ゴーセンのナイロンガット(ストリング)6種類を打ち比べて徹底比較!

テニスガット・ストリングインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は、

  • ゴーセン(GOSEN)のナイロンガット6種類を同じラケット・同じポンド数で打ち比べしてわかった違い
  • おすすめの選び方

を解説していきます。

打感、ボールの飛び、回転性能などの使用感を詳しく書いていくので、

  • それぞれのガットにどういった違いがあるのか知りたい方

はご覧ください(‘ω’)ノ

(※個別のインプレ・評価・感想レビュー記事も書いているので、それぞれの特徴などをまだ詳しく知らない方はチェックしてみてください↓)

ではでは、それぞれの違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

ゴーセンのナイロンガット(ストリング)6種類 を打ち比べしてわかった違いを解説

今回打ち比べた機種とその特徴はざっくり表の通り。

機種名特徴
AK プロ標準くらいの柔らかさ&飛び、高めのスピン性能&コスパ
AK プロ CX硬く重い打感、控えめな飛び、耐久性に特化
テックガットタフ非常に柔らかい打感、強めのホールド感、適度な飛び
ラクシアアシスト柔らかく軽い打感、強めの飛び、スピードボールの打ちやすさ
ラクシアバイト柔らかい打感、やや控えめな飛び
ミクロスーパー硬く重い打感、やや強めの飛び、コスパの良さ

以下ではそれぞれを打ち比べた際の

  • 打感の柔らかさ
  • 打感の重さ
  • ボールの飛びの良さ
  • 軌道の高さ
  • スピン性能
  • 球離れの早さ

の6点をさらに詳しくまとめていきます。

打ち比べ環境

  • ラケット:ブリヂストン エックスブレード
  • ポンド数:縦47ポンド・横45ポンド
  • ガットの太さ:

AKプロ⇒1.31㎜

その他⇒1.30㎜

※暑くなってきた(6月初旬)ので、普段より2ポンド上げたセッティングとなっています。

打感の柔らかさ

かなり柔らかいテックガットタフ
まあまあ柔らかいラクシアアシスト、ラクシアバイト
ややしっかり~標準AKプロ
硬めAKプロCX、ミクロスーパー

テックガットタフは非常に柔らかくもっちりとした打ち心地。

ラクシアアシストも柔らかくあっさり軽めです。

ソフトなナイロン。

ラクシアバイトはメーカー説明的に柔らかさに特化しているようですが、テックガットタフの方が柔らかく感じました。

柔らかいけど超柔らかいって感じではなかったかな。

一緒に打っていた方にも試してもらったけど、やはりタフ>アシスト>バイトの順で柔らかく感じると言っていた。

AKプロはナイロンの中でちょいしっかり~標準くらいの印象です。

そこそこ柔らかい。

ミクロスーパーとAKプロCXはナイロンにしては硬く打ちごたえがあります。

打感の重さ

軽いテックガットタフ、ラクシアアシスト、ラクシアバイト
標準AKプロ
重いAKプロCX、ミクロスーパー

テックガットタフ、ラクシアアシスト、ラクシアバイトはあっさり軽め。

一方AKプロCXとミクロスーパーは重い打感です。

AKプロCXとミクロスーパーは他の4つと比べて明らかに硬く重い。

ボールの飛びの良さ

かなり良く飛ぶラクシアアシスト
良く飛ぶミクロスーパー
標準AKプロ、テックガットタフ
少し飛び抑えめラクシアバイト、AKプロCX

ラクシアアシストは一番反発力が強く、ボールの飛びが良好。

ミクロスーパーも比較的飛ぶナイロンだと思います。

ボールを楽に飛ばしたい向け。

AKプロとテックガットタフは飛びすぎず飛ばなすぎずの丁度いい飛びで使いやすい。

攻撃時にはアウトしにくく、守備時にはちゃんと相手コートに返球できるバランス型。

ラクシアバイトとAKプロCXはナイロンの中では飛び控えめ。

飛びすぎるナイロンはアウトしやすくて使いにくいという場合に合うタイプです。

AKプロCXが最も飛ばない。

軌道の高さ

やや高めなし
中軌道テックガットタフ、AKプロ、ラクシアバイト
やや低め~中軌道ミクロスーパー、AKプロCX、ラクシアアシスト

テックガットタフ、AKプロ、ラクシアバイトは安定して中軌道ショットになりやすい印象。

他の3つはやや低めのショットになる傾向がありました。

AKプロCXは最も軌道が低くなりやすく、低軌道の直球が打ちやすい。

回転のかけやすさ

良くかかるAKプロ
標準~まあまあかかるラクシアアシスト
標準ミクロスーパー、AKプロCX、テックガットタフ、ラクシアバイト

AKプロはナイロンの中ではかなりかかりが良く、自分から回転をかけて打った打球のハネが良い印象。

ラクシアアシストはナイロンの標準よりちょっといいかな~位です。

AKプロが一番スピン性能が高い。

他は特にスピン性能が高いとは感じませんでした。

球離れの早さ

やや早いミクロスーパー、AKプロCX、ラクシアアシスト
標準AKプロ
やや遅いラクシアバイト
かなり遅いテックガットタフ

ミクロスーパーとAKプロCXは硬さでスパーンと弾き飛ばす感触。

ラクシアアシストは柔らかさがありつつもあっさりスカッと弾きます。

ミクロスーパーとラクシアアシストは反発力も良いからボールスピードを出しやすい。

テックガットタフは最もホールド感(球持ち感)が強く、ガットとボールの接地時間が長め。

もっちりしています。

AKプロとAKプロCXの違い

AKプロの方がだいぶ柔らかい打感で、ボールが飛び、なおかつショットの軌道も上がりやすい。

AKプロCXはAKプロの耐久性を強化させたタイプで打ちごたえがあるので、ガッツリ打っていきたい方に良いと思います。

テックガットタフとラクシアバイトの違い

どちらも柔らかさに特化したナイロンというコンセプトですが、個人的にはテックガットタフの方が柔らかくホールド感が強い印象。

飛びはテックガットタフがナイロンの標準くらいで、ラクシアバイトはちょい飛び控えめです。

コスパについて

価格はミクロスーパーが超安く、AKプロも結構安い。

コスパ重視ならこの2つがおすすめです。

耐久性について

ミクロスーパー、AKプロ、AKプロCXは耐久力のあるナイロンモノ系の構造。

ガットの切れにくさ重視ならこの3つがおすすめです。

ゴーセンのナイロンガット(ストリング)の選び方まとめ

おすすめの選び方は以下の通りです。

⇒標準くらいの柔らかさ、適度な飛び、高めのスピン性能&コスパ&耐久性を求める人

⇒打ちごたえのあるナイロンが良い人、飛びを抑えたい人、強力な耐久性能を求める人

⇒非常に柔らかく軽い打感が好きな人、適度な反発力を求める人、ホールド感(球持ち感)重視の人

⇒柔らかい打感が好きな人、ボールを楽に飛ばしたい人、ボールスピード重視の人

⇒柔らかめの打感が好きな人、飛びすぎない反発力を求める人

⇒打ちごたえのあるナイロンが良い人、反発力&ボールスピード重視の人、コスパ&耐久性重視の人

ガットによってラケットの良さを最大限引き出してくれるものもあれば、またその逆もあるので、色々試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

 

(※ガットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも20%位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました