バボラ ピュアドライブ 2021とヘッド スピード MP 2022の違いを徹底比較

テニスラケットインプレ

 

バボラのピュアドライブ2021とヘッドのスピードMP2022ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらも各メーカーが誇る主力のラケットなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. 使用感の違いを解説

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計130本以上
  • ガットインプレ数90種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

結論は、

「ピュアドライブはスピードより球速が出しやすく面の安定性が最強、スピードはピュアドライブより打感が柔らかく、スイートスポットが広く、スピン性能が高い」

です。

個別のレビュー記事はこちら↓

☑PURE DRIVE 2021

バボラ ピュアドライブ 2021 インプレ 評価 感想レビュー
「バボラ ピュアドライブ2021(Babolat Pure Drive 2021)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑SPEED MP 2022

ヘッド スピード MP 2022 インプレ 評価 感想レビュー 神ラケ
「ヘッド スピード MP 2022」(HEAD SPEED MP 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

 

バボラ ピュアドライブ 2021とヘッド スピード MP 2022のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

ピュアドライブ2021スペックスピードMP2022
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
23-26㎜フレーム厚23㎜
16×19ストリングパターン16×19

2本とも100平方インチ/300g/バランス320㎜の黄金スペック系ラケット。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高い。

最大フレーム厚はピュアドライブが厚めの26㎜に対し、スピードは少し薄めの23㎜となっています。

バボラ ピュアドライブ 2021とヘッド スピード MP 2022の使用感の違いを解説

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

ピュアドライブ7.5/10
スピード MP8~8.5/10

スピードはガットのたわみがわかりやすい、かなり柔らかく軽めの打感。

スイートスポットが広めでミスヒットした時の硬さや飛ばなさを感じにくいです。

ソフト。

ピュアドライブはスピードと比べるとちょい硬いですが、ラケット全体で見れば「やや柔らかめ」くらいだと思います。

ボールの飛びの良さ

ピュアドライブ8/10
スピード MP8/10

反発力はどちらも強く、ボールの飛びは良好。

飛びを抑えたい方には向いてないですが、ラクに飛ばしたいなら良いですね。

十分な反発力。

球速はピュアドライブの方が出しやすい印象。

【軌道について】

ピュアドライブ⇒やや軌道低めの直球が打ちやすい

スピード⇒安定して中軌道のスピンボールが打ちやすい

割と差がある。

回転のかけやすさ

ピュアドライブ7.5/10
スピード MP8.5/10

スピードはガットがボールに引っ掛かる感触が強く、結構ガッツリ回転がかかる。

急降下してハネるスピンショットが打ちやすいと思います。

優秀な回転量。

ピュアドライブは自然な回転量のフラットドライブが最も打ちやすいです。

【スライスに関して】

スピード⇒ばっちり回転がかかり、打球の変化が大きい。

軌道は自然と上がりやすく、中~高軌道になりやすいです。

ピュアドライブ⇒標準的な回転のかかり具合。

中軌道系のショットになりやすい印象です。

回転系のショットはスピードの方が得意だと思う。

ボールコントロール性能

ピュアドライブ7.5/10
スピード MP7.5/10

ボールコントロール性能はどちらも標準的。

どちらも飛びの良いラケットなので超ボールコントロールしやすいって感じではないですが、ある程度は狙った所に打てると思います。

操作性&取り回しの良さ

ピュアドライブ8/10
スピード MP8/10

どちらも標準的なスペックなので、違和感ナシ。

ストローク

ピュアドライブ⇒低~中軌道の爆速フラットドライブをぶち抜くのが超気持ち良い。

一般的な筋力の方で力強いフラットドライブを相手コートに叩き込みたい場合にはまず間違いないラケットですね。

面の安定性も素晴らしく、剛速球や高速サーブが飛んできても打ち負けずに強烈なカウンターショットやリターンが打てるのも良い所。

スピード⇒ガットのたわむ柔らかさを感じつつ、安定して中軌道のスピンボールを展開できる。

良く飛ぶ一方で、回転のかかりが良いのでアウトしにくい印象です。

ソフトで反発力と回転性能が良く、おまけにスイートスポットも広めでミスりにくい。

だいぶ使いやすい。

  • ボールスピードの出しやすさと打ち負けにくさがウリのピュアドライブ
  • 打感の柔らかさとスピン性能が魅力のスピード

といった感じです。

【守備に関して】

ピュアドラもスピードもボールの飛びが良好なので、返球が楽。

ギリギリ触れたようなボールでもちゃんと相手コートに返ってくれます。

安心感がある。

ボレー

ピュアドライブ⇒強打にブレない面の安定性とパワーのおかげで簡単。

かといって飛び過ぎることもなく、バランスの良さを感じました。

最高レベルで使いやすい。

ボレースキルを1段階も2段階も引き上げてくれる。

スピード⇒ボレーは若干ボールが浮きやすい印象。

ただ、打感が柔らかい&面ブレしにくい&飛びも良好といったことから、ラクにプレーできる部類だと思います。

まあまあ。

サーブ

★ピュアドライブ

フラットサーブ⇒スピード、コントロール、収まりの良さの3点ともに非常に満足。

フラット系のサーブが好きな人には向いていると思います。

サーブスピードが上がりやすい。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒打球の変化量はそこそこ。

そんなにガッツリ曲がったりハネたりする感じではないですね。

★スピード

フラットサーブ⇒フルスイングすると飛びすぎるけど、8割位の力で打てば十分サービスエリア内に収まり、スピードも出やすい。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転のかかりはかなり強い。

スライスサーブは良く曲がり、スピンサーブはハネやすいです。

回転系サーブが得意。

ピュアドライブがフラット系サーブ、スピードが回転系サーブを得意としている印象です。

まとめ:パワフルフラットドライブが打ちやすいピュアドラ、柔らかスピン系のスピード

本記事ではバボラのピュアドライブ2021とヘッドのスピードMP2022を比較してきました。

バボラとヘッドの主力対決!

飛びが良い点は共通している。

球速&打ち負けにくさ&ボレーのしやすさ重視⇒ピュアドライブ

打感の柔らかさ&スイートスポットの広さ&スピン性能重視⇒スピード

といった風に選ぶと良いと思います。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました