ダンロップのナイロンガット(ストリング)4種類を打ち比べて違いを徹底比較!

テニスガット・ストリングインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は、

  • ダンロップのナイロンストリング4種類の特徴
  • 同じラケット・同じポンド数で打ち比べしてわかった違い
  • おすすめの選び方

を解説していきます。

打感、ボールの飛び、回転性能などの使用感を詳しく書いていくので、

  • それぞれのガットにどういった特徴や違いがあるのか知りたい方

はご覧ください(‘ω’)ノ

(※個別のインプレ・評価・感想レビュー記事も書いているので、それぞれの特徴などをまだ詳しく知らない方はチェックしてみてください↓)

ではでは、それぞれの違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

3分位で読み終わるよ~。

スポンサーリンク

ダンロップのナイロンガット(ストリング)の特徴

ダンロップのナイロンガットの特徴は、

個性・強みがハッキリしていて自分に合った機種を選びやすい点

です。

違いがとてもわかりやすい。

シリーズは全部で4種類あります。

シリーズは全部で4種類

シリーズ名特徴
アイコニックタッチ打感がソフト・ボールが良く飛ぶ・スピン性能高め
アイコニックオール打感がソフト・適度な飛び&スピン性能
アイコニックスピードややしっかりめの打感・低軌道フラットが打ちやすい
シンセティックタフ硬めの打感&控えめな飛び・コントロール系

 ダンロップのナイロンガット(ストリング)4種を打ち比べしてわかった違いを解説

以下ではそれぞれを打ち比べた際の

  • 打感の柔らかさ
  • ボールの飛びの良さ
  • スピン性能
  • 球離れの早さ

の4点をまとめていきます。

なお、打ち比べした際の環境は以下の通り。

打ち比べ環境

  • ラケット:ブリヂストン エックスブレード
  • ポンド数:縦48ポンド・横46ポンド
  • ガットの太さ:1.30㎜

※夏なので、普段より3ポンド上げたセッティングです。

打感の柔らかさ

かなり柔らかいタッチ
まあまあ柔らかいオール
ややしっかり感ありスピード
硬めタフ

タッチは非常に柔らかく、軽めの打感でTHE・ナイロンマルチ!といった印象。

オールも比較的柔らかいですね。

ソフトさ重視の2つ。

スピードはナイロンの中ではややしっかりめ。

タフはさらに硬く、そこそこ打ちごたえがあります。

タフはポリよりは柔らかいけど、ナイロンの中では硬め。

ボールの飛びの良さ

良く飛ぶタッチ
標準オール、スピード
少し飛び抑えめタフ

タッチは軽快に中~高軌道のボールが飛んでくれる。

打感の柔らかさも相まって楽にストローク展開できます。

4種の中で圧倒的にカンタンに飛ぶ。

オールとスピードは標準的。

飛びすぎず飛ばなすぎずでバランスの取れた飛び感だと思います。

攻撃時にはボールがコートに収まりやすく、守備時にはナイロンらしい飛びがあるから、攻守で使える。

スピードは打球が低軌道になりやすい点も大きな特徴。

タフはそこまで楽にボールは飛ばず、ポリに近い感触。

ガッツリ打ってもアウトになりにくいので、コントロール性能重視の方向けです。

回転のかけやすさ

良くかかるタッチ
まあまあかかるオール
普通~あまりかからないタフ、スピード

タッチはバッチリ回転がかかる◎

スピン系のショットを打つと打球が急降下して良く弾みます。

ナイロンにしては優秀なスピンアシスト性能。

オールはまあまあな印象。

グリグリスピンは無理ですが、回転量多めのフラットドライブ位なら無理せず打てます。

スピードとタフはガット自体にそこまでスピン性能はないと思う。

球離れの早さ

やや早いスピード
標準タフ、タッチ
やや遅いオール

球離れは若干スピードが早く、オールが遅い印象。

早いスイングでボールを叩いたときに特に差がわかりやすいです。

スピードはテンポよく攻撃したい人向け、オールはガシっとボールを掴むホールド感を感じたい人向け。

補足)耐久性について

耐久性はシンセティックタフが高めの設計。

ガットの切れにくさを重視するならシンセティックタフを検討すると良いと思います。

ダンロップのナイロンガット(ストリング)の選び方まとめ

おすすめの選び方は以下の通りです。

⇒非常に柔らかな打感で楽に回転系のショットを展開したい人

⇒適度な飛びとスピン性能、打感の柔らかさがあるバランスの良いガットを使いたい人

⇒テンポよくシャキッと低軌道のスピーディなフラットを展開したい人

⇒少し打ちごたえのある打感を感じつつ、キッチリとボールコントロールしたい人・耐久性を重視する人

ガットによってラケットの良さを最大限引き出してくれるものもあれば、またその逆もあるので、色々試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

(※ガットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも20%位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました