ブイコア100 2021とSX300 2022の違いを徹底比較

ヨネックス

 

ヨネックスのブイコア100 2021とダンロップのSX300 2022ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらも人気のスピン特化ラケットなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. 使用感の違いを解説

結論は、

「両方スピン性能が非常に高く打感がソフト。ただ、ブイコアの方が少しボールが飛びやすく、SX300はブイコアほど飛ばない代わりにボールコントロールしやすい」

です。

個別のレビュー記事はこちら↓

☑VCORE 100 2021

Yonex Vcore 100 2021 インプレ 評価 感想レビュー 柔らか超スピン
「Yonex Vcore 100 2021」(ヨネックス ブイコア100 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑SX300 2022

ダンロップ SX300 2022 インプレ 評価 感想レビュー ハイパースピン
「ダンロップ SX300 2022」(Dunlop SX300 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

3分位で読み終わるよ~。

 

 

 

スポンサーリンク

ヨネックス ブイコア100 2021とダンロップ SX300 2022のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

ブイコア100 2021スペックSX300 2022
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
24-25-22㎜㎜フレーム厚23~26㎜
16×19ストリングパターン16×19

どちらも100インチ/300g/バランス320㎜の黄金スペックモデル。

黄金スペックは最も万人に扱いやすい仕様で人気があり、メーカー各社が特に力を注いでいるスペック。

ヨネックス ブイコア100 2021とダンロップ SX300 2022の使用感の違いを解説

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

ブイコア1008/10
SX3008/10

どちらも柔らかめの打感。

ブイコアはスイートスポットの広めのフレーム形状をしているので、面のどこで打っても割と柔らかさを感じやすく、ミスヒットしにくい。

SXはブイコア以上にホールド感(球持ち感)が強く、ガットとボールの接地時間は長めです。

ハードな硬さは感じにくい。

ボールの飛びの良さ

ブイコア1008/10
SX3007.5~8/10

反発性能はどちらも強く、ボールは良く飛ぶ。

ただ、SX300は球持ちが良い分ブイコアより少し抑えめな飛びの印象です。

【軌道について】

2本とも軌道は自然と上がり、中~高軌道ショットが打ちやすい。

ネットしにくいです。

回転のかけやすさ

ブイコア1009/10
SX3009.5/10

スピン特化ラケットというだけあって、両方強烈なスピン性能を持っている。

SX300の方が食いつきが良いので若干スピン量は多い印象ですが、ブイコアも申し分ない回転性能です。

超回転がかけやすい。

【スライスに関して】

ブイコア100⇒スピン同様にスライスもガッツリ回転がかかり、バウンド後に大きく変化しやすい。

SX300⇒低~中軌道の回転がしっかりかかった伸びていくショットが打ちやすい。

ボールをフェイスに乗せて運んでいく感じがわかりやすく、心地よい打ち心地です。

軌道は若干ブイコアの方が上がりやすい印象。

ボールコントロール性能

ブイコア1007/10
SX3007.5~8/10

ブイコアは飛びの強いスピン特化ラケットなので、細かくコースを狙ってショットを打ち込んでいくのはあまり得意じゃない印象。

一方SX300は球持ちが良くブイコアよりもちょっと飛びが抑えられているので、ボールコントロールは比較的しやすいと思います。

操作性&取り回しの良さ

ブイコア1008/10
SX3008/10

両方とも標準的な重さ/面の大きさ/バランスなので、違和感ナシ。

ストローク

両方とも超回転がかかり、曲がり、急降下する強烈なグリグリスピンを楽に打てる◎

スピン系のショットを打ちたいプレイヤーには申し分ない仕上がりです。

打感も柔らかく、使いやすい。

先述の通り、ブイコアの方が反発力が強くてスイートスポットが広く、SX300は飛びが強いスピン特化系にしてはそこまで反発するタイプではないので、そこに違いがありますね。

飛びの良いスピン系が良いならブイコア、スピンをかけたいけどあまり飛びすぎるのは使いにくいという場合はSX300が良いと思います。

良く飛ぶブイコア、球持ちが良く割とボールコントロールしやすいSX300。

【守備に関して】

反発力はどちらもある方なので、走らされた時のボールの処理はカンタンです。

ボレー

守備同様に、両方とも飛びが良く面の安定性が高くて打ち負けにくいので、だいぶ使いやすい。

少し飛びすぎることもありますが、ちゃんと前の打点でボールを捉えることを意識すればそこまでミスることもないですね。

ボレー苦手な人にも良さそう。

サーブ

★ブイコア100

フラットサーブ⇒ボールコントロールしにくく、バウンド後のノビもボチボチだけどスピードは出やすい。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒かなり曲がるしハネる。

★SX300

フラットサーブ⇒スピードをまあまあ出しやすく、サービスエリアへの収まりが良い。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒かなり曲がるしハネる。

基本的に両方とも回転系サーブは大得意◎

フラットに関してはブイコアの方がスピードが出て、SX300の方が収まりが良い印象。

まとめ:柔らか高反発系のブイコア、ホールド&コントロールのSX300

本記事ではヨネックスのブイコア100 2021とダンロップのSX300 2022を比較してきました。

両方柔らかスピン系だけど、反発力とコントロール性能に違いあり。

スイートスポットが広く、ボールが飛びやすいスピン系が良い⇒ブイコア

強力なスピン性能を持ちつつ、ある程度ボールコントロールしやすいラケットが良い⇒SX300

といった風に選ぶと良いと思います。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました