大坂なおみのプレースタイルは?アジア人史上初の世界ランク1位?プロフィールも紹介 

プロのプレースタイル、プロフィール情報

今回は、日本のプロテニス選手、大坂なおみ(Naomi Osaka)のプレースタイルを、プロフィールやスタッツを交えつつ紹介していきます。

大坂なおみのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

大坂なおみ(@naomiosaka)がシェアした投稿

生年月日1997年10月16日
出身日本
身長180cm
利き腕右利き、バックハンド両手打ち
世界最高ランキング1位
グランドスラム最高成績全豪 優勝

全仏 3回戦

全英 3回戦

全米 優勝

ツアー優勝回数7回(GS:4回、マンダトリー:2回、プレミア:1回)
コーチWim Fissette
好きなショットフォアハンド
憧れの選手セリーナ・ウィリアムス
好きな街東京

ハイチ人の父と日本人の母を持つ大坂選手は3歳でテニスを開始しました。

姉の大坂まりもプロテニス選手。

国籍はジュニア時代からサポートしてくれたという理由で日本を選んだ。

2013年にプロに転向し、時々上位選手を倒す番狂わせをしながら2016年にTop100位入り。

2017年にはサーシャ・バインにコーチを頼みメンタル面を鍛えました。

2018年は大躍進の年で、インディアンウェルズでシャラポワ、プリスコバ、ハレプ、カサキナといった強豪選手を破って優勝。

さらに全米ではサバレンカ、ツレンコ、キーズ、セレナを倒し、日本人初となる4大大会優勝という快挙を達成しました。

この時は日本中のテニスファンが湧いた‥‥!

勢いそのままに2019年の全豪ではクビトバを破ってタイトルを獲り、アジア人として初めての世界ランキング1位という前人未到の大記録を打ち立てました。

その後は一時スランプになりつつも、以前トップランカーとして活躍しています。

大坂なおみのプレースタイル

プロフィールに続けて、次は大坂選手のプレースタイルやスタッツについてまとめていきます。

パワフルなアグレッシブベースライナー

大坂選手のプレースタイルはパワフルなショットで相手を圧倒するアグレッシブベースライナーです。

特にサーブが最大の武器で時速200キロを超えることもしばしば。

女子で200キロ行く選手は中々いない‥‥!

フォアもバックもコート後方から一発でエースを狙えるほどの威力があり、調子が良いときは誰にでも勝てる爆発力が持ち味。

一方で、守備はあまり得意ではなくフットワークもそこそこといった感じです。

ときどきメンタルが崩れて調子を落とすこともありますが、まだ若い選手なのでこれからさらに成長すると思います。

セリーナと全米優勝をかけて戦った試合の動画はコチラ↓

Naomi Osaka vs Serena Williams | US Open 2018 Extended Highlights

 

サーブ&リターンのスタッツ(2019年)

参考として、大坂選手とハレプ選手のスタッツも載せてあります。

大坂なおみハレプ
1stサーブが入る確率60.6%68.9%
1stサーブ時のポイント獲得率71.9%63.4%
2ndサーブ時のポイント獲得率46.9%47.9%
ブレイクポイントを防いだ確率61.1%52.6%
サービスゲームの獲得率77.5%69.2%
1stサーブのリターン時のポイント獲得率37%41.6%
2ndサーブのリターン時のポイント獲得率54.7%57.3%
ブレイクポイントの獲得率46.6%50.5%
リターンゲーム獲得率34.7%44%

サービスゲームの取得率が8割近くで女子の中ではトップクラス。

リターンの数値もそれほど悪い数値ではないですが、やはりサーブが大坂選手の一番の武器であることは間違いないでしょう。

能力値表

メンタル9/10
サーブ10/10
リターン9/10
フォアハンド10/10
バックハンド9/10
ボレー8/10
フットワーク8/10

サーブとフォアを筆頭にどれも高く評価しました。

メンタルが安定すれば絶対女王としてツアーを支配することも可能な選手だと思います。

というわけで以上、日本のプロテニス選手、大坂なおみのプレースタイル、プロフィール、スタッツ紹介でした!

大坂選手の使用ラケットなどは以下の記事にまとめてあります↓

大坂なおみのラケットは?白い?シューズやガット、ウェアもまとめて紹介
今回は、日本のプロテニス選手、大坂なおみ(Naomi Osaka)の使用ラケット、ガット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。 大坂なおみの使用ラケット 大坂なおみが2020年の全米オープンで使用したラケットの市販品モデ...

 

タイトルとURLをコピーしました