アリーナ・サバレンカのプレースタイルは?声が大きい?ダブルス巧者?プロフィールも紹介 

プロのプレースタイル、プロフィール情報

今回は、ベラルーシのプロテニス選手、アリーナ・サバレンカ(Aryna Sabalenka )のプロフィール、プレースタイル、スタッツを紹介していきます。

スポンサーリンク

アリーナ・サバレンカのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aryna Sabalenka🐅(@sabalenka_aryna)がシェアした投稿

生年月日1998年5月5日
出身ベラルーシ
身長182cm
利き腕右利き、バックハンド両手打ち
世界最高ランキング9位
グランドスラム最高成績全豪 3回戦

全仏 3回戦

全英 2回戦

全米 4回戦

ツアー優勝回数6回(プレミア5:3回、WTAエリートトロフィー:1回、プレミア:1回、インターナショナル:1回)
憧れの選手フェデラー

元ホッケー選手だった父を持つサバレンカは、6歳からテニスを開始。

ブラっと父にドライブに連れていかれて、たまたま見つけたテニスコートで遊んだことがきっかけでテニスを始めたんだとか。

ジュニア時代はあまり成果を出すことは出来なかったものの、2015年にプロに転向してからは着実に力を付けていきました。

2018年のコネチカットオープンでスアレス・ナバロを破りツアー初優勝を達成。

2019年は飛躍の年で、リスク、コンタベイトといった上位ランカーを破り3つの大会で優勝&世界ランクも9位まで上昇しました。

決勝に行った大会のほとんどがハードコートかつアジア開催。

ダブルス巧者としても有名で、2019年にはメルテンスと組みBNPパリバとマイアミ、そして全米オープンで優勝しダブルス世界ランク2位まで浮上しています。

その一方で、シングルスのグランドスラムではほとんどの大会で早期敗退しており、そこが今後の課題だと思います。

アリーナ・サバレンカのプレースタイル

プロフィールに続けて、次はサバレンカのプレースタイルやスタッツについてまとめていきます。

アグレッシブベースライナー

サバレンカのプレースタイルは「アグレッシブベースライナー」です。

武器は角度の付いたクロスショットとダウンザラインを器用に使い分けるバックハンドと、200キロ近いスピードのサーブ。

球種はフラット系で、ミスは多めですがその分ウィナーを取るタイプの選手です

身長182cmから繰り出されるショットはどれも豪快で見ごたえあり👏

ドライブボレーもかなり上手!

また、大柄な割にフットワークも早く、カウンターショットも得意としています。

打球のヒット時に大きな声を出す選手の1人としても知られている。

同じくパワー型のベルテンスを破った試合は見事でした↓

Kiki Bertens vs. Aryna Sabalenka | Zhuhai 2019 Finals | WTA Highlights

 

サーブ&リターンのスタッツ(2019年)

参考として、大坂選手とハレプ選手のスタッツも載せてあります。

サバレンカ大坂なおみハレプ
1stサーブが入る確率60.9%60.6%68.9%
1stサーブ時のポイント獲得率68.7%71.9%63.4%
2ndサーブ時のポイント獲得率45.9%46.9%47.9%
ブレイクポイントを防いだ確率60.7%61.1%52.6%
サービスゲームの獲得率73.5%77.5%69.2%
1stサーブのリターン時のポイント獲得率35.9%37%41.6%
2ndサーブのリターン時のポイント獲得率57.7%54.7%57.3%
ブレイクポイントの獲得率46.1%46.6%50.5%
リターンゲーム獲得率36%34.7%44%

サーブもリターンもトップクラスの数値。

特に2ndサーブのリターン時のポイント獲得率がツアー屈指のリターナーであるハレプよりも上なのは驚きです👏

能力値表

メンタル8/10
サーブ9/10
リターン8/10
フォアハンド8/10
バックハンド9/10
ボレー9/10
フットワーク8/10

サーブ、バックハンド、ボレーを高めに評価しました。

期待値はとても高い選手なので、グランドスラムで結果を出す日も近いと思います。

というわけで以上、ベラルーシのプロテニス選手、アリーナ・サバレンカのプレースタイル、プロフィール、スタッツ紹介でした!

サバレンカの使用ラケットなどは以下の記事にまとめてあります↓

アリーナ・サバレンカのラケットは?ガットやシューズ、ウェアもまとめて紹介
アリーナ・サバレンカの使用ラケット、ガット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。

 

タイトルとURLをコピーしました