アナスタシア・セバストバのラケットは?シューズやウェアもまとめて紹介

【ヨーロッパ:女子】
skeeze / Pixabay

今回は、ラトビアのプロテニス選手、アナスタシア・セバストバ[セバストワ](Anastasija Sevastova)の使用ラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。

アナスタシア・セバストバの使用ラケット

セバストバの使用ラケットの市販品モデルは「Yonex Ezone 98 2020」です。

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

Yonex Ezone 98 2020

 

この投稿をInstagramで見る

 

1st round 💥#USOpen @USOpen

Anastasija Sevastova(@nastysevastova)がシェアした投稿 –

大坂なおみ選手が使っていることで有名なYonexの人気シリーズ「Ezone 98」の最新モデル。(6代目、2020年1月発売)

標準的なものと比べると、フェイスサイズはやや小さめ、重量はやや重めのスペック。

ボールの飛びは少し控えめですが、フレームが中厚24㎜と少し厚めで打感はやや柔らかめ。

ボレーなどは結構難しく、ストロークもある程度ボールを飛ばせる筋力が必要です。

ただ、従来の「Ezone 98」の中では最もスイートスポットが広い設計になっており、多少ミスヒットしても相手コートに返しやすくなりました。

全体的に見て、今までのEzone 98のモデルより少し打感が柔らかくなって扱いやすくなった感じ。

ガットがボールをホールドするため、コントロール性能は抜群。

球種としては、回転がマイルドにかかり、フラットドライブ~グリグリスピンの中間辺りのショットが打ちやすいのが大きな特徴です。

扱うのはそれなりにパワーと技術がいるけど、上手くスイートスポットに当てて押し込んで打てれば会心の一撃に!

なお、バランスポイントは平均的な320㎜よりも5㎜短い「トップライト」に分類されます。

※バランスポイントって何?という方はコチラをどうぞ→【テニスラケットのバランスポイント

初心者の方やパワーのあまりない方には難しいかもですが、フラットドライブ系でボールをぶっ叩くストローカー(中級~上級者)にはおすすめのラケットです。

2019年以前 Yonex Ezone 98 2017

2019年以前では、一つ前のモデルである「Yonex Ezone 98 2017」を使用していました。(シリーズ5代目)

 

この投稿をInstagramで見る

 

➡️ 3rd round @rolandgarros #teamseva #RG19 💃💃💃

Anastasija Sevastova(@nastysevastova)がシェアした投稿 –

2020年モデルと比べると、重さやフェイスサイズなどは同じですが、こちらの方が若干打感が硬く、ボールの飛びとスピンが抑えられていて、より上級者向きになっています。

カラーはグリーンとブルーの二種類。

型落ちした分かなりお値打ち価格になっている。

タイトルとURLをコピーしました