マディソン・キーズのプレースタイルは?全米準優勝?プロフィールも紹介 

プロのプレースタイル、プロフィール情報

今回は、アメリカのプロテニス選手、マディソン・キーズ(Madison Keys)のプロフィール、プレースタイル、スタッツを紹介していきます。

スポンサーリンク

マディソン・キーズのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Madison Keys(@madisonkeys)がシェアした投稿

生年月日1995年2月17日
出身アメリカ
身長178cm
利き腕右利き、バックハンド両手打ち
世界最高ランキング7位
グランドスラム最高成績全豪 ベスト4

全仏 ベスト4

全英 ベスト8

全米 準優勝

ツアー優勝回数5回(プレミア5:1回、プレミア:4回、)
コーチOla Malmqvist
好きなショット、コートサーブ、ハードコート
憧れの選手フェデラー

弁護士の両親を持つキーズは、4歳のときにウィンブルドンをテレビで見たことがきっかけでテニスを始めました。

ビーナスが当時着ていた白いドレスのようなウェアを着たくてテニスを始めたんだとか。

可愛らしい理由w( ̄▽ ̄)

2009年のプロ入りし、2014年のエイゴン国際でケルバーを破ってツアー初優勝を達成。

その後も着実に力を付け、2015年には全豪でベスト4、ウィンブルドンでもベストまで8まで勝ち残りました。

2016年にはリオオリンピックでは準決勝でケルバーに、3位決定戦でクビトバに敗れたものの、世界ランクは7位をマーク。

2017年全米オープンでは同国のスティーブンスに決勝で敗れたものの、準優勝を飾りました。

ハード、クレー、芝のどのコートでも優勝経験あり。

シーズンを通して安定した成績を収められるタイプ。

マディソン・キーズのプレースタイル

プロフィールに続けて、次はキーズのプレースタイルやスタッツについてまとめていきます。

アグレッシブベースライナー

キーズのプレースタイルは、アグレッシブベースライナーです。

一発でウィナーを取ることはあまりないですが、フォアもバックも質の良いショットをミスなく打ち、着実に主導権を握りに行くところが彼女の持ち味

攻守ともにとても堅実な選手。

時折目の覚めるようなカウンターショットを打つこともある。

ドロップやボレーも器用にこなすので、器用な選手だと思います。

キーズのプレー集はコチラ↓

2018 US Open In Review: Madison Keys

 

サーブ&リターンのスタッツ(2019年)

参考として、大坂選手とハレプ選手のスタッツも載せてあります。

キーズ大坂なおみハレプ
1stサーブが入る確率62.1%60.6%68.9%
1stサーブ時のポイント獲得率70.5%71.9%63.4%
2ndサーブ時のポイント獲得率46.4%46.9%47.9%
ブレイクポイントを防いだ確率61.3%61.1%52.6%
サービスゲームの獲得率76%77.5%69.2%
1stサーブのリターン時のポイント獲得率36.5%37%41.6%
2ndサーブのリターン時のポイント獲得率55.6%54.7%57.3%
ブレイクポイントの獲得率42.2%46.6%50.5%
リターンゲーム獲得率33.6%34.7%44%

サーブもリターンも非常に高い数値。

ストローク同様にこれといった隙は無いですね。

能力値表

メンタル9/10
サーブ9/10
リターン8/10
フォアハンド9/10
バックハンド8/10
ボレー8/10
フットワーク9/10

サーブやフォア、フットワークを高めに評価しました。

これからも安定してよい成績を残していく選手だと思いますね。

というわけで以上、アメリカのプロテニス選手、マディソン・キーズのプロフィール、プレースタイル、スタッツ紹介でした!

キーズの使用ラケットなどは以下の記事にまとめてあります↓

マディソン・キーズのラケットは?シューズやウェアもまとめて紹介
今回は、アメリカのプロテニス選手、マディソン・キーズ(Madison Keys)の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。 マディソン・キーズの使用ラケット キーズの使用ラケットの市販品モデルは「Wilson ...

 

タイトルとURLをコピーしました