ジョン・ミルマンのラケットは?シューズやウェアもまとめて紹介

【アフリカ、オセアニア:男子】

今回は、オーストラリアのプロテニス選手、ジョン・ミルマン(John H. Millman)の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。

スポンサーリンク

ジョン・ミルマンの使用ラケット

ミルマンの使用ラケットの市販品モデルは「Tecnifibre T-Fight 315 RS」です。

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

Tecnifibre T-Fight 315 RS

 

この投稿をInstagramで見る

 

John Millman(@johnnyhm)がシェアした投稿

スペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ315g
バランスポイント310㎜
フレーム厚22.5㎜
ストリングパターン16×19
推奨テンション49-55

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性×

Technifibre TFightシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

メドベデフが使用していることで一気に有名になったTFIGHTシリーズの315gモデル(最新作&2020年9月発売)。

メドベデフはこのシリーズを使い始めてから成績が急上昇したし、使用感も大変気に入っているとのこと。

標準的なものと比べると、フェイスサイズはやや小さめ、重量はかなり重めのスペック

フレーム厚も22.5㎜と薄くボールの飛びは控えめですが、その分コントロールがしやすく設計されています。

使いこなすにはガンガンラケットを振ってボールを押していけるだけのパワーが必須。

球種に関してはフラット~フラットドライブが打ちやすいのが特徴。

なお、バランスポイントは平均的な320㎜よりも10㎜短い「トップライト」に分類され、ボレーの際に取り回しが効きやすくなってます。

※バランスポイントって何?という方はコチラをどうぞ→【テニスラケットのバランスポイント

これらのことから、コントロール性能を重視するフラットドライブ系オールラウンダー(上級者)におすすめの一本となっています。

2020年以前 Tecnifibre  TFight 320 XTC

2020年以前は一つ前のモデルかつ5g重い「Tecnifibre T-Fight 320 XTC」を使用していました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

John Millman(@johnnyhm)がシェアした投稿

スペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ320g
バランスポイント310㎜
フレーム厚22.5㎜-22.5㎜-22㎜
ストリングパターン18×19
推奨テンション49-55

「315 RS」よりもさらに重くてボールの飛びが抑えられているため、かなりパワフルなコントロール志向のオールラウンダーにおすすめです。

XTCシリーズは型落ちしている分お安くなっている模様。

 

使用ガット:テクニファイバー ブラックコード 1.28㎜

ストリングは「テクニファイバー ブラックコード 1.28㎜」を使用中。

高いスピン性能と柔らかな打球感、控えめな反発性能が特徴的なポリエステルガットです。

ジョン・ミルマンの使用シューズ

ジョン・ミルマンの使用ウェア&ラケットバッグ

ミルマンの使用ウェアはロット製、ラケットバッグはテクニファイバー製です。

ウェアは売り切れたり店舗での取扱いが終了しやすいので、気になる方はお早めに。


LOTTO LIFE’S TENNIS CAP L54671 

 


ロット(LOTTO) 2019 SS メンズ テック プリント クルーシャツ 210367

 


ロット(LOTTO) 2019 SS メンズ テック 7インチ ショートパンツ 210370

以上、オーストラリアのプロテニス選手、ジョン・ミルマンの使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグ紹介でした。

 

タイトルとURLをコピーしました