テクニファイバー TF-X1 300 2021 インプレ 評価 感想レビュー 超たわむ

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「テクニファイバー TF-X1 300 2021」(Tecnifibre TF-X1 300 2021)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計130本以上
  • ガットインプレ数70種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「かなり柔らかい打感、強めの反発力&スピン性能、ボレーのやりやすさが特徴的な初中級~中級者向けパワフルスピンラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

テクニファイバー TF-X1 300 2021のスペック

テクニファイバー TF-X1 300 2021

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-25-24㎜
ストリングパターン16×19

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜、最大フレーム厚25㎜の黄金スペックモデル。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高く、メーカー各社が特に力を入れている。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

Frame Ergonomy丸みを帯びたフレーム形状を採用し、反発力と面の安定性を向上させ、スイートスポットも拡大
X-DAMPラコステが特許を取っている衝撃減衰システム。

振動止めやナイロンガットでもカットできない肘に響く「低周波振動」を最大36%取り払ってくれるグリップ内蔵式の装置

Isoflexフレームの硬さを部分的に変え、スイートスポットを拡大するテクノロジー

横糸が短い部分は硬くしてストリングを動きやすくし、横糸が長い部分は柔らかくしてストリングの動きを抑制している

「衝撃を減らすこと」「ボールを飛ばすパワー」の二つをコンセプトに設計されています。

以下の実験動画ではXーDUMPによる振動の減衰っぷりがよくわかります↓

 

関連記事>>TF-X1 2021 テクノロジー ラインナップまとめ

テクニファイバー TF-X1 300 2021のデザイン

ホワイトを基調としたデザイン。

フレームは丸みを帯びた形状です。

スイートスポットが広そう。

テクニファイバー TF-X1 300 2021のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 8~8.5/10

かなり柔らかめの打感。

スイートスポットでボールを捉えたときのガットのたわみが非常に大きく、ボールを包み込むようなソフトさがあります。

とても良くたわむ。

スイートスポット自体も広めでミスヒットしにくい。

あっさり軽めの打ち心地です。

ボールの飛びの良さ: 8~8.5/10

反発力はだいぶ強い。

ボールはラクに飛びます。

ガットがグッとたわんで飛ばす感触。

たわみ戻りがわかりやすい。

ガンガン打つと飛びすぎますが、少ない力で軽快に飛ばしたいプレイヤーには合うと思います。

【軌道について】

打球の軌道は自然と上がり、中~高軌道ショットになりやすいです。

スピンのかけやすさ: 8.5~9/10

スピン性能もかなり高め。

自然に打っても回転がかかるし、ガンガンに回転をかけると急降下して高くハネるグリグリスピン系のショットになります。

軌道も上がりやすいし、高くハネる。

間違いなくスピン系ラケット。

【スライスについて】

スピン同様にスライスもガッツリ回転がかかる。

軌道は中軌道辺りになりやすい印象です。

コントロール性能: 6.5~7/10

反発力とスピン性能がとても高い分、ショットを狙った所に打っていくのはややニガテ。

コースを狙うよりもパワフルスピンを展開する使い方の方が向いていると思います。

操作性&取り回しの良さ: 8/10

標準的なスペック(100平方インチ/300g/バランス320㎜)なので、まったく違和感ナシ。

ストローク

ガットのたわむ柔らかい打感を感じつつ、楽に軌道高めのスピンボールを展開できる。

ソフトで反発力とスピン性能強めなラケットなので、初中級~中級者の方には使いやすいラケットだと思います。

無理せず力まず回転系のショットを飛ばせるラクラクスピンラケット。メーカーの謳い文句通り振動も少なく、割と体に優しい系。

ただ、飛びがかなり強いのでフラット系でガンガン打つとアウトしがち。

自分からガツガツ打ちたい中上級者には向いてないと思います。

【守備について】

当てるだけでもそこそこボールは飛ぶので、走らされた際のボールの処理はとてもカンタン。

ボレー

ストローク以上に打感が柔らかく感じられ、飛びも丁度良くアウトしにくい。

スイートスポットが広く、振動や面ブレも起きにくく、超使いやすいです。

マジでボレーしやすい。

ボレーヤーにおすすめ。

サーブ

フラットサーブ⇒意外としっかり打ってもサービスエリア内に収まりやすい。

反発力の強さによってスピードも出しやすいです。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒スライスサーブは良く曲がる。

スピンサーブのハネはまあまあといった感じです。

フラットはストロークだと飛びすぎるけど、サーブだととても収まり良く感じる。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑テクニファイバー T-Fight 300 RS

TF-X1よりやや飛びとスピン性能が抑えめでボールコントロールしやすいフラットドライブ系ラケット。(98インチ/300g/バランス320㎜)

スピンボールを楽に飛ばすよりも、フラットドライブをある程度コントロールして打ち込みたいならT-Fightの方がおすすめです。

面が小さめの98インチだから振り抜きやすい。

TF-X1程ではないけど結構柔らかい打感。

テクニファイバー T-Fight 300 RS インプレ 評価 レビュー ソフトな打感
「Tecnifibre T-Fight 300 RS(テクニファイバー ティーファイト 300 RS)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ウィルソン ウルトラ 100 V3.0

ガットのたわみがわかりやすい点が似ているウィルソンの人気ラケット。(100インチ/300g/バランス320㎜)

TF-X1より飛びとスピン性能が抑えめでボールコントロールしやすいフラットドライブ系ラケットです。

たわむ柔らかさがありつつ、そこまで飛びすぎないタイプ。

ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020 インプレ 評価 レビュー たわみ最高
「Wilson Ultra 100 V3.0 2020」(ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス イーゾーン 100 2022

ボールの飛ばしやすさとスピードの出しやすさが特徴のヨネックスの人気ラケット。(100インチ/300g/バランス320㎜)

TF-X1より少し打感が硬めでスピン性能も負けますが、圧倒的な弾きの良さがあるので、ボールスピード重視ならイーゾーンの方がおすすめです。

スカッと高速のフラットドライブを打ち込める。

ヨネックス イーゾーン 100 2022 インプレ 評価 感想レビュー 爆速ショット
「ヨネックス イーゾーン 100 2022」(YONEX EZONE 100 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

テクニファイバー TF-X1 300 2021はこんな人におすすめ

  • ガットがたわむ柔らかい打感が好きな人
  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • スピン性能を重視する人
  • スイートスポット広めが良い人
  • ボレーヤー

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • ボールの飛びを抑えたい人
  • コントロール志向な人
  • フラット系プレイヤー

まとめ:柔らかい打感のパワフルスピンラケット

本記事では「テクニファイバー TF-X1 300 2021」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

ガットのたわみがわかりやすい柔らかい打感、強めの反発力&スピン性能、ボレーのやりやすさが特徴のラケット!

心地良いたわみを感じつつ、楽にスピンボールを展開したい初中級~中級者の方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました