エバンスの使用ウェアはYoxoi製、ラケットバッグはウィルソン製です↓

以上、イギリスのプロテニス選手、ダニエル・エバンスの使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグ紹介でした。

エバンスのプレースタイルなどは以下の記事にまとめてあります↓

ダニエル・エバンスのプレースタイルは?バックハンドスライスが武器?プロフィールも紹介
今回は、イギリスのプロテニス選手、ダニエル・エバンス(Daniel Evans)のプロフィール、プレースタイル、スタッツなどを紹介していきます。 ダニエル・エバンスのプロフィール ATP : Daniel Evans : "Le t...

 

タイトルとURLをコピーしました