当サイトの記事内には広告が含まれています

ピュアドライブ2021とイーゾーン 100 2022の違いを徹底比較 選び方も解説

ヨネックス

 

バボラのピュアドライブ2021とヨネックスのイーゾーン 100 2022ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらもテニスラケット界屈指の人気モデルなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. 使用感の違いを解説
  3. おすすめの選び方を解説

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計200本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

結論は以下の通りです↓

ピュアドライブの方が少しボールの飛びが抑えめで打球をコントロールしやすい

イーゾーンの方がスイートスポットが広くてミスヒットしにくく打感が柔らかい

爆速ショットの打ちやすさとボレーのしやすさは同じ

 

個別のレビュー記事はこちら↓

☑PURE DRIVE 2021

バボラ ピュアドライブ 2021 インプレ 評価 感想レビュー 超人気のパワー系
「バボラ ピュアドライブ2021(Babolat Pure Drive 2021)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑EZONE 100 2022

ヨネックス イーゾーン 100 2022 インプレ 評価 感想レビュー 爆速ショット
「ヨネックス イーゾーン 100 2022」(YONEX EZONE 100 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

ブラックカラー版「イーゾーン 100 2024 アクアナイトブラック」もあります。(デザインのみの違いでスペックやテクノロジーは2022版と同じ)

 

ピュアドライブ2021とイーゾーン 100 2022のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

Pure Drive 2021スペックEZONE 100 2022
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
23-26㎜フレーム厚23.8-26.5-22.5㎜
16×19ストリングパターン16×19

どちらも100インチ/300g/バランス320㎜の完全な黄金スペックモデル。

フレームは若干イーゾーンの方が厚めの設計です。

黄金スペックは最も万人に扱いやすい仕様で人気があり、メーカー各社が特に力を注いでいるスペック。

関連記事>>イーゾーン2022シリーズのラインナップやテクノロジー、詳細情報まとめ

ピュアドライブ2021とイーゾーン 100 2022の使用感の違いを解説

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

ピュアドライブ 20217~7.5/10
イーゾーン 100 20227.5~8/10

ピュアドライブは硬すぎず柔らかすぎず、イーゾーンはやや柔らかめの印象。

イーゾーンはミスヒットした時に生じる硬さ、重さ、飛ばなさをピュアドラより感じにくいと思います。

イーゾーンの方が柔らかめ。

ボールの飛びの良さ

ピュアドライブ 20218/10
イーゾーン 100 20228.5/10

イーゾーンの方が反発力と弾きが強くかなり飛ぶ感触ですが、ピュアドライブも十分なくらい飛ぶ。

球速が出しやすくて爆速フラットドライブが打てます。

パワフルな人がフラット系でガンガン打つとアウトしやすいけど、一般的な人には使いやすいパワー感だと思う。

【軌道について】

ピュアドライブ⇒軌道低めの直球になりやすい

イーゾーン⇒中軌道辺りになりやすい

回転のかけやすさ

ピュアドライブ 20217.5/10
イーゾーン 100 20227.5/10

どちらも回転性能は標準的。

ごく自然な回転量のフラットドライブが最も打ちやすいです。

【スライスに関して】

スライスは両方とも中軌道系のショットになりやすいです。

ボールコントロール性能

ピュアドライブ 20217.5/10
イーゾーン 100 20227/10

ピュアドライブの方が少し飛びと軌道を抑えやすいので、打球のコントロールはイーゾーンよりしやすい印象。

イーゾーンは反発力がかなり強く、細かな打球のコントロールはそこまで得意じゃないと思います。

ピュアドラもパワーヒッターにはそんなに向いてないけど、ボールの飛びが強いラケットの中ではコントロール性能が良い感触。

操作性&取り回しの良さ

ピュアドライブ 20218/10
イーゾーン 100 20228/10

標準的な面の大きさ、重さなので全く違和感ナシ。

一般的な筋力の方なら普通に扱えると思います。

ストローク

ピュアドライブ⇒爆速フラットドライブを打ちやすく、割とボールコントロールもしやすい◎

面の安定性は最強レベルであり、相手の剛速球にも一切面ブレせずにカウンターショットを打ち込んでいけます。

速球をある程度コントロールできる点と面の安定性の高さがピュアドラの強み。

イーゾーン⇒飛びと弾きの良さにより、ピュアドラ同様に爆速のフラットドライブを相手コートに打ち込める。

スイートスポット広めでミスヒットをしにくく、相手コートに返球しやすい。

打感はピュアドライブよりソフトだと思います。

スカッと爆速フラットドライブを打てる点、スイートスポットの広さ、打感の柔らかさがイーゾーンの強み。

【守備に関して】

どちらもボールが良く飛んでくれるタイプなので、走らされた時のボールの処理はラクです。

ボレー

どちらも最高レベルの使いやすさ。

ピュアドラは強打に打ち負けない面の安定性、イーゾーンはスイートスポットの広さによるミスヒットのしにくさが特に良いですね。

ボレースキルが数段上がったと錯覚するレベル。

頻繁にボレーに出る人にも合っている。

サーブ

★フラットサーブ

⇒2本とも超スピードが出て、なおかつ割とサービスエリアに収まりやすい印象。

頑張ってフルスイングしなくても鋭く速い直球が打てます。

★スライスサーブ&スピンサーブ

⇒ピュアドラは少し変化が小さめな印象。

イーゾーンはスピンサーブの変化量はピュアドラと同じくボチボチといった感じですが、スライスサーブはしっかり曲がってくれるように感じました。

超スピードのフラットサーブが叩き込めて気持ち良い使用感。

ガツガツ振らなくても強い球が打てる所が良い。

おすすめの選び方:コントロール性能と面の安定性重視ならピュアドラ、スイートスポットの広さとソフトさ重視ならイーゾーン

本記事ではピュアドライブ2021イーゾーン 100 2022を比較してきました。

超人気ラケットの2本。

近い使用感だけどきちんと違いもある。

ボールを楽に飛ばすパワーがありつつ、ある程度打球をコントロールでき、面の安定性が最強なラケットを使いたい⇒ピュアドライブ

圧倒的パワー&広いスイートスポット&打感の柔らかさを重視する⇒イーゾーン

といった風に選ぶと良いと思います。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました