日比万葉のラケットは?シューズやウェアもまとめて紹介

【アジア、ロシア:女子】

今回は、日本のプロテニス選手、日比万葉(Mayo Hibi)の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。

スポンサーリンク

日比万葉の使用ラケット

日比選手の使用ラケットの市販品モデルは「Wilson Pro Staff RF Autograph 97 2018」です。

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

Wilson Pro Staff RF97 Autograph V12.0 2018

スペック

フェイスサイズ97平方インチ
重さ340g
バランスポイント305㎜
フレーム厚21.5㎜
ストリングパターン16×19

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性×

Wilson Pro Staffシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

フェデラーのシグネイチャーモデルであり、彼がウィルソンに細かい要望を伝えたことで完成した一本。

スペックに関しては、標準的なラケットと比べると、フェイスサイズはやや小さめ、そして重量はかなり重め(340g)です。

340gは市販品でトップクラスの重さ‥‥!

フレーム厚が21.5㎜のいわゆる薄ラケですが、重さがある分ラケット自体がガッシリしており、ボールの飛びは意外と強め。(打感はやや硬め)。

ガットがボールをホールドしている感じもしっかり味わうことができます。

ピュアドラなどのカンタン系ラケットと比較したらもちろん難しいラケットではあるけど、想像よりは飛んでくれる。

ガンガン振り切って使うと腕が疲弊してしまうため、ラケットの重さを利用しつつボールに厚く当てていくのが吉。

球種としては、フラット~フラットドライブ系が最も打ちやすいです。

コンパクトスイングで厚く当ててフラットショットを打つと、会心の一撃が打てる!

その時の打感もめちゃくちゃ最高!

バランスポイントは平均的な320㎜よりも15mm短く、かなりのトップライト気味。

それに加えてガッシリしたラケットがボールを跳ね返してくれるので、適切な構えに入ってさえいればボレーもやりやすいです。

※バランスポイントって何?という方はコチラをどうぞ→【テニスラケットのバランスポイント

重いので力のない方だと厳しいですが、ある程度パワーのある方なら意外と使いやすいラケットです。

これらのことから、

  • フラット系オールラウンダー(中上級~上級者)の方
  • フェデラーと同じラケットを使いたい方
  • 薄ラケかつパワーのあるラケットを体感してみたい方

におすすめのラケットです。

超人気ラケットだから、コレクションとして1本持っておくのもありかも。

使用感や詳細情報は以下の記事でまとめているので、もっと詳しくこのラケットを知りたい方はご覧ください↓

ウィルソン プロスタッフ RF97 2018 インプレ 評価 感想レビュー【フェデラーモデル】
Wilson Pro Staff RF97 2018(ウィルソン プロスタッフ RF 97 2018)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

関連記事

日比万葉の使用シューズ

日比選手の使用シューズは恐らくアディダス製ですが、型番までは不明。

ちなみにアディダス製のシューズでトッププロテニス選手が多く使用しているモデルは「Adidas Adizero Ubersonic3」です。

Adidas Adizero Ubersonic3

アディダス独自のアウトソールを採用されていて、グリップ力とスライド力のどちらも兼ね備えたプロ仕様のシューズです。

日比万葉の使用ウェア&ラケットバッグ

日比選手の使用ウェアはナイキ製、ラケットバッグはウィルソン製です。

以上、日本のプロテニス選手、日比万葉の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグ紹介でした。

女子の人気選手一覧

 

タイトルとURLをコピーしました