2021最新 初心者・初級者におすすめの人気テニスラケットランキングTOP5

テニスラケットランキング

 

ボールを楽に飛ばせるラケットが欲しい!

筋力はあまりないけど、怪我せず強力なショットを打ちたい!

今回は上記のような要望を持つ初心者・初級者のテニスプレイヤーの方に向けて、おすすめの人気テニスラケットを5本ランキング形式で実際の使用感と共に紹介していきます。

☑筆者の経歴

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数計100本越え

テニス歴20年の私が何十本も試打した中で、

  • 打感の柔らかさ
  • ボールの飛ばしやすさ
  • スピン回転のかけやすさ

という3つのポイントに重点を置いて本気で選んだので、この記事内から選べばラケット選びに失敗せずに済むと思いますよ。

初級者が使いやすいのはもちろん、上手になってもずっと使えるような良いものを厳選した。

また、ちょくちょく「黄金スペック」というワードを使って説明していくので、その言葉の意味とおすすめのポンド数(ガットを張る強さの数値)についても先に触れておきます↓

黄金スペック:フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜のラケットのこと。

幅広いプレイヤー層に最適化したスペックと言われ非常に人気が高く、どのメーカーも主力として扱っている。

推奨ポンド数:42~47辺り。

50以上は打球感が硬く感じやすく、ボールも飛ばしにくい。

柔らかな打球感で楽にボールを飛ばしたいなら42~47ポンド位がおすすめです。

ラケットの販売ページには推奨ポンド数が50~60とされていたりするけど、あれは一般人には高めの数値。

まずは45前後で張ってみて様子を見るのが良いと思う。

なお本記事では300gのラケットを紹介するので、「300gは自分には重いかも‥」と思う方は、260~280g前後の超軽量ラケットや女性向けのラケットを紹介している以下の記事をご覧ください↓

というわけで、さっそく初心者・初級者におすすめのテニスラケットを紹介していきます。

【2021】初心者・初級者におすすめのテニスラケットランキングTOP5【ボールを飛ばしやすい】

5本とも非常に人気のある高性能ラケットです。

第1位 Yonex Ezone 100 2020

第1位は「Yonex Ezone 100 2020(ヨネックス イーゾーン 100 2020)」!

イーゾーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ニック・キリオス(世界ランク最高13位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

I see my path but I don’t know where it leads, not knowing where I’m going is what inspires me to travel it.

Nick Kyrgios(@k1ngkyrg1os)がシェアした投稿 –

☑大坂なおみ(世界ランク1位)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚23.5-26-22㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ8.5/10
ボールの飛ばしやすさ8.5/10
回転のかけやすさ8/10

大坂なおみが使っていることで有名な「Yonex Ezone」シリーズの100インチモデル。(※大坂選手はこの「Ezone 100」より面が小さくて重い中~上級者向けのEzone 98を使用中。)

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜の黄金スペックで打感は非常に柔らかめです。

イーゾーン100はヨネックスのラケットの中で最も人気のある超定番ラケット。

フレームが厚く、またスイートスポットも大きめに作られているので、ボールの飛びが良く相手コートに返球しやすいのが大きな特徴です。

このラケットの強みはなんといってもスイートスポットの広さ!

普通ならミスヒットになるようなショットも、柔らかな打感でしっかり相手コートに返ってくれる。

球種としては、回転が良くかかり、スピン量多めのラットドライブを打ちやすい。

力が強い人が使うとアウトしやすいですが、かなり柔らかい打球感でボールを楽に飛ばしたい&しっかりスピンをかけていきたい方には最適な一本です。

色に関しては、大坂選手が使用中の限定カラー「Naomi Osaka Limited」もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yonex Tennis(@yonex_tennis)がシェアした投稿

 

 

 

第2位 Wilson Ultra Tour Team 100 V3.0

第2位は「Wilson Ultra Tour Team 100 V3.0」!

ウルトラツアーシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑錦織圭

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy with win today!!!

Kei Nishikori(@keinishikori)がシェアした投稿 –

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ290g
バランスポイント330㎜
フレーム厚25-26.5-24㎜
ストリングパターン16×18

評価

打感の柔らかさ8.5/10
ボールの飛ばしやすさ9/10
回転のかけやすさ8~8.5/10

錦織選手が使用している「ウルトラツアーシリーズ」の中の初中級者向けモデル。

錦織選手のモデルは「Wilson Ultra Tour 95 CV」という上級者用のラケット。

290gとやや軽量でフレーム厚も最大で26.5㎜と非常に厚く、少ない力でボールが超ラクに飛んでくれます。

またストリングパターンも通常の16×19より横糸が一本少ない16×18のスペックとなっていて、ガットがたわみやすい分とても柔らかな打感を感じられ、スピンもかけやすい◎

あっさり軽めな打球感で腕への衝撃も少なめ。

1位のイーゾーン100と比べると、打感の柔らかさとスピン性能の高さはほぼ同格ですが、ボールの飛びやすさはウルトラツアーチームの方が若干強い印象です。

なのでそれぞれの適正は、

  • スイートスポットの広さ重視⇒イーゾーン100
  • ボールを飛ばすパワー重視⇒ウルトラツアーチーム100

といった感じになるかなと。

ウルトラツアーチームはウィルソンが初中級者の人でも使いやすいようにと、結構お安めの値段で出してくれている所が嬉しい。

 

 

 

第3位 Yonex Vcore 100 2021

第3位は「Yonex Vcore 100 2021」(ヨネックス ブイコア100 2021)!

Yonex Vcoreシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑アンゲリク・ケルバー(世界ランク最高1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Angelique Kerber(@angie.kerber)がシェアした投稿

☑日比野菜緒(世界ランク最高56位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao Hibino(@naohibino_1128)がシェアした投稿

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚24-25-22㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ8/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ9/10

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜の黄金スペックモデル。

ボールの飛びは程よく、かなりスピン回転をかけやすいという特徴があります。

イーゾーン100に並ぶ、ヨネックスの超人気主力ラケット。

打感は柔らかめ。

スイートスポットが大きく作られている影響で、ボレーもやりやすいです。

ソフトな打感を感じつつ、強烈に打球が変化するグリグリスピンを打ちたいなら、イーゾーンやウルトラツアーチームよりおすすめ。

 

 

 

第4位 Wilson Ultra 100 V3.0 2020

第4位は「Wilson Ultra 100 V3.0 2020(ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020)」!

Wilson Ultra 100を使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

・ボルナ・チョリッチ(世界ランク最高12位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Borna Coric(@bornacoric)がシェアした投稿

・クリスティナ・ムラデノビッチ(世界最高ランク10位)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚24㎜-26㎜-23㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ8.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7.5/10

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜のいわゆる黄金スペック

打感はイーゾーンやウルトラツアーチームと同等の柔らかさですが、それらと比較すると飛びがやや抑えめでラケットを振り切ってもボールがアウトしにくい点が大きな特徴です。

超ソフト系な打感が好きだけど、飛びすぎちゃうのはちょっと…って場合に最適な使用感。

コントロール性能にも定評があり、打ちたいところにしっかりボールを運んでいけるのも大きな強みですね。

女性やジュニアでも良さをしっかり引き出せる万能ラケットだと思います。

※2位のウルトラツアーチームとデザインは同じだけど、性能は違うから間違えの無いようにね。

 

ブラックとブルーの部分が入れ替わったリバースカラーもあります。(数量限定)

 

 

第5位 Head Graphene 360+ Extreme MP 2020

第5位は「Head Graphene 360 + Extreme MP 2020 (ヘッド グラフィン360+ エクストリーム MP 2020)」!

Head Extremeシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑リシャール・ガスケ(世界最高ランク7位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ESPN Tenis(@espntenis)がシェアした投稿

☑マッテオ・ベレッティーニ(世界最高ランク8位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pretty much the recap of the game 🤷🏻‍♂️😅😱😒😞

Matteo Berrettini(@matberrettini)がシェアした投稿 –

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント325㎜
フレーム厚23㎜-26㎜-21㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ7.5/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ9.5/10

エクストリームシリーズは、「究極のスピン」を打つために設計されたモデル

非常にスピンがかかりやすいのが特徴で、山なりに打ったショットでもしっかりコート内に収まってくれます。

スピン系のショットを打ちたい場合にはとても良いラケット。

Vcore 100と同程度の強力なスピン量を誇り、打球の変化が大きいから相手から沢山ミスを引き出せる。

ヘッドのラケットはフレームの厚さが薄いモデルが多いですが、エクストリームは中厚26㎜と厚く、ラケット自体にパワーがあるのでボールの弾きが良い

打感はやや柔らかめです。(ブイコアよりも気持ち少し硬いかな~くらい)

回転性能を重視する人に超おすすめ。

 

 

 

柔らかな打感で楽にパワフルスピンショットを打っていこう!

今回は、初心者・初級者におすすめのテニスラケットを5本紹介しました。

どれも打感が柔らかめでボールを飛ばすパワーや回転をかける性能が高いので、使いやすいと思います。

サラッと5本の強みをまとめると、以下のようになるかなと。

イーゾーン100

  • 広大なスイートスポット
  • 超ソフトな打感
  • ボールをかなり飛ばしやすい

ウルトラツアーチーム100

  • 超ソフトな打感
  • ボールを超飛ばしやすい
  • コスパが良い

ブイコア

  • かなり柔らかな打感
  • ボールを結構飛ばしやすい
  • 強烈な回転をかけやすい

ウルトラ100

  • 超ソフトな打感
  • ボールが飛びすぎず、コントロールしやすい

エクストリームMP

  • やや柔らかな打感
  • ボールを結構飛ばしやすい
  • 強烈な回転をかけやすい

ぜひ使いやすいラケットを選んで楽しくテニスをプレーしていただければと思います(‘ω’)ノ

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入るよ。

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました