【2023最新】 おすすめの上級者向け人気テニスラケットランキングTOP10

テニスラケットランキング

 

上級者向けの硬式テニスラケットが欲しいけど数が多くてどれがいいのかわからない‥‥。

どのラケットがおすすめ?

今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、上級者におすすめの人気テニスラケットを10本ランキング形式で実際の使用感と共に紹介していきます。

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計160本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

テニス歴20年以上の私が100本以上試打した中で「これは良い!」と感じたモデルを厳選したので、参考にしていただければ幸いです。

というわけで、さっそくおすすめの上級者向けテニスラケットTOP10を紹介していきます。

 

【2023最新】おすすめの上級者向け人気テニスラケットランキングTOP10

10本とも非常に人気の高い上級者向けテニスラケットです。

第1位 ヨネックス イーゾーン 98 2022

ヨネックス イーゾーン 98 2022」(YONEX EZONE 98 2022)

主なスペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚23.5-24.5-19.5㎜
ストリングパターン16×19

ヨネックス イーゾーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

評価

打感の柔らかさ7.5~8/10
ボールの飛ばしやすさ7.5~8/10
回転のかけやすさ7.5~8/10
ボールコントロール性能8/10
操作性/取り回しやすさ7.5/10

大坂なおみ選手やシャポバロフ、キリオスが愛用するヨネックスの大人気ラケット

弾きが良くスカッとスピーディなフラットドライブが打てる攻撃型モデルです。

打感はやや柔らかく、あっさり軽くボールを弾き出す打ち心地。

爽快感マックス。

比較的ボールは飛びやすく、それでいて打球のコントロールもまあまあしやすい。

反発力とコントロール性能のバランスが良い印象です。

球速の出しやすさ、柔らかさ、飛び&コントロールのバランスの良さの3点が強み。

回転はマイルドにかかり、自然な回転量のフラットドライブが打ちやすい。

飛ぶタイプではあるので筋肉質なパワーヒッターにはそんなに向いてないですが、スピードボールを叩き込みたい攻撃型ストローカーにはかなりおすすめです。

圧倒的な球速の出しやすさ!

1位!

 

龍とブラックカラーのデザインが特徴的な大坂なおみ選手専用カラーバージョン「OSAKA EZONE」もあります。

 

 

第2位 ウィルソン ブレード 98 16×19 V8.0

ウィルソン ブレード 98 16×19 V8.0」(WILSON BLADE 98 16×19 V8.0)

主なスペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント320㎜
フレーム厚21㎜
ストリングパターン16×19

ウィルソン ブレードシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

評価

打感の柔らかさ7/10
ボールの飛ばしやすさ6.5/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能9~9.5/10
操作性/取り回しやすさ7.5/10

プロ選手に大人気のウィルソンのラケット。

グランドスラムなどでよく見かけるモデルです。

ブレードシリーズは男女ともにトップ100位以内の選手の使用率が最も高い。

男女各20人前後が使用中。

ボールの飛びは控えめですが、その代わりにボールコントロール性能がバツグン

ボールとガットの接地時間を長めに感じ、打球を狙った所に打ち込みやすく、意図せぬアウトもしにくいです。

ブレードはフレームのしなりやすさが特徴のシリーズだけど、最新版のV8はしなりを減らして面の安定性を高めた設計となっている。

相手の剛速球に面ブレしにくく、打ち負けない。

球種としては、自然な回転量のフラットドライブが打ちやすいですね。

ボールを楽に飛ばしたい方には向いてないですが、トップクラスのボールコントロール性能と面の安定性を求める上級プレイヤーにおすすめです。

トッププロに人気のコントロール系ラケットの大定番!

2位!

 

 

 

第3位 バボラ ピュアドライブ 2021

バボラ ピュアドライブ 2021」(Babolat Pure Drive 2021)

主なスペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-26㎜
ストリングパターン16×19

ピュアドライブシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

評価

打感の柔らかさ7.5/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能7.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

テニス界屈指の人気シリーズ”ピュアドライブ”の最新作。

100インチ、300g、バランス320㎜、フレーム厚26㎜のTHE・黄金スペックです。

黄金スペックは幅広い層に人気のある超定番のスペック。

ピュアドラはその黄金スペックの中の王様的なシリーズ。

ボールを前に飛ばすパワーが強い所が持ち味。

少ない力でもスピードのあるパワフルフラットドライブが打ちやすく、ホールド感もそこそこあるので飛びの強いパワー系ラケットの中では打球の抑えが利きやすいタイプです。

ラケットのパワーを借りつつ、パワフルなフラットドライブを展開できる。

球速の出しやすさはイーゾーン98と近いけど、ピュアドラの方がもう少し飛びやすい。

面の安定性も高く、相手のパワーショットにも面ブレせずにカウンターショットが打つことができ、ボレー時の安心感もバツグン。

元々筋力のある方には飛びすぎますが、一般的な筋力の方で攻撃にも守備にも満遍なく使っていけるラケットを使いたい方にはおすすめです。

最強のパワー系ラケット!

3位!

 

 

 

第4位 ヘッド スピード プロ 2022

ヘッド スピード プロ 2022」(HEAD SPEED PRO 2022)

主なスペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ310g
バランスポイント315㎜
フレーム厚23㎜
ストリングパターン18×20

スピードシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

評価

打感の柔らかさ8/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能8~8.5/10
操作性/取り回しやすさ7/10

絶対王者・ジョコビッチ使用モデルとして人気のヘッドの定番モデル。

ガットの目が細かいストリングパターン18×20を採用していて、とてもホールド感(球持ち感)が強く、ボールコントロール性能も良好なラケットです。

18×20のラケットはガットがたわみにくく、打感が硬く感じることが多いけど、このスピードプロはだいぶ柔らかい打ち心地。

そしてスイートスポット広めでミスヒットしにくい。

反発力は適度にあり、球種はやや軌道低めのフラットドライブ系のショットを打ちやすい。

18×20特有のボールを潰して運べる気持ち良さを感じられ、重量がある分しっかり振り切って打った時のショットの威力やバウンド後のノビも申し分なしです。

ブレード98より飛んで、イーゾーン98やピュアドライブより飛びを抑えやすい丁度良い反発力。

軽いラケットを使いたい方には向かないですが、柔らかく球持ちの良い打感を感じつつ、狙った所に威力のあるフラットドライブを打ち込みたい方にはおすすめです。

ソフトでホールド感が強いジョコビッチモデル!

飛びも適度で丁度良い!

4位!

 

 

 

第5位 ダンロップ SX300 ツアー 2022

ダンロップ SX300 ツアー 2022」(Dunlop SX300 Tour 2022)

主なスペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚23~26㎜
ストリングパターン16×19

SXシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

評価

打感の柔らかさ8~8.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5~8/10
回転のかけやすさ8.5/10
ボールコントロール性能8~8.5/10
操作性/取り回しやすさ7.5/10

非常に柔らかく球持ちの良い打感、やや強めの反発力、高いスピン性能&ボールコントロール性能が特徴的なダンロップの人気コントロール系スピンラケット。

もっちりとしたホールド感によりボールを狙ったコースに運びやすく、スピン性能の高さによってアウトもしにくいタイプです。

普通に打つと低~中軌道のフラットドライブに、ガンガンに回転をかけるスイングで打つと強烈に急降下して高くハネる山なりグリグリスピンになる。

フラットドライブとグリグリスピンの2種類の球質を上手く組み合わせて相手を翻弄したい場合に最適ですね。

球威・バウンド後のノビも良いです。

スペック自体はイーゾーン98と同じ。

イーゾーン98がスピードボールの打ちやすさが持ち味なのに対し、SX300ツアーは打感の柔らかさとスピン性能の上限値が高いことが魅力。

柔らかい打ち心地で軌道低めのフラットドライブと山なりグリグリスピンの両方をコントロールして展開したい方におすすめです。

ダンロップが誇る柔らかコントロール系スピン!

5位!

 

 

 

第6位 バボラ ピュアアエロ 2022

バボラ ピュアアエロ 2022」(Babolat Pure Aero 2022)

主なスペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-26㎜
ストリングパターン16×19

ピュアアエロシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

評価

打感の柔らかさ7/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ8~8.5/10
ボールコントロール性能8~8.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

ナダルやアルカラスが愛用するバボラの超人気スピン系シリーズ「ピュアアエロ」の2022バージョン

適度な飛び、優れたスピン&コントロール性能が特徴的で、性能バランスの良いモデルです。

ホールド感がやや強く、反発力は丁度良い。

回転系のショットを狙った所に打ちやすい。

同じく超人気ラケットのピュアドライブと比べると、球速や飛びが少し抑えめな代わりに、球持ちが良く、回転性能が高く、ボールコントロールしやすいタイプですね。

SX300ツアー同様に普通に打つとやや軌道低めのフラットドライブ気味になる一方、ガンガンに回転をかけるスイングで打つと中軌道のグリグリスピン系のショットになります。

自分で回転量の調整がしやすい。

打感がそこまで柔らかくない印象なのでソフトさ重視の方には向かないですが、飛び&スピン性能&コントロール性能のバランスが取れた人気ラケットを使いたい方におすすめです。

ピュアドライブに並ぶバボラの自信作!

6位!

 

 

 

第7位 プリンス ファントム 100 2021

プリンス ファントム 100 2021」(Prince Phantom 100 2021)

主なスペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚20-22-20㎜
ストリングパターン16×18

評価

打感の柔らかさ7/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ8.5/10
ボールコントロール性能8~8.5/10
操作性/取り回しやすさ7.5~8/10

硬すぎず柔らかすぎずの打感、適度な飛び感、高いスピン&コントロール性能が特徴のプリンスの人気上級者向けラケット。

弾きが良く、ボールスピードを出しやすいです。

パン!と鋭くボールを弾いて高速ショットが打てる。

また、スピン性能にも優れ、回転のかかりがかなり良い。

適度な飛び感ゆえに意図せぬアウトもしにくく、軌道低めのスピードボールを打ち抜く使い方と、ガンガンに回転をかけた中軌道のスピンボールをハネさせる2通りの使い方ができます。

SX300ツアーやピュアアエロ同様に多彩に使えるラケット。

ファントムはこの中で一番弾きが良くスピードが出る。

ちょっと重さもあるので、打球の球威を出しやすい点も良いですね。

打感の柔らかさ重視の方には向かないですが、低軌道のスピードショットをコントロールしやすく、高いスピン性能も併せ持つラケットを使いたい中級~上級者の方にはおすすめです。

高速スピンボールを打ち込めるプリンスの人気薄ラケ!

7位!

 

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第8位 ヘッド ブーン プロ 2022

ヘッド ブーン プロ 2022」(HEAD BOOM PRO 2022)

主なスペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ310g
バランスポイント310㎜
フレーム厚22㎜
ストリングパターン16×19

ブーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

評価

打感の柔らかさ8/10
ボールの飛ばしやすさ6.5~7/10
回転のかけやすさ7/10
ボールコントロール性能9/10
操作性/取り回しやすさ6.5/10

柔らかい打感と高いボールコントロール性能が特徴的な「HEAD BOOM」シリーズの最上位モデル。

かなり球持ちが良く、打球を狙った所に打ちやすいラケットです。

ミントブルー×ブラックの爽やかなデザインも非常に評判が良い。

ボールの飛びはやや控えめで意図せぬアウトをしにくく、重量を活かした球威のある低軌道のフラットドライブ展開しやすい。

系統としてはブレード98に似ていますが、ブーンプロの方がややボールが飛び、打感が柔らかく、重量があるといった点に違いがあります。

柔らかコントロール系。

バウンド後のボールのノビも上々。

標準よりも重く飛びも控えめではあるので使いこなすにはパワーが必要ですが、柔らかさやホールド感、ボールコントロール性能重視のプレイヤーにはおすすめです。

重量のあるソフトなコントロール系!

爽やかなデザイン!

8位!

 

 

 

第9位 ヨネックス ブイコアプロ 97 2021

ヨネックス ブイコアプロ 97 2021」(YONEX VCORE PRO 97 2021)

主なスペック

フェイスサイズ97平方インチ
重さ310g
フレーム厚21㎜
バランスポイント310㎜
ストリングパターン16×19

ブイコアプロシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

評価

打感の柔らかさ7.5/10
ボールの飛ばしやすさ7~7.5/10
回転のかけやすさ7~7.5/10
ボールコントロール性能9/10
操作性/取り回しやすさ6.5~7/10

ワウリンカが使用するヨネックス系ラケットの人気コントロールモデル。

面が小さめで振りぬきやすいスペックとなっています。

重量は重めの310g。

打感はやや柔らかく、飛び控えめなモデルが多いコントロール系ラケットの中では比較的ボールは飛ぶ仕様。

フレームは良くしなり、ガットがボールを掴むホールド感(球持ち感)は強めです。

ブレード98やブーンプロと似たタイプだけど、ブイコアプロ97はこの中では一番飛んでくれる印象。

重さを活かした威力のある低軌道のフラットドライブが打ちやすく、バウンド後のボールのノビも良い。

面が小さいのできちんとスイートスポットで打ち抜ける技術は必要ですが、球威のあるフラットドライブを狙った所に叩き込みたいプレイヤーにはおすすめです。

柔らかい打感、心地よいしなり、球威、コントロール性能の高さが魅力!

9位!

 

 

 

第10位 ウィルソン ウルトラツアー 95 CV V4.0

ウィルソン ウルトラツアー 95 CV V4.0(WILSON ULTRA TOUR 95 CV V4.0)

主なスペック

フェイスサイズ95平方インチ
重さ309g
長さ27.25インチ
バランスポイント325㎜
フレーム厚22㎜
ストリングパターン16×20

ウィルソン ウルトラツアーシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

評価

打感の柔らかさ7/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7/10
ボールコントロール性能9/10
操作性/取り回しやすさ6/10

日本のスーパースター・錦織圭が愛用中のモデル。

ウィルソンが錦織選手の要望に応える形で完成させたラケットで、標準より重く、フェイスサイズは小さく、長さは0.25インチ(6.35㎜)長いスペックです。

遠心力を利かせた超打撃がしやすい設計。

誰でも簡単に使いこなせるタイプではないけど、合う人には合うタイプ。

wilson独自の技術である「クラッシュゾーン」がフレーム下部に使われているため、ボールヒット時にガットがたわみやすいのが大きな特徴。

フェイスサイズは95ですが、ガットがたわむとその分スイートスポットが広がるので、実際は98相当のスイートスポットの広さを感じることができます。

面が小さいラケット特有の”振りぬきの良さ”と、広めのスイートスポットによる”飛びの良さ”の二つを両立している。

95インチラケットにしては打感はやや柔らかく、ボールは飛んでくれる部類。

フレームが薄い分コントロール性能にも優れています。

重いトップヘビー系ラケットなので操作性は低いですが、遠心力を利かせてハードヒットしていきたいストローカーにおすすめです。

振りぬきの良さと高いコントロール性能が特徴的な錦織モデル!

10位!

 

 

上級者でラケット選びに迷っているならこの10本から選べばOK

本記事では、おすすめの上級者向けテニスラケットを10本紹介してきました。

10本とも使用難易度はちょっと高いけど、使いこなせれば最高の相棒になってくれるラケットたち。

ぜひ自分に合ったラケットを選んで楽しくテニスをしていただけたらと思います。

ではでは、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入るよ。

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました