マクラクラン勉のラケットは?シューズやウェアもまとめて紹介

【アジア、ロシア:男子】

今回は、日本のプロテニス選手、マクラクラン勉の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。

マクラクラン勉の使用ラケット

マクラクラン選手は「Yonex Vcore 2021」シリーズのラケットを使用中です。

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

Yonex Vcore 98 2021

スペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚22.5-23-21㎜
ストリングパターン16×19

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

Yonex Vcoreシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

スピン回転をかけることに特化した「Yonex Vcore」シリーズの6代目のモデル。(2021年発売)

標準的なものと比べると、フェイスサイズはやや小さく、重量はやや重いスペック。

前モデルの「ブイコア98 2018」は打感が硬くボールの飛びもかなり控えめな設計でしたが、今作は打感はやや柔らかく、ボールも比較的飛ぶようになりました。

ガットがボールを掴むホールド感も強く、コントロール性能も非常に高いです。

しっかりスイングできる人なら十分なボールの飛び性能。

打感が柔らかくてコントロール性も良いから、扱いやすく感じる人は多いと思う。

球種に関しては、まあまあ強めのスピンがかかるので、回転量多めのフラットドライブが打ちやすいのが大きな特徴。

なお、バランスポイントは平均的な320㎜よりも5㎜短い「トップライト」に分類され、ボレー時の取り回しが利きやすく作られています。

※バランスポイントって何?という方はコチラをどうぞ→【テニスラケットのバランスポイント

力の弱い方や初級者の方にはやや難しいですが、打感が柔らかくてボールのコントロール性も高いスピン系ラケットを欲しい中級~上級者の方にはおすすめの一本となっています。

2020年以前 Yonex Vcore 2018

2020年以前は「Yonex Vcore 2018」シリーズのラケットを使用していました。

2021モデルと比較するとスペックはほぼ同じですが、こちらの方が打感が硬くボールの飛びとスピン量が抑え目で、よりコントロール性能に比重を置いた設計

  • 2018モデル⇒ガンガンラケットを振ってボールをぶっ潰してフラットドライブを打ち込みたいパワフルストローカー向け
  • 2021モデル⇒打感の柔らかさとボールの飛びの良さ、強めのスピン性能を感じつつショットをコントロールして展開していきたい方向け

といった感じに適性が分けられます。

色に関しては、通常の「レッド」の他に「ギャラクシーブラック」「Limited」があります。

2018年モデルは型落ちしたからお手頃価格になっている模様。

使用感や詳細情報は以下の記事でまとめているので、もっと詳しくこのラケットを知りたい方はご覧ください↓

Yonex Vcore 98 2018 インプレ 評価 感想レビュー【西岡良仁モデル】
「Yonex Vcore 98 2018(ヨネックス ブイコア 98 2018)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

マクラクラン勉の使用シューズ

マクラクラン選手の使用シューズは「Adidas Adizero Ubersonic4」です。

Adidas Adizero Ubersonic 4

アディダス独自のアウトソールを採用されていて、グリップ力とスライド力のどちらも兼ね備えたプロ仕様のシューズです。

マクラクラン勉の使用ウェア&ラケットバッグ

マクラクラン選手の使用ウェアはアディダス製、ラケットバッグはヨネックス製です。

ウェアは売り切れたり店舗での取扱いが終了しやすいので、気になる方はお早めに。

 

 

 

 

 

 

以上、日本のプロテニス選手、マクラクラン勉の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグ紹介でした。

 

タイトルとURLをコピーしました