失敗しない おすすめの中級者向け人気テニスラケットランキングTOP10 2022最新

テニスラケットランキング

 

中級者向けの硬式テニスラケットが欲しいけど数が多くてどれがいいのかわからない‥‥。

どのラケットがおすすめ?

今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、中級者におすすめの人気テニスラケットを10本ランキング形式で実際の使用感と共に紹介していきます。

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

テニス歴20年の私が100本以上試打した中で「これは良い!」と感じたモデルを厳選したので、参考にしていただければ幸いです。

ちょくちょく「黄金スペック」というワードを使って説明していくから、その言葉の説明もしておくっ!

黄金スペック:

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜のラケットのこと。(フレームの厚さは大体26㎜前後)

幅広いプレイヤー層に最適化したスペックと言われ非常に人気が高く、どのメーカーも主力として扱っている。

※本記事では300g位のラケットを紹介するので、「300gはちょっと自分には重い…」という方は280~290g位の中級女性におすすめのラケットを紹介している以下記事をご覧ください↓

>>女性の中級者におすすめのテニスラケットランキング10【軽量でボールを飛ばしやすい】

というわけで、さっそくおすすめの中級者向けテニスラケットTOP10を紹介していきます。

【失敗しない】おすすめの中級者向け人気テニスラケットランキングTOP10【2022最新】

10本とも非常に人気の高い中級者向けテニスラケットです。

第1位 ヘッド スピード MP 2022

ヘッド スピード MP 2022(Head Speed MP 2022)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚23㎜
ストリングパターン16×19
バランスポイント320㎜

ヘッドのスピードシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ヤニック・シナー(世界ランク最高9位)

評価

打感の柔らかさ8~8.5/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ8.5/10
ボールコントロール性能7.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

若手ナンバーワン注目株のヤニック・シナーが使用中の黄金スペック。

ヘッドのテニスラケットの中で一番人気のモデルです。

スピードはジョコビッチが使用しているシリーズとしても有名。

かなり柔らかい打感、広めのスイートスポット、強めの回転性能、やや強めのボールの飛びが特徴で、ソフトな打ち心地でラクにスピン系のショットを展開可能。

オーセチックというテクノロジーが使われていて、ミスヒットした時のボールの飛ばなさや硬さを感じにくい仕上がりになっています。

スイートスポットの広いソフトな回転系のラケットという印象。

良く飛ぶけどスピン性能の高さによってアウトもしにくい。

守備面では、なんとか届いた球が反発力の高さのおかげで相手コートに返ってくれる場面が何度もあり、ストローク戦での安心感バツグン。

パワフルフラット系プレーヤーにとっては飛び過ぎると思いますが、柔らかな打感でボールを飛ばしやすく、スピン性能も優れたモデルが欲しい方におすすめです。

柔らかい打感、良好な反発性能&スピン性能、スイートスポットの広さが持ち味!

神ラケ!

1位!

 

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第2位 バボラ ピュアドライブ 2021

バボラ ピュアドライブ 2021」(Babolat Pure Drive 2021)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-26㎜
ストリングパターン16×19

ピュアドライブシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ファビオ・フォニーニ(世界最高ランク9位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

More powerful with my new #PureDrive from @Babolat #UnleashYourPower 💪🔥

Fabio Fognini(@fabiofogna)がシェアした投稿 –

評価

打感の柔らかさ7.5/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能7.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

テニス界屈指の人気シリーズ”ピュアドライブ”の最新作

100インチ、300g、バランス320㎜、フレーム厚26㎜のTHE・黄金スペックです。

ピュアドラは黄金スペックの王様的なシリーズ。

超カッコいいデザイン。

ボールを前に飛ばすパワーが強く、爆速なパワフルフラットドライブを打ちやすい点が最大の魅力。

面の安定性も最強レベルであり、相手のハードヒットにも一切面ブレせずに強烈なカウンターショットをお見舞いできます。

打ち負けにくいから、相手のボールを前で受けるボレーも非常にやりやすい。

また、ガットがボールを掴むホールド感(球持ち感)が以前のモデルよりも強くなり、ある程度打球のコントロールが利くところも良い。

元々筋力の強い方にはあまり向いていないですが、ラケットのパワーを借りつつスピーディなフラットドライブをどんどん打ち込みたい方にはおすすめです。

爆速フラットドライブが打てる超人気ラケット!面の安定性も最強!

堂々の2位!

 

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第3位 ヨネックス イーゾーン 100 2022

ヨネックス イーゾーン 100 2022」(Yonex Ezone 100 2022)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚23.8-26.5-22.5㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

イーゾーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑大坂なおみ(世界ランク最高1位)

評価

打感の柔らかさ7.5~8/10
ボールの飛ばしやすさ8.5/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能7/10
操作性/取り回しやすさ8/10

大坂なおみ選手が使用するイーゾーンシリーズの黄金スペックモデル。

「アイソメトリック」というヨネックス独自のフレーム形状により、スイートスポットが他の100インチラケットと比較して明らかに広いラケットで、面のどこで打っても柔らかさを感じやすいです。

日本が世界に誇る超一流メーカー・ヨネックスのメイン機種。

スピードMPと同じようにスイートスポットが広くてミスヒットしにくく、特にボレーが超やりやすい。

弾きが良くボールが飛びやすいので、ピュアドライブ同様にスカッとスピーディなフラットドライブを打ちやすい

ピュアドライブがパワー系にしては打球をややコントロールしやすいのに対し、イーゾーンはピュアドラ以上の圧倒的な反発力とスイートスポットの広さが強みです。

コントロール性能を重視するプレイヤーには向いてないですが、楽にボールを飛ばしたい方や超高速ショットを展開したいプレイヤーにはおすすめです。

ラケットにパワーとスイートスポットの広さ、弾きの良さを求めるなら勧めたい一本!

3位!

 

龍とブラックカラーのデザインが特徴的な大坂なおみ選手専用カラーバージョン「OSAKA EZONE」もあります。

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第4位 ヨネックス ブイコアプロ 100 2021

Yonex Vcore Pro 100 2021」(ヨネックス ブイコアプロ 100 2021)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19
フレーム厚23㎜

ブイコアプロシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑スタン・ワウリンカ(世界ランク最高3位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yonex USA(@yonex_usa)がシェアした投稿

評価

打感の柔らかさ7.5~8/10
ボールの飛ばしやすさ7.5~8/10
回転のかけやすさ7~7.5/10
ボールコントロール性能8~8.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

ワウリンカが使用するブイコアプロシリーズの100インチモデル。(ワウリンカは97インチバージョンを使用。)

打球を狙った所に打ち込むボールコントロール性能の高さと、適度にボールが飛ぶ丁度いいパワー感の”バランスの良さ”が光る一本です。

攻撃時にはきちんとボールがコートに収まり、守備時にはしっかり相手コートに返球できるスーパーバランス型。

イーゾーン100の飛びの強さをコントロール性能に振り分けたイメージですね。

打感はまあまあ柔らかく、フラットドライブ系の球種が打ちやすい。

イーゾーン・スピード・ピュアドライブほどは飛ばない代わりに、アウトしにくく打球を狙った所に打ちやすい。

パワーやスピン性能を重視する方にはあまり合ってないですが、高いコントロール性能と程よい飛びの両方を感じつつ、快適にフラットドライブを展開したい方にはおすすめです。

ソフトな打感の万能フラットドライブ系ラケット!

4位!

 

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第5位 ダンロップ CX400 ツアー 2021

Dunlop  CX 400 Tour 2021」(ダンロップ CX400 ツアー 2021)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23㎜
ストリングパターン16×19

ダンロップ CXシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑土居美咲

評価

打感の柔らかさ8/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7~7.5/10
ボールコントロール性能8~8.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

ブイコアプロ100同様にボールを飛ばすパワーとボールコントロール性能のバランスが良いダンロップ屈指の超人気ラケット。

基本性能はブイコアプロ100に近いですが、CX400ツアーの方が若干ボールの飛びが抑えめで、少しボールコントロール性能に寄った印象のモデルです。

打感はかなり柔らかくて、適度にボールは飛び、ボールのコントロールもしやすい。

光沢のあるレッドカラーがとてもカッコいいデザイン。

ガットがボールを掴むホールド感は強めで、心地よい球持ちの良さを感じられる◎

球種はフラットドライブ系が打ちやすいですね。

回転性能やパワフルさにおいては他のラケットに負けますが、飛びとコントロール性能の丁度良さという点においてトップクラスの名作だと思います。

ブイコアプロ100に並ぶバランス型の超人気ラケット!

カッコいいデザインでテンションも上がる!

5位!

 

数量限定のブラックカラーバージョンもあります。

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第6位 プリンス ファントム グラファイト 97 300g 2022

プリンス ファントム グラファイト 97 300g 2022(Prince Phantom Graphite 97 300g 2022)

スペック

フェイスサイズ97平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚22.5-21.5-18.5㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ8~8.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ8/10
ボールコントロール性能8~8.5/10
操作性/取り回しやすさ8~8.5/10

プリンスが誇る超人気コントロール系シリーズ「ファントム グラファイト」の97インチ/300gバージョン。

非常に柔らかく球持ちの良い打感、高いボールコントロール性能、適度な飛び、まあまあ高めのスピン性能びが特徴的なラケットです。

スイングスピードの速さに関わらずマイルドでモチっとした打感。

他のラケットより面が少し小さく、振り抜きの良さがバツグン

スイートスポットを広めるテクノロジーが複数使われているので、97インチでも実際は98~99くらいに感じられ、そこまで難しくはない印象です。

ボールの飛びは適度で、回転のかかりも良い。

100インチはないと厳しい…という方には向かないですが、面が小さめで柔らかいラケットが好きなら良いですね。

ソフトでホールド感が強く、振り抜きの良いラケットを求めるプレイヤーにイチオシです。

ソフトなコントロール系ラケット!

6位!

 

 

╲詳細レビューはこちら/

 

第7位 ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020

Wilson Ultra 100 V3.0 2020」(ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚24-26-23㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

Wilson Ultraシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑フェリシアーノ・ロペス(世界ランク最高12位)

評価

打感の柔らかさ8.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能7.5~8/10
操作性/取り回しやすさ8/10

錦織選手も使用中の「ウルトラシリーズ」の黄金スペックモデル。(錦織選手は上級者向けのウルトラツアー95を使用)

スイートスポットでボールを捉えた時のガットのたわみが非常に大きく、打感が柔らかく感じやすい点と、ボールが飛び過ぎないパワー感が大きな特徴です。

黄金スペックの中では少し飛び抑えめ。

振り切って使える。

回転はマイルドにかかり、自然な回転量のフラットドライブが打ちやすい。

また、ウルトラシリーズは「ネットプレーで優位性を発揮する」をテーマに作られたこともあり、面の安定性が高くボレー時に安心感があります。

打感が柔らかく、ボールが飛びすぎず飛ばなすぎずの反発力だから、超ボレーしやすい。

球離れはゆっくりなのでスピーディに打ち返したい方には合わないですが、ガットがたわむ柔らかい感触を味わいつつじっくりストロークやボレーを展開していきたい方にはおすすめです。

とても柔らかな打感、ボールが飛び過ぎずコントロールが利く所、ボレーのやりやすさが持ち味!

文句なしの7位!

 

ブラックとブルーの部分が入れ替わったリバースカラーもあります。(数量限定)

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第8位 ヨネックス ブイコア 100 2021

ヨネックス ブイコア 100 2021(YONEX VCORE 100 2021)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚24-25-22㎜
ストリングパターン16×19

Yonex Vcoreシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑アンゲリク・ケルバー(世界ランク最高1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Angelique Kerber(@angie.kerber)がシェアした投稿

評価

打感の柔らかさ8/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ9/10
ボールコントロール性能7/10
操作性/取り回しやすさ8/10

ヨネックスのスピン特化シリーズ「ブイコア」の黄金スペックモデル。

イーゾーンはパワー、ブイコアプロはコントロールと飛びのバランスの良さがそれぞれ強みですが、このブイコアは半端ない回転性能が長所です。

打感は柔らかく、スイートスポットもまあまあ広い。

スピン特化ラケットというだけあって、縦スイングで振り切るとボールが曲がり、落ち、ハネるグリグリスピンが簡単に打てる◎

回転量を落としてフラットドライブを打ってもベースライン際でグッと落ちる質の良いショットになります。

スピン系のショットを主としている人との相性が抜群。

ボールを狙った所に打ち込むコントロール性能はやや他のラケットより落ちますが、回転量多めのフラットドライブ~グリグリスピンでストロークを支配したい方にはおすすめです。

柔らかな打感が好きなスピン系プレーヤーには間違いないモデル。

8位!

 

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第9位 ヘッド グラフィン 360+ グラビティ MP 2021

Head Graphene 360+ Gravity MP 2021」(ヘッド グラフィン 360+ グラビティ MP)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ295g
フレーム厚22㎜
ストリングパターン16×20
バランスポイント325㎜

ヘッド グラビティシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑アシュリー・バーティ(世界ランク最高1位)

評価

打感の柔らかさ7.5/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ8~8.5/10
ボールコントロール性能7.5/10
操作性/取り回しやすさ8~8.5/10

打感がやや柔らかく、ボールがよく飛び、強めの回転がかかるラケット

ズベレフ、ルブレフ、バーティといったトップランカー達が好んで使うシリーズです。

片面イエローグリーン、片面パープルブルーの超キレイなデザイン。

295gとやや軽量ですが、バランスポイント(重心)が標準より5㎜程度トップ寄りなので、遠心力を利かせやすく打ち負けない設計。

自然と軌道が上がりスピン回転もバッチリかかるので、バウンド後に良く弾む中軌道スピンショットを軽快に展開できます。

フレーム厚は22㎜と薄く、他のラケットよりもフレームのしなりを感じやすい。

一般的に薄いラケットは飛びが控えめだけど、このグラビティMPは良く飛ぶ設計。

フレームのしなりを感じつつ、中軌道のスピン系のショットをコントロールして打っていきたい方におすすめです。

回転量、飛びの良さ、打感の柔らかさが良い!デザインも美しい!

9位!

 

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第10位 バボラ ピュアストライク 100 2019/2020

Babolat Pure Strike 100 2019/2020」(バボラ ピュアストライク 100 2019/2020)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚21-23㎜
ストリングパターン16×19

ピュアストライクシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ドミニク・ティーム(世界ランキング最高3位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dominic Thiem(@domithiem)がシェアした投稿

評価

打感の柔らかさ7.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ8/10
ボールコントロール性能8/10
操作性/取り回しやすさ8/10

若手筆頭のスーパープレイヤー、ドミニク・ティームが開発に協力し、本人も愛用中のバボラのコントロール系シリーズ、「ピュアストライク」の100インチモデル。

黄金スペックですが、フレーム厚は最大23㎜とやや薄めです。

ティームは上級者向きのピュアストライク 18×20 2019/2020を使用中。

打感は柔らかく、ボールは比較的よく飛び、スピン性能もやや強め。

ガットがボールを掴むホールド感もまあまあ強めで、手に伝わってくる情報が100インチにしては多いラケットでもあります。

ピュアストライクシリーズはバボラの中では難易度の高いコントロール系に位置付けられているけど、100はその中でも扱いやすい機種。

尖った性能はないですが、しっかりボールが飛んでスピンもかけやすい打感のソフトなコントロール系ラケットを使いたい方におすすめです。

ティームが好きで黄金スペックを使いたいならこれ!

10位!

 

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

中級者でラケット選びに迷っているならこの10本から選べばOK

本記事では、おすすめの中級者向けテニスラケットを10本紹介してきました。

10本ともそれぞれ違いがあるけど、どれも良いラケットなのは間違いない。

ぜひ自分に合ったラケットを選んで楽しくテニスをしていただけたらと思います。

ではでは、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入るよ。

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました