ヘッド ラジカル MP 2021とスピード MP 2020の違いを徹底比較

テニスラケットインプレ

 

ヘッドのラジカル MP 2021スピード MP 2020ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらもヘッドの主力モデルなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. ラジカル MP 2021とスピード MP 2020の使用感の違いを解説

結論は、

「軌道低めでフラット系のショットをコントロールしたいならラジカル、柔らかな打感で無理なくスピン系のショットを展開したいならスピード」

です。

(※個別のレビュー記事も書いているので、それぞれの特徴などをまだ詳しく知らない方はチェックしてみてください↓)

☑ラジカル MP 2021

ヘッド ラジカル MP 2021インプレ 評価 感想レビュー シュワルツマンモデル
「Head Graphene 360+ Radical MP 2021」(ヘッド グラフィン 360+ ラジカル MP 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑スピード MP 2020

ヘッド スピード MP 2020 インプレ 評価 感想レビュー 神ラケ
「Head Graphene 360 + Speed MP 2020」(ヘッド グラフィン 360+ スピード MP)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

3分位で読み終わるよ~。

 

 

【ヘッド】ラジカル MP 2021とスピード MP 2020のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

ラジカル MP 2021スペックスピード MP 2020
98平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
20-23-21㎜フレーム厚23㎜
16×19ストリングパターン16×19

重さとバランスポイント(重心)はどちらも標準的な300g/320㎜。

フェイスサイズはラジカルの方が2インチ小さく、フレームの厚さも若干ラジカルが薄いスペックですね。

ヘッド ラジカル MP 2021とスピード MP 2020の違いを徹底比較

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

スピード MP 2020>>ラジカル MP 2021

スピードはガットたわんでボールを包む柔らかな感触がわかりやすいソフト系。

ラジカルは雑振動はそんなに来ないですが、やや打ちごたえのあるカッチリした印象です。

ボールの飛びの良さ

スピード MP 2020>>ラジカル MP 2021

スピードはまあまあパワーアシストの強いタイプで、楽にボールが飛んでくれます。

ピュアドライブ2018などの完全なパワー系よりちょい下くらいのパワー感。

一方のラジカルは300g/98インチの割りに反発性能は控えめなので、そこそこしっかりラケットを振っていきたい方向けです。

回転のかけやすさ

スピード MP 2020>>ラジカル mp 2021

スピードは結構しっかりスピンアシストが感じられて、打球の回転量は自然と多くなる印象。

ラジカルはあまりスピンアシストはなく、フラット系のショットが主に打ちやすいです。

回転量多めのフラットドライブ⇒スピードMP2020

フラットor回転量少なめのフラットドライブ⇒ラジカルMP2021

がそれぞれ打ちやすい。

【スライスに関して】

ラジカルは低軌道の滑るスライスが超打ちやすい◎

ボールの乗り感が心地よく感じられ、ストレスなく質の良いスライスショットを展開できます。

スピードはラジカルと比べると若干浮きやすい。

コントロール性能

ラジカル MP 2021>>スピード MP 2020

ラジカルは飛びが抑えられているので、ショットの飛距離やコースの調整はスピードよりしやすいです。

スピードも悪いわけではないですが、「楽に飛ばしてスピンを利かせてコート内に収める」といった使い方が合っていると思うので、細かなコントロールはそんなに得意じゃないかなと。

前作のラジカルも若干コントロール寄りだったけど、2021モデルはさらにコントロール性能を高めたイメージ。

操作性&取り回しの良さ

ラジカル MP 2021>スピード MP 2020

どちらも同じ300g/バランスポイント320㎜なので、フェイスが2インチ小さくて振り切りやすいラジカルの方が若干操作性は上。

スピードは至って標準的です。

ストローク

ラジカル⇒コントロールを利かせて低軌道のフラットショットを展開しやすい。

やや打ちごたえはありますが、雑振動はそれほどないので、しっかりラケットを振って攻撃していきたい人に良いと思います。

軌道が上がっちゃうとそのままスピンが利かずにアウトしがちになるから、攻撃の時には安定して軌道低めで打ち抜ける技術力は必要。

スピード⇒柔らかな打感を感じつつ、比較的ラクにスピンショットを飛ばせる。

コントロール性能こそラジカルに劣りますが、面の安定性はスピードの方が高く、相手のハードヒットに打ち負けずに強力なカウンターショットを打ちやすいです。

あまりパワフルではない筆者にとってはトップクラスに扱いやすく感じたラケット。

【守備に関して】

走らされた際にラジカルは簡単に返球できるタイプではないものの、低軌道のスライスで逃げやすいです。

スピードはギリギリ届いたボールがパワーアシストのおかげでなんとか相手コートに返ってくれる安心感のあるラケットです。

攻撃ストローカーならラジカルを、守備型ストローカーならスピードをそれぞれ推す。

ボレー

ラジカルはやや打感が硬い&飛びが控えめなので、ちょっと難しめ。(ボールのコントロールはしやすいけれど)

スピードは打感が柔らかい&飛びすぎず飛ばなすぎずのちょうどいいパワー感&高い面の安定性によってボレーも楽です。

サーブ

ラジカルはフラットサーブのコントロール性能、バウンド後の伸び、球威、振り切りやすさが最高。

肘も痛くなりにくいですし、ずっと打っていたくなるような使い心地です。

スピンサーブはやや変化小さめ、スライスサーブはまあまあ変化する。

スピードはフルスイングするとフラットサーブはちょっと収まりが悪い感じ。

その代わりにスライスサーブは結構曲がり、スピンサーブは高くハネやすいです。

まとめ:ラジカルもスピードもヘッドのメイン機種だけどだいぶ性能に違いあり

本記事ではヘッドのラジカル MP 2021スピード MP 2020を比較しつつインプレ・評価・感想レビューを書いてきました。

ラジカルが以前よりもパワーを抑えてコントロール性能を上げたから、パワー&スピンのスピードと機能面の違いが開いた。

ガンガンラケットを振って軌道の低めのフラット系ショットをコントロールしたい方にはラジカルを、柔らかな打感で楽にスピンショットを展開したいならスピードをそれぞれおすすめします。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました