2022最新 初心者・初級者におすすめの人気テニスラケットランキングTOP5

テニスラケットランキング

 

初心者・初級者におすすめのテニスラケットが知りたい!

今回は上記のような方に向けて、初心者・初級者におすすめの人気テニスラケットを5本ランキング形式で実際の使用感と共に紹介していきます。

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

テニス歴20年の私が100本以上試打した中で、

  • 打感の柔らかさ
  • ボールの飛ばしやすさ
  • スピン回転のかけやすさ
  • スイートスポットの広さ

という4つのポイントに重点を置いて本気で選んだので、この記事内から選べばラケット選びに失敗せずに済むと思いますよ。

初級者が使いやすいのはもちろん、上手になってもずっと使えるような良いものを厳選した。

また、ちょくちょく「黄金スペック」というワードを使って説明していくので、その言葉の意味とおすすめのポンド数(ガットを張る強さの数値)についても先に触れておきます↓

黄金スペック:フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜のラケットのこと。

幅広いプレイヤー層に最適化したスペックと言われ非常に人気が高く、どのメーカーも主力として扱っている。

推奨ポンド数:42~47辺り。

50以上は打球感が硬く感じやすく、ボールも飛ばしにくい。

柔らかな打球感で楽にボールを飛ばしたいなら42~47ポンド位でナイロンのガットを張るのがおすすめです。

ラケットの販売ページには推奨ポンド数が50~60とされていたりするけど、あれは一般人には高めの数値。

最初は45前後で張ってみて様子を見るのが良いと思う。

なお本記事では300gのラケットを紹介するので、「300gは自分には重いかも‥」と思う方は、260~280g前後の超軽量ラケットや女性向けのラケットを紹介している以下の記事をご覧ください↓

というわけで、さっそく初心者・初級者におすすめのテニスラケットを紹介していきます。

【2022】初心者・初級者におすすめのテニスラケットランキングTOP5【ボールを飛ばしやすい】

5本とも非常に人気のある高性能ラケットです。

第1位 ヨネックス イーゾーン 100 2022

ヨネックス イーゾーン 100 2022」(Yonex Ezone 100 2022)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚23.8-26.5-22.5㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

イーゾーンシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑大坂なおみ(世界ランク最高1位)

☑デニス・シャポバロフ(世界ランク最高10位)

評価

打感の柔らかさ7.5~8/10
ボールの飛ばしやすさ8.5/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能7/10
操作性/取り回しやすさ8/10

大坂なおみ選手が使用するイーゾーンシリーズの黄金スペックモデル。

「アイソメトリック」というヨネックス独自のフレーム形状により、スイートスポットが他の100インチラケットと比較して明らかに広いラケットで、面のどこで打っても柔らかさを感じやすいです。

日本が世界に誇る超一流メーカー・ヨネックスのメイン機種。

スイートスポットが広くてミスヒットしにくく、特にボレーが超やりやすい。

弾きが良くボールの飛びはかなり強め。

スカッとスピーディなフラットドライブを打ちやすいです。

反発力が強いので飛びを抑えたいプレイヤーにはあまり向いてないですが、楽にボールを飛ばしたい方や超高速ショットを展開したいプレイヤーにはおすすめです。

ラケットにパワーとスイートスポットの広さ、弾きの良さを求めるなら勧めたい一本!

 

龍とブラックカラーのデザインが特徴的な大坂なおみ選手専用カラーバージョン「OSAKA EZONE」もあります。

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第2位 ヘッド スピード MP 2022

ヘッド スピード MP 2022(Head Speed MP 2022)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚23㎜
ストリングパターン16×19
バランスポイント320㎜

ヘッドのスピードシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑ヤニック・シナー(世界ランク最高9位)

評価

打感の柔らかさ8~8.5/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ8.5/10
ボールコントロール性能7.5/10
操作性/取り回しやすさ8/10

若手ナンバーワン注目株のヤニック・シナーが使用中の黄金スペック。

ヘッドのテニスラケットの中で一番人気のモデルです。

スピードはジョコビッチが使用しているシリーズとしても有名。

かなり柔らかい打感、広めのスイートスポット、強めの回転性能、やや強めのボールの飛びが特徴で、ソフトな打ち心地でラクにスピン系のショットを展開可能。

オーセチックというテクノロジーが使われていて、ミスヒットした時のボールの飛ばなさや硬さを感じにくい仕上がりになっています。

スイートスポットの広いソフトな回転系のラケットという印象。

良く飛ぶけどスピン性能の高さによってアウトもしにくい。

守備面では、なんとか届いた球が反発力の高さのおかげで相手コートに返ってくれる場面が何度もあり、ストローク戦での安心感バツグン。

パワフルフラット系プレーヤーにとっては飛び過ぎると思いますが、柔らかな打感でボールを飛ばしやすく、スピン性能も優れたモデルが欲しい方におすすめです。

柔らかい打感、良好な反発性能&スピン性能、スイートスポットの広さが持ち味!

神ラケ!

 

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第3位 ウィルソン クラッシュ 100 V2.0 2022

ウィルソン クラッシュ 100 V2.0 2022」(Wilson Clash 100 V2.0 2022)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ295g
バランスポイント310㎜
フレーム厚24㎜
ストリングパターン16×19

評価

打感の柔らかさ8.5~9/10
ボールの飛ばしやすさ7.5~8/10
回転のかけやすさ7/10
ボールコントロール性能8/10
操作性/取り回しやすさ8.5~9/10

「最高レベルのフレームのしなりやすさと打感の柔らかさ」で有名なウィルソンの人気ラケット。

100インチ/300g前後のラケットの中ではトップクラスにソフトでもっちりとした打ち心地のモデルです。

スイングが速かろうが遅かろうが関係なくソフト。

柔らかくしなる心地良さを存分に体感したいなら間違いないシリーズ。

また、ホールド感(球持ち感)も非常に強く、ガットとボールの接地時間がかなり長い。

通常しなりが強いラケットはボールが飛びにくくなる傾向にありますが、クラッシュはしなりと飛びを両立させていて、まあまあ反発力は強く、ボールの飛びは良好です。

中軌道のフラットドライブショットになりやすい。

295gとやや軽量かつバランスポイント(重心)が標準より10㎜程度グリップ寄りのトップライト系ラケットなので、スイングしやすく操作性に優れている所もメリット。

打感が柔らかく、フレームがよくしなり、飛びも良好なスイングしやすいフラットドライブ系ラケットを使いたい方にイチオシです。

柔らかい打ち心地重視ならクラッシュ!

 

数量限定のブラックカラーバージョン「ナイトセッション」も人気があります。

 

╲詳細レビュー記事はこちら/

 

第4位 ヨネックス ブイコア 100 2021

ヨネックス ブイコア 100 2021(YONEX VCORE 100 2021)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚24-25-22㎜
ストリングパターン16×19

ブイコアシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑アンゲリク・ケルバー(世界ランク最高1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Angelique Kerber(@angie.kerber)がシェアした投稿

☑日比野菜緒(世界ランク最高56位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao Hibino(@naohibino_1128)がシェアした投稿

評価

打感の柔らかさ8/10
ボールの飛ばしやすさ8/10
回転のかけやすさ9/10
ボールコントロール性能7/10
操作性/取り回しやすさ8/10

ヨネックスのスピン特化シリーズ「ブイコア」の黄金スペックモデル。

イーゾーンは圧倒的なパワーが強みですが、このブイコアは半端ない回転性能が長所です。

打感は柔らかく、スイートスポットもまあまあ広い。

スピン特化ラケットというだけあって、縦スイングで振り切るとボールが曲がり、落ち、ハネるグリグリスピンが簡単に打てる◎

回転量を落としてフラットドライブを打ってもベースライン際でグッと落ちる質の良いショットになります。

スピン系のショットを主としている人との相性が抜群。

ボールを狙った所に打ち込むコントロール性能はやや他のラケットより落ちますが、回転量多めのフラットドライブ~グリグリスピンでストロークを支配したい方にはおすすめです。

柔らかな打感が好きなスピン系プレーヤーには間違いないモデル。

 

 

 

第5位 ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020

Wilson Ultra 100 V3.0 2020」(ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚24㎜-26㎜-23㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

ウルトラシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑錦織圭

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy with win today!!!

Kei Nishikori(@keinishikori)がシェアした投稿 –

評価

打感の柔らかさ8.5/10
ボールの飛ばしやすさ7.5/10
回転のかけやすさ7.5/10
ボールコントロール性能7.5~8/10
操作性/取り回しやすさ8/10

錦織選手も使用中の「ウルトラシリーズ」の黄金スペックモデル。(錦織選手は上級者向けのウルトラツアー95を使用)

スイートスポットでボールを捉えた時のガットのたわみが非常に大きく、打感を柔らかく感じやすい点と、ボールが飛び過ぎないパワー感が大きな特徴です。

黄金スペックの中では少し飛び抑えめ。

振り切って使える。

回転はマイルドにかかり、自然な回転量のフラットドライブが打ちやすい。

また、ウルトラシリーズは「ネットプレーで優位性を発揮する」をテーマに作られたこともあり、面の安定性が高くボレー時に安心感があります。

打感が柔らかく、ボールが飛びすぎず飛ばなすぎずの反発力だから、超ボレーしやすい。

球離れはゆっくりなのでスピーディに打ち返したい方には合わないですが、ガットがたわむ柔らかい感触を味わいつつじっくりストロークやボレーを展開していきたい方にはおすすめです。

とても柔らかな打感、ボールが飛び過ぎずコントロールが利く所、ボレーのやりやすさが持ち味!

 

ブラックとブルーの部分が入れ替わったリバースカラーもあります。(数量限定)

 

 

使いやすいラケットで楽しくテニスをしよう!

今回は、初心者・初級者におすすめのテニスラケットを5本紹介しました。

全体的に打感が柔らかめで、飛び&スピン性能が良好、そしてスイートスポットも広めなので使いやすいと思います。

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入るよ。

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました