ヨネックス ブイコアプロ 104 2021 インプレ 評価 感想レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は「Yonex Vcore Pro 104 2021」(ヨネックス ブイコアプロ 104 2021)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「”スイートスポットの広さ”と”デカラケの中ではかなりボールコントロールしやすい点”が特徴的な初中級~中級者向けフラットドライブ系ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

ヨネックス ブイコアプロ 104 2021のスペック

重さ290g
フェイスサイズ104平方インチ
バランスポイント325㎜
フレーム厚22㎜
ストリングパターン16×19

標準的なラケットより少し面が大きく、重量はやや軽めないわゆるデカラケ系のモデル。

ただ、フレームは薄めの22㎜で、27㎜以上のものが多いデカラケの中ではだいぶボールの飛びが抑えられている設計となっています。

基本的にフレームは厚い方がボールが飛びやすく、薄い方が飛びが抑えられて打球をコントロールしやすくなる。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

ブイコアプロシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑スタン・ワウリンカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yonex USA(@yonex_usa)がシェアした投稿

☑フベルト・フルカチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hubert Hurkacz(@hubihurkacz)がシェアした投稿

テクノロジー/予備知識

 

フレックスコンシステムフレーム自体を柔らかくしてしなりやすくし、復元力の強い素材を使ってスイングの力を効率よくボールに伝える設計。
アイソメトリックフレーム形状を四角っぽくすることで従来のラケットよりスイートスポットを7%拡大するヨネックス独自の技術。
VDMメッシュ状の特殊な振動吸収材。

グリップ部に内蔵されていることにより、衝撃値を11%削減することに成功。

ヨネックス ブイコアプロ 104 2021のデザイン

グリーン×パープル×ブラックが組み合わさったデザイン。

フレーム厚22㎜なので、結構薄い見た目です。

ヨネックス ブイコアプロ 104 2021のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。(ガットは「ヨネックス レクシススピード 1.25㎜」を使用しました。)

打感の柔らかさ: 7.5~8/10

やや柔らかめな印象。

フェイスが大きいのでガットがたわむ感触は感じやすいですが、同時にボールの重みも感じやすいので、割としっかりした打ち心地です。

ガットがボールを掴むホールド感(球持ち感)はやや強く、球離れはゆっくり。

軽いラケットはパパン!と弾く球離れの早いものが多いので、それらのラケットとは結構違いがありますね。

ボールの飛びの良さ: 8/10

ボールはラクに飛びますが、ボールが吹っ飛びやすいモデルが多いデカラケの中では、だいぶ抑えめな飛び。

ナイロン1.25㎜を張っていてそう感じたので、ナイロン1.30㎜もしくはポリだとさらに飛ばないと思います。

デカラケの中ではちょっと打ちごたえがあって、飛び控えめな性能。

軌道もそこまで高くは上がらず、中軌道が打ちやすい。

スピンのかけやすさ: 7.5~8/10

普通に打つとフラットドライブ系になり、ガンガンにかけていくと結構変化するスピンショットが打てる。

ブイコアプロはフラットドライブ系のシリーズではあるものの、104に関してはデカラケゆえに他の4機種よりも少しボールに回転がかけやすいです。

自然な回転量のフラットドライブ~回転量多めのフラットドライブ辺りが打ちやすい。

【スライスに関して】

中軌道のスライスが打ちやすいと思います。

コントロール性能: 7.5/10

ボールの飛びが超強くないおかげで、割と振り切って打ってもアウトしにくい印象。

もちろんガンガン振れば飛びすぎますが、290g/104インチのラケットを好んで使いたいプレーヤーの方にとっては、高めのボールコントロール性能を感じられると思います。

回転もかかるから、コート内に収まりやすい。

操作性&取り回しの良さ: 8~8.5/10

軽くて取り回しやすい◎

疲れにくいです。

ブンブン振れる。

ストローク

デカラケ特有の反発力がありつつ、薄ラケ特有のボールコントロール性能の高さもちゃんと感じられる使用感。

先述したように飛ぶけどデカラケの中では飛びすぎず、そこそこボールの収まりが良くてアウトしにくい仕上がりです。

スイートスポット広めでミスヒットになりにくいところが良い。

面の大きいラケットの安心感が欲しいし、それでいてアウトしまくらないのが良いって人にドンピシャだと思う。

ただ、超ラクにボールを飛ばしたい方にはちょっと物足りないパワー感かなと。

ある程度ラケットを振って打ちたい初中級~中級者向けだと思います。

【守備に関して】

面が大きくて反発力も十分あるので、走らされた際のボールの処理は、カンタンです。

ボレー

面大きめで飛びすぎず飛ばなすぎずの丁度良いパワー感。

同シリーズのブイコアプロ97やブイコアプロ100と比べると、フェイスの端っこにボールが当たった時に若干面ブレしやすかな~とは思いますが、それを差し引いても全然使いやすい部類だと思います。

面が大きくてスイートスポットが広いのはボレー時には大正義。

ラク。

サーブ

フラットサーブ⇒めいっぱい打つとちょっとサービスエリア内に収まらないけど、8割位で打てば十分収まる。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒打球の変化は大きめ。

結構きっちり曲がったりハネたりします。

フラットも回転系も中々よろしい。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑ヨネックス ブイコアプロ 100 2021

300g/100インチのブイコアプロシリーズのメイン機種。

104より少し飛びとスピン量が控えめな代わりにボールコントロール性能が高いので、もうちょっとしっかり打っていきたい中級者の方にはこちらをおすすめします。

ボールを飛ばすパワーとコントロール性能のバランスが良い。

筆者的に神ラケ。

ヨネックス ブイコアプロ 100 2021 インプレ 評価 感想レビュー 神ラケ
「Yonex Vcore Pro 100 2021」(ヨネックス ブイコアプロ 100 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス ブイコアプロ 100L 2021

104と飛び、コントロール性能、打感の柔らかさがだいぶ近い軽量モデル(280g)。

スイートスポットの広さやスピン量は104の方が上ですが、面が小さくて軽い分、操作性は100Lの方が良いです。

操作性重視⇒100L

スイートスポットの広さ&スピン量重視⇒104

といった風に選ぶと良いと思う。

ヨネックス ブイコアプロ 100L 2021 インプレ 評価 感想レビュー
「Yonex Vcore Pro 100L 2021」(ヨネックス ブイコアプロ 100L 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド グラビティ S 2021

グリグリスピンが打ちやすい回転特化系デカラケ。(104インチ/285g)

ブイコアプロ104より打感柔らかめ、飛び強めです。

ガッツリ回転がかかったスピンショットを軽快に飛ばすならこっちの方が良い。

ヘッド グラビティ S 2019&2021 インプレ 評価 レビュー
「Head Graphene 360+ Gravity S 2019 2021」(ヘッド グラフィン 360+ グラビティ S 2019 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ヨネックス ブイコアプロ 104 2021はこんな人におすすめ

  • スイートスポット広めが良い人
  • ボールコントロールしやすいデカラケを使いたい人
  • 軽めなラケットが好きな人

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • 超ラクにボールを飛ばせるデカラケを使いたい人
  • パワフルな人

まとめ:デカラケの中では打球の抑えが利くコントロール系モデル

本記事では「Yonex Vcore Pro 104 2021」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

やや柔らかく重みを感じるしっかりした打感とデカラケの中ではボールが飛びすぎないパワー感が特徴のモデル!

スイートスポットの広さがありつつ、ボールコントロール性能高めなデカラケを使いたい初中級~中級者の方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました