ヤニック・シナーのプレースタイルは?スキーが得意?プロフィールと共に紹介

プロのプレースタイル、プロフィール情報

今回はイタリアの新星テニス選手、ヤニック・シナー[ヤニク・シンネル](Jannik Sinner)のプレースタイルを、プロフィールと共に紹介していきます。

スポンサーリンク

ヤニック・シナーのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jannik Sinner(@janniksin)がシェアした投稿

生年月日2001年8月16日
出身イタリア
身長188cm
体重76キロ
利き腕右利き、バックハンド両手打ち
ツアー優勝回数2回
コーチRiccardo Piatti, Andrea Volpini
話せる言語イタリア語、英語、ドイツ語
好きなショット、コートバックハンド、ハードコート
好きなトーナメント全米オープン、ローマで行われる大会
好きなテレビ、アーティストプリズンブレイク、エミネム
長所だと思っている事常に冷静でいられること

シナーは父親の影響で7歳からテニスを始めました。

また、8歳から12歳の間までイタリアのスキーのジュニアチャンピオンだったらしく、かなりの運動神経の持ち主であるという事がわかります。

彼がテニスで頭角を現したのは若手選手の登竜門的な位置づけのNextGenツアーファイナル(2019)

この時優勝候補だったデミノーを破って優勝したので、大型新人として注目されました。

NextGenツアーファイナルの時にはデミノー以外にもティアフォーやイマーケツマノビッチを倒した👏

自分の長所が「常に冷静でいられること」っていうのが若手選手らしくなくて良いですね。

実際彼の試合を見るとわかりますが、かなり冷静です(笑)

あまりボールを打つときに声を出さないし、ポイントを決めてもガッツポーズだけ、ということもしばしばあり、ゴファンにちょっと似たタイプだと思いました。

外見はベルディヒに似ていると話題w

19歳にして既に250大会を2勝し全仏でもベスト8入りしているので、彼が今後世界1位になる可能性は非常に高いと言えるでしょう。

ヤニック・シナーのプレースタイル

プロフィールに続いて、次はシナーのプレースタイルをまとめていきます。

リターンとバックハンドが武器のカウンターパンチャースタイル

シナーは主にカウンターを軸にしたプレースタイルで戦います。

強力なリターンとバックハンドが武器で、相手が攻めてきたところを返り討ちにするのが得意。

ジョコビッチに似たタイプと言えますね。(体格も似ている)

身長もそこそこありサーブも素晴らしく、フットワークも軽快で穴がない感じ。

メンタルも落ち着いているので相手としては隙を見つけるのが難しい相手だと思います。

NextGenツアーファイナル決勝でのデミノーとの打ち合いはかなり見ごたえがありました↓

Jannik Sinner defeats Alex de Minaur for Milan Title | Next Gen ATP Finals Final Highlights

 

能力値表

メンタル8/10
サーブ8/10
リターン9/10
フォアハンド8/10
バックハンド9/10
ボレー8/10
フットワーク8/10

リターン、バックハンドは高評価にしておきました。

今後その他の分野がどのくらい上がっていくかに注目したいと思います。

というわけで以上、ヤニック・シナーのプロフィール、プレースタイル、スタッツ紹介でした。

シナーの使用ラケットなどはこちらの記事にまとめてあります↓

ヤニク・シンネル(ヤニック・シナー)のラケットは?ガットやシューズ、ウェアもまとめて紹介
ヤニク・シンネル[ヤニック・シナー、シーネル]のラケット、シューズ、ウェア、ラケットバッグを紹介していきます。
主な男子の人気選手一覧

 

タイトルとURLをコピーしました