新作情報 バボラ ピュアストライク103 2022 スペック テクノロジーまとめ

テニスラケットインプレ

今回は、2022年2月発売の「バボラ ピュアストライク 103 2022」(Babolat Pure Strike 103 2022)のスペック&テクノロジーをサクッとまとめて紹介していきます。

3分で読めるよ。

 

 

スポンサーリンク

新作情報 バボラ ピュアストライク103 2022 スペック テクノロジーまとめ

バボラのコントロール系シリーズ「ピュアストライク」に103平方インチのバージョンが追加。

2020年に発売したピュアストライクシリーズと同じデザインです。

既に発売開始中。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Babolat Japan(@babolatjapan)がシェアした投稿

 

バボラ ピュアストライク 103 2022

 

フェイスサイズ103平方インチ
重さ285g
バランスポイント320㎜
フレーム厚21-23㎜
ストリングパターン16×19
RA値72

標準より面が大きく軽いスペック。

フェイスサイズの大きいラケットはフレーム厚が27㎜以上の分厚いものが多いですが、このピュアストライク103はフレーム厚21~23㎜とだいぶ薄めです。

「ハードヒットを好み、より軽くて扱いやすいコントロール系ラケットを求めるプレーヤー」を想定して作られたラケット。

 

テクノロジー:振動吸収とボールコントロール性能の向上がコンセプト

以下のテクノロジーが搭載されています。(4つとも他のピュアストライクシリーズにも使われているお馴染みのテクノロジー)

C2ピュアフィール

コントロールフレームテクノロジー

FSI

ウーファーシステム

C2ピュアフィール

振動対策のエキスパート企業SMAC社※の高機能素材をフェイス部に応用することで、振動吸収性の最適化を図り、よりピュアなタッチを実現

コントロールフレームテクノロジー

ボックス形状と楕円形状を組み合わせた独自のフレーム構造を採用。
従来のボックス形状フレームに比べ、ハードヒットにおける安定性とレスポンスが格段に向上し、高精度なボールコントロールを可能にします。

FSIパワー

●ENLARGE STRING PATTERN・・・ストリングパターンを上下に広げ、スイートエリアを拡大。 オフセンターショットを含むあらゆるショットのパワーアップを実現

●DIAMOND GROMMET WOOFER・・・ウーファーをインサイド化した新形状のダイアモンドグロメットを採用。 ストリングの可動域を微調整し、ホールド性、快適性、コントロール性を最適化

●NEW BUMPER SYSTEM・・・空気抵抗を抑えた新しいバンパーシステムによりスイングスピードと操作性も向上。

ウーファーシステム

ラケットとストリングの関係に着目し、ラケットとストリングが相互に作用するウーファーを開発。
このストリングメーカーだからこそ実現したキーテクノロジーを1999年から主要ラインナップに搭載し、数多くのアドバンテージをバボララケットにもたらし続けています。

まとめ:ピュアストライクシリーズに103インチが仲間入り!

今回は「「バボラ ピュアストライク 103 2022」」についてまとめてきました。

103インチと大きめのフェイスサイズながら、フレームは薄めの設計となっています。

しっかり打っていく人向けのコントロール系デカラケ!

初回入荷分は数に限りがあるので、気になる方はお早めにどうぞ。

というわけで、以上です。

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました