【初心者向けテニスラケット】おすすめの厚ラケランキングTOP5【ボールを飛ばしやすい】

テニスラケットランキング

ボールを楽に飛ばせるラケットが欲しい!

筋力はあまりないけど、怪我せず強力なショットを打ちたい!

今回は上記のような要望を持つテニスプレイヤーの方に向けて「おすすめの厚ラケランキングTOP5」を書いていきます。

厚ラケ:フレームが厚いラケットのこと。(大体25㎜以上)

フレームが硬くパワーがある分、

・ボールを楽に飛ばしやすい

・打球のヒット時に面ブレも防げるので、相手のショットに力負けしにくくなる

という特徴がある。

この記事を読むと‥‥

・使いやすい厚ラケがどのモデルなのかわかる

・それぞれのラケットの特徴と、使っているプロのプレイヤーが誰なのかわかる

実際に使用しているプロのプレイヤーなどの情報も交えつつラケットの特徴を紹介していくので、ラケット選びで迷っている方に参考にしていただければと思います(‘ω’)ノ

また、ちょくちょく「黄金スペック」というワードを使って説明していくので、その言葉の意味とおすすめのポンド数(ガットを張る強さの数値)についても先に触れておきます↓

黄金スペック:フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜のラケットのこと。

幅広いプレイヤー層に最適化したスペックと言われ非常に人気が高く、どのメーカーも主力として扱っている。

推奨ポンド数:42~47辺り。

50以上は打球感が硬く感じやすく、ボールも飛ばしにくい。

柔らかな打球感で楽にボールを飛ばしたいなら42~47ポンド位がおすすめです。

ラケットの販売ページには推奨ポンド数が50~60とされていたりするけど、あれは一般人には高めの数値。

まずは45前後で張ってみて様子を見るのが良いと思う。

なお、本記事では300gのラケットを紹介するので、もし「300gはちょっと自分には重いかも‥‥」と思う方は、260~280g前後の超軽量ラケットを紹介している以下の記事をご覧ください↓

というわけで、さっそくおススメの厚ラケTOP5を紹介していきます。

おすすめの厚ラケランキングTOP5

5つともフレーム厚が26㎜付近の代表的な厚ラケです。

第1位 Babolat Pure Drive 2018

第1位は「Babolat Pure Drive 2018(バボラ ピュアドライブ 2018)」!

Babolat Pure Driveを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

・ファビオ・フォニーニ(世界最高ランク9位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fabio Fognini(@fabiofogna)がシェアした投稿

・カロリナ・プリスコバ(世界最高ランク1位)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-26㎜
ストリングパターン16×19

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜のいわゆる黄金スペックモデル。

テニス界屈指の大人気ラケットで、一般プレイヤーの使用率は多分一番高い。

フレームが厚くてラケット自体にパワーがあり、柔らかくてあっさりした軽めの打感で楽にボールを飛ばしたり、スピンをかけやすいです。

フォニーニや杉田選手のように小柄な男子選手や女子選手に人気で、使っているプレイヤーがとても多いのもこのラケットの良さを物語っているでしょう。

簡単にボールが飛ぶから、無理して打つ必要もなく体に優しい。

球種としては、スピン回転がしっかりかかったショットが打ちやすいのが大きな特徴。

「ラケット選びに迷うならとりあえずPure Drive」と言えるくらい、大人から子供まで幅広い層におすすめのラケットです。

※ピュアドライブは2021年に最新モデルが出ましたが、そっちはややボールが飛びにくくショットのコントロールに比重を置いた仕様になったので2018をチョイスしています。(2018は前のモデルなので価格が下がっており、コスパの面でも1位です)

 

 

第2位 Yonex Ezone 100 2020

第2位は「Yonex Ezone 100 2020(ヨネックス イーゾーン 100 2020)」!

Yonex Ezone100を使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑キャスパー・ルード(世界最高ランク34位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Casper Ruud(@casperruud)がシェアした投稿

☑ベリンダ・ベンチッチ(世界最高ランク7位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Belinda Bencic(@belindabencic)がシェアした投稿

主なスペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚23.5-26-22㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

大坂なおみが使っていることで有名な「Yonex Ezone」シリーズの最新モデル。(※大坂選手はこの「Ezone 100」より面が小さくて重い中~上級者向けのEzone 98を使用中。)

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜、といういわゆる黄金スペックです。

フレーム厚が厚く、またスイートスポットも大きめに作られているので、ボールの飛びが良く相手コートに返球しやすいのが大きな特徴。

ラケット自体にパワーがあるから、サーブやストロークに威力が出しやすく、ボレーも簡単。

球種としては、回転が良くかかり、スピン量多めのラットドライブを打ちやすいのが特徴。

柔らかい打球感でボールを楽に飛ばしたい&しっかりスピンをかけていきたい方におすすめです。

色に関しては、大坂選手が使用中の限定カラー「Naomi Osaka Limited」もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yonex Tennis(@yonex_tennis)がシェアした投稿

 

 

第3位 Wilson Ultra 100 V3.0 2020

第3位は「Wilson Ultra 100 V3.0 2020(ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020)」!

Wilson Ultra 100を使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

・ボルナ・チョリッチ(世界ランク最高12位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Borna Coric(@bornacoric)がシェアした投稿

・クリスティナ・ムラデノビッチ(世界最高ランク10位)

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
フレーム厚24㎜-26㎜-23㎜
バランスポイント320㎜
ストリングパターン16×19

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜のいわゆる黄金スペック

ウルトラシリーズは錦織選手も使っているので、外見に見覚えがある方も多いかもしれませんね。(錦織選手のモデルは「Wilson Ultra Tour 95 CV V3.0」という上級者用のラケット)

打感は柔らかくラケット自体にパワーがありますが、ボールが飛び過ぎるという事もなく、ストロークでもボレーでも使いやすいモデルです。

球種はスピン回転がマイルドにかかるため、自然なフラットドライブを打ちやすい仕様。

コントロール性能にも定評があり、打ちたいところにしっかりボールを運んでいけるのも大きな強みですね。

女性やジュニアでも良さをしっかり引き出せる万能ラケットだと思います。

ブラックとブルーの部分が入れ替わったリバースカラーもあります。(数量限定)

 

第4位 Yonex Vcore 100 2021

第4位は「Yonex Vcore 100 2021」(ヨネックス ブイコア100 2021)!

Yonex Vcoreシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑アンゲリク・ケルバー(世界ランク最高1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Angelique Kerber(@angie.kerber)がシェアした投稿

☑日比野菜緒(世界ランク最高56位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao Hibino(@naohibino_1128)がシェアした投稿

スペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚24-25-22㎜
ストリングパターン16×19

スペック

Vcore100はフェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜の黄金スペックモデル。

ボールの飛びは程よく、かなりスピン回転をかけやすいという特徴があります。

打感に関しては、同じくYonex社が開発して2位にランクインしている「Yonex Ezone 100 2020」と同様に非常に柔らかめ。

グリグリスピンを打ちたい人⇒Vcore 100

楽にパワースピンショットを打ちたい人⇒Ezone 100

を選ぶと良いと思う。

スイートスポットが大きく作られている影響で、ボレーのやりやすさも◎。

ストロークの打ち損じでもネットを超えてくれます。

柔らかな打球感を感じつつ、強烈なスピンショットを打ちたい方には馴染むでしょう。

 

 

第5位 Head Graphene 360+ Extreme MP 2020

第5位は「Head Graphene 360 + Extreme MP 2020 (ヘッド グラフィン360+ エクストリーム MP 2020)」!

Head Extremeシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

☑リシャール・ガスケ(世界最高ランク7位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ESPN Tenis(@espntenis)がシェアした投稿

☑マッテオ・ベレッティーニ(世界最高ランク8位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pretty much the recap of the game 🤷🏻‍♂️😅😱😒😞

Matteo Berrettini(@matberrettini)がシェアした投稿 –

主なスペック

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント325㎜
フレーム厚23㎜-26㎜-21㎜
ストリングパターン16×19

エクストリームシリーズは、「究極のスピン」を打つために設計されたモデル

非常にスピンがかかりやすいのが特徴で、山なりに打ったショットでもしっかりコート内に収まってくれます。

スピン系のショットを打ちたい場合にはとても良いラケット。

Vcore 100と同程度の強力なスピン量を誇る。

Headのラケットはフレームの厚さが薄いモデルが多いですが、エクストリームは中厚26㎜と厚く、ラケット自体にパワーがあるのでボールの弾きが良いです。(打感はやや柔らかめ)

バランスポイントは平均的な320㎜よりも5mm長い「トップヘビー」で、サーブやストロークの際に遠心力を利かせやすい仕様となっています。

(※バランスポイントについては、【テニスラケットの選び方①】重さ、バランスポイント、フェイスサイズを解説にて詳しく書いてあります。)

回転をかけやすくてボールもよく飛んでくれるラケットを使いたい方におすすめです。

 

 

厚ラケで楽にボールを飛ばしてテニスを楽しもう!

今回は、おすすめの厚ラケを5種紹介してきました。

厚ラケはパワーがあり、相手の打球に押し負けることなく楽にボールを飛ばせるので、パワーがあまりないジュニアや女性の方でもテニスを楽しむことができます。

ぜひ使いやすい厚ラケを選んで楽しくテニスをプレーしていただければと思います(‘ω’)ノ

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入るよ。

☑今回紹介したラケット一覧

タイトルとURLをコピーしました