ヒューゴ・ガストンのラケットは?シューズやウェアもまとめて紹介

【ヨーロッパ:男子】

今回は、フランスのプロテニス選手、ヒューゴ・ガストン(Hugo Gaston)の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。

スポンサーリンク

ヒューゴ・ガストンの使用ラケット

ガストンの使っているラケットの市販品モデルは「Wilson Blade 98 18×20 V7」です。

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

Wilson Blade 98 18×20 V7

主なスペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
長さ27インチ
フレーム厚21㎜
推奨テンション50~60
バランスポイント320㎜
ストリングパターン18×20

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性×

Wilson Blade シリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

トッププロ選手に人気の「Wilson  Blade」シリーズの最新モデル(7代目、2019年8月発売)

標準的なものと比べると、フェイスサイズはやや小さめ、重量はやや重めのスペックです。

トップランカーの使用率が最も高いラケットがこのブレードシリーズ。

男女ともトップ100位以内の選手のうち、30人前後が使用中。

シリーズの前モデルだったCVはかなり硬めの打感でしたが、V7はかなり柔らかい打感を感じることが出来てボールも飛びも良くなりました。

ただ、それでもやはりフレーム厚21㎜のいわゆる”薄ラケ”なので、ラケット自体にそれほどパワーがなく、使いこなすにはある程度の筋力が必要。

一方でしなり感は強く、ガットがボールをしっかりホールドするのでコントロール性能は抜群です。

ボールを楽に飛ばしたい人にはちょっときつい。

だけど力があって強烈なショットを相手コートに打ち込みたいという人には、アウトになりにくくて使いやすいラケット。

球種としては回転があまりかからないため、フラットショットが打ちやすいのが大きな特徴。

パワーがあってボールをしっかりコントロールしたいフラット系プレーヤーの方には一押しのラケットです。

ストリングパターンが一般的な16×19のBlade98 V7の使用感や詳細情報は以下の記事でまとめているので、もっと詳しくこのラケットを知りたい方はご覧ください↓

ウィルソン ブレード 98 V7 16×19 インプレ 評価 感想レビュー【心地よいしなり】
「Wilson Blade 98 V7 16×19」(ウィルソン ブレード 98 V7 16×19)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

 

関連記事

ヒューゴ・ガストンの使用シューズ

ガストンの使用シューズは「Asics Gel Resolution 8」です。

Asics Gel Resolution 8

テニス界最速の足を持つモンフィスが開発に携わった、2019年12月発売の最新のシューズ。

グリップ性能が高く、左右への動きに強い構造になっているので、特にベースライン付近で構えることの多いプレーヤーに向けです。

ヒューゴ・ガストンの使用ウェア&ラケットバッグ

ガストンの使用ウェアはアシックス製、ラケットバッグはヨネックス製です。

ウェアは売り切れたり店舗での取扱いが終了しやすいので、気になる方はお早めに。

 

以上、フランスのプロテニス選手、ヒューゴ・ガストンの使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグ紹介でした。

 

タイトルとURLをコピーしました