Yonex Vcore Pro 100 2019 インプレ 評価 感想レビュー【しばける100インチ】

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回はヨネックスのコントロール系ラケット「Yonex Vcore Pro 100 2019」(ヨネックス ブイコアプロ 100 2019)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「高いコントロール性能としなり感が心地よい中級~中上級者向けフラットドライブ系ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

スポンサーリンク

Yonex Vcore Pro 100 2019のスペック

Yonex Vcore Pro 100 2019

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚21㎜
ストリングパターン16×19

100インチ/300g/バランス320㎜のいわゆる黄金スペックモデルですが、フレーム厚は結構薄めの21㎜。

フレームの「しなり」を感じやすい薄ラケです。

しなり系はボールとガットの接地時間が長く感じられ、ボールコントロールがしやすい傾向にある。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

Yonex Vcore Proシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑スタン・ワウリンカ(世界最高ランク3位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yonex Tennis(@yonex_tennis)がシェアした投稿

フランシス・ティアフォー(世界ランク最高29位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yonex Tennis(@yonex_tennis)がシェアした投稿

テクノロジー/予備知識

NAMD(エヌアムド)強靭なしなりとしなりからの復元力を実現する新次元カーボン。

シャフト部に搭載することでパワーとスピン性能をアップ。

アイソメトリックフレーム形状を四角っぽくすることで従来のラケットよりスイートスポットを7%拡大するヨネックス独自の技術。
VDMメッシュ状の特殊な振動吸収材。

グリップ部に内蔵されていることにより、衝撃値を11%削減することに成功。

Yonex Vcore Pro 100 2019のデザイン

マットグリーン×ゴールドの高級感溢れるデザイン。

超カッケー!

たまらん!

フレーム厚21㎜なので、かなり薄い見た目。

Yonex Vcore Pro 100 2019のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。

打感の柔らかさ: 7/10

硬すぎず柔らかすぎずな印象。

スイートスポットで打てたときと外した時の柔らかさの違いが大きいタイプです。

面のどこで打っているかの情報が手に伝わってきやすい。

速いスイングで打つとしなりも感じる。

ボールの飛びの良さ: 7.5/10

パワーアシストはちょっとだけ強め。

当てるだけでラクラク飛ぶということはないですが、振り切って打つと打球に威力が乗ってくれます。

フレーム厚21㎜の薄ラケにしては結構飛んでくれる。

スピンのかけやすさ: 7.5/10

スピン量は標準的な印象。

ごく自然な回転量のフラットドライブが主になりますね。

【スライスに関して】

浮かずに良く滑る低軌道のスライスが打ちやすいです。

コントロール性能: 8.5/10

ボールコントロール性能は100インチのラケットの中ではトップクラスの高さ。

フレームのしなりによってガットがボールを掴むホールド感が強く、飛距離やコースの調整が割と楽に出来ます。

さすがコントロール特化のブイコアプロシリーズ。

操作性&取り回しの良さ: 8.5/10

フレームやシャフトが薄めの設計なので、一般的な黄金スペック(100インチ/300g/バランス320㎜)より空気抵抗が少なく快適な振り心地です。

ストローク

しなりによるコントロール性能の高さと若干のパワーアシストによってガッツリボールをしばいて剛速球のフラットドライブが打てる\(^_^)/

パワーロスが少なくフルスイングした時の力が全てボールに伝わり、バウンド後の伸びが最高で、しかもきっちりコート内に収まってくれます。

元々パワフルな人には若干のパワーアシストが邪魔かもだけど、一般的な筋力の人でラケットの力も借りつつ超スピードの打球を打ちたいなら間違いない。

175㎝/60キロであまりパワフルではない私からすると、しっかり打てばノータッチエースが取れる爽快感が感じられてかなり合っていると思いました。

ただ、パワー&スピンアシストが超強いってことはないので、楽にパワースピンショットを飛ばしたい初中級者にはそんなに向いていないですね。

【守備に関して】

走らされた際のボールの処理のしやすさは簡単でも難しくもなく至って標準的な印象です。

ボレー

飛びすぎず飛ばなすぎずのパワー感かつ、ボールコントロール性能が高いので、比較的ボレーはやりやすい。

パワー系ラケットのように当てるだけで超ラクに返る訳ではないものの、中級以上の方なら違和感ないと思います。

スイートスポットを外すと少し硬さはあるけど、ちゃんと返るし意図せぬアウトも少ない。

サーブ

フラットサーブ⇒やはりコントロール性能とバウンド後の伸びがトップクラス。

バウンド後に足元でグッと伸びるので、相手を苦しめられます。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒バウンド後の変化はまずまずな印象。

しっかりラケットを振って高速サーブを叩き込みたい人向け!

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ヨネックス ブイコアプロ 97 2019

兄弟機種。

ブイコアプロ100よりパワーが抑えめですが、その分コントロール性能は最高クラスで、バウンド後のボールの伸びも素晴らしいです。

パワーに自信があるなら100より97の方がいいかな。

ヨネックス ブイコアプロ 97 2019 インプレ 評価 感想レビュー【ワウリンカモデル】
「Yonex Vcore Pro 97 2019」(ヨネックス ブイコア プロ 97 2019)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス イーゾーン 100 2020

ヨネックスの超人気パワースピンラケット。

ブイコアプロ100のコントロール性能をパワーに振り分けたようなモデルで、とにかく打感が柔らかく、楽にボールが飛ばせます。

コントロール寄りのブイコアプロ100と、パワー寄りのイーゾーン100という感じ。

Yonex Ezone 100 2020 インプレ 評価 感想レビュー【広大なスイートスポット】
「Yonex Ezone 100 2020」(ヨネックス イーゾーン100 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス ブイコア 100 2021

ヨネックスのスピン特化型ラケット。

柔らかな打感を感じつつグリグリスピンを打って相手を翻弄したいならこちらの方が向いていると思います。

打球が曲がり、ハネ、落ちる\(^_^)/

Yonex Vcore 100 2021 インプレ 評価 感想レビュー【柔らか超スピン】
「Yonex Vcore 100 2021」(ヨネックス ブイコア100 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

Yonex Vcore Pro 100 2019はこんな人におすすめ

  • コントロールとパワーのバランスの良さを重視する人
  • フラットドライブ系プレーヤー
  • しなり感のあるラケットが好きな人

こんな人には向いてない

  • グリグリスピンを打ちたい人
  • 楽にパワースピンショットを飛ばしたい人

まとめ:がっつりしばいて伸びのある剛速球が打てる100インチ

本記事では「Yonex Vcore Pro 100 2019」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

しなり感、高いコントロール性能、薄ラケにしてはやや強めのパワーアシストが特徴的なラケット!

しなりを感じつつ剛速球を叩き込みたいけど、パワーアシストもちゃんとあるラケットが欲しい中級~中上級者には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました