スピン系テニスラケットの3つのメリット・3つのデメリットまとめ 試合で勝ちやすい

テニスの基礎知識

 

スピン系テニスラケットってすごい人気があるけど自分にも使いこなせるかな?

メリット・デメリットを教えて。

今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、スピン系テニスラケットのメリット・デメリットを解説していきます。

☑筆者の経歴

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数計100本越え

本記事の内容

  1. スピン系テニスラケットの3つのメリット・3つのデメリットまとめ
  2. 向いているプレイヤー、向いていないプレイヤーを解説
  3. 楽にグリグリスピンが打てる回転系ラケットを紹介

テニス歴20年、ラケット試打&購入数100本超えの経験をもとに詳しく書いていくので、

  • スピン系ラケットの特徴・メリット・デメリットを知りたい方
  • 使う価値があるのかどうか気になる方
  • スピンをかけやすいラケットを知りたい方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「精巧なボールコントロールは難しいけど、急降下して高く跳ねる打球が打ちやすく、アマチュアレベルでは試合で勝ちやすくなる」

です。

では、早速解説していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

スピン系テニスラケットの3つのメリット・3つのデメリット

スピン系ラケットを20本以上打ってみた中で感じたメリット・デメリットをまとめていきます。

メリット①相手からミスを多く引き出せる

スピン系ラケットはガットがボールに引っ掛かりやすくて回転が非常によくかかるので、打球の変化が激しめ。

ボールが急降下して高く跳ね、時に大きく曲がることさえあるグリグリスピンになるので、打たれた側はかなり返球が難しく、ミスになりやすいです。

ガチの競技者だとスピン対策も出来てるから効きにくくはなるけど、週末プレーヤー、アマチュアプレーヤーレベルなら十分有効。

バックハンドの高い打点で打たせるようにすると効果絶大。

特に1セットマッチの試合で相手がグリグリスピンに慣れていない場合だと、打球の変化に対応される前に大幅なリードを取れるのは割とよくあることだと思います。

メリット②バックアウトしにくい

スピンが効いてベースライン際でグンと落ちてくれるので、バックアウトミスが減る◎

きちんと回転をかけるスイングをしつつ、ネットミスを気を付けていれば不本意な失点に繋がりにくいです。

相手からは沢山ミスを引き出せて、なおかつこっちのミスは減らせる。

メリット③ボールが飛びやすいモデルが多い

基本的にスピン特化型ラケットのコンセプトは

楽にボールを飛ばし、スピン回転を効かせてコート内に収める

といったものが多く、あまり頑張って打たなくても打球を飛ばせる◎

あまりパワーのないプレーヤーやガンガンしばいていくのがキツイ方でも軽快にスピンショットを飛ばせるので、扱いやすさを感じやすいと思います。

ギリギリ届いたボールがなんとか相手コートに返ってくれたりするから、守備がしやすい。

デメリット①ボールコントロール性能は低い

回転をかける性能に特化していることに加え、ボールの飛びが強いので、打球を狙った場所に打ち込むのは苦手なラケットが多い。

中には飛び控えめな”コントロール系スピンラケット”もありますが、基本的にはラケットを後ろから前に押し込むようにして打つフラット系のスイングだと、ボールが飛びすぎてアウトしやすいです。

この点は仕方ないですな。

なんにでもメリットとデメリットはある。

ボールコントロールしやすい飛び控えめなフラットドライブ系ラケットは以下記事にまとめてます↓(中上級~上級者向け)

2021 おすすめのコントロール系テニスラケットランキングトップ5 ハードヒッター向け
ハードヒッターに向いているおすすめのボールコントロールがしやすい人気テニスラケットを5本ランキング形式で実際の使用感と共に紹介していきます。

デメリット②疲れやすい

下から上に向かってボールをこするようにして回転をかけて打つ場合、普通に打つの比べて疲れやすいというデメリットはありますね。

そんなに思い切り打っていかないならそうでもないですが、毎回ゴリゴリに回転をかけてヘビースピンショットで相手を圧倒する!というプレースタイルだと、結構体力が必要です。

あんまりパワーがないけどスピンラケットが使いたいという場合は、後ほど紹介するラクラクスピンラケットを参考にしてくれればOK。

デメリット③中途半端に打つと叩かれる球になる

中途半端なスイングで打つと浅くてバウンド高めの相手にとって絶好の打ちごろボールになることも。

良い打点できっちりスイング出来ていれば先述したように高く弾む打ちにくいショットになりますが、まだ上手くスピンをかけるスイングが出来ない場合はちょっと相性が微妙ですね。

振り切ってこそ良さが出る。

スピン系ラケットはこんな人に向いている

  • グリグリスピンで相手から沢山ミスを引き出したい人
  • 試合を有利に進めたい人
  • ボールを楽に飛ばしたい人

こんな人には向いてない

  • ボールの飛びを抑えたい人
  • コントロール志向な人
  • フラット系プレーヤー

楽にグリグリスピンが打てる回転系ラケットを紹介

100インチ/300g前後の人気のスピン系ラケット5本は以下の記事にランキング形式でまとめているので、気になる方はご覧ください↓

2021 おすすめの人気スピン系ラケットランキングTOP5 回転をかけやすい
本記事ではスピン回転をかけやすいテニスラケットを5種ランキング形式で紹介しています。ボールに強烈なスピン回転をかけたいラケットを探しているスピン重視の方はご覧ください。

また、ランキングには入れていないですが、軽量でボールが良く飛び、回転もバッチリかかるラクラクスピンラケットが3本あるので、ここではそれらを紹介します。

軽いラケットで超カンタンにスピンショットを打ちたい人向け。

ヘッド エクストリーム S 2020

275g/フェイスサイズ105インチのスピン特化型デカラケ。

フェイスが大きい分ガットのマス目が大きく、ボールにガッツリ引っ掛かってスーパースピンが打てるラケットです。

頑張って振らなくても超回転がかかるタイプ。

ガットのたわみがわかりやすいソフトな打感で、ボールの飛びもかなり強く、軽快に軌道高めのグリグリスピンが飛んでいく◎

スイートスポットも広いですし、とてもお手軽なスピンラケットです。

 

╲詳細レビューはコチラ/

 

ヘッド グラビティ S 2021

285g/フェイスサイズ104インチのスピン系デカラケ。

エクストリームSとかなり使用感は近いですが、こちらの方がちょっと重いので、打球の威力も欲しい方におすすめです。

デザインがとってもキレイ。

 

2019年モデルは2021年モデルとカラーが違うだけで性能は全く同じです。(型落ちしたのでお安くなっている。)

 

╲詳細レビューはコチラ/

 

ヨネックス ブイコア 100L 2021

280g/フェイスサイズ100インチのスピン特化ラケット。

エクストリームやグラビティより打感が硬めでスイートスポットも小さいですが、面の大きさは標準的なので振り抜きやすいです。

打感柔らかめなスピン系デカラケが良いならエクストリームorグラビティ、100インチの軽量スピン特化ラケットが良いならブイコア100Lがおすすめ。

反発力はどれも強くラクにボールが飛ぶ。

 

 

╲詳細レビューはコチラ/

 

まとめ:アマチュアプレーヤーならスピンラケットを使ってみる価値は大アリ

今回はスピン系ラケットの3つのメリット、デメリットをまとめてきました。

良い部分、悪い部分はそれぞれありますが、返球しにくいグリグリスピンが簡単に打てるというのはやはり大きなメリットかなと。

アマチュアテニス界において、パワーとスピン量はストローク戦に大きく影響を及ぼす。

一回は試してみる価値があると思う。

様々なラケットの試打した感想などもまとめているので、もっとモデルごとの性能を詳しく知りたい方は覗いてみてください。

おすすめのスピン系ラケットランキング5

スピン系ラケットのインプレ・レビュー記事まとめ

ではでは、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

タイトルとURLをコピーしました