プリンス エンブレム 110/120/X105 255g/X115の4機種を比較 2020 2021版

テニスラケットインプレ

 

プリンスの255g以下のデカラケってエンブレム120/110とX115/105の4種類あるけどどれが自分に合うかな?

違いが知りたい!

今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に4機種打ち比べた両方私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. 使用感の違いを解説

結論は、

「打感が超柔らかくボールが良く飛ぶのがエンブレムシリーズ、弾きが良くボールスピードを出しやすくて割とアウトしにくいのがX」

です。

個別のレビュー記事はこちら↓

☑エンブレム120 2020

プリンス エンブレム 120 2020 2021 インプレ 評価 評判レビュー
「プリンス エンブレム 120 2020 2021」(Prince Emblem 120 2020 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑エンブレム110 2020

プリンス エンブレム 110 2020 2021 インプレ 評価 評判レビュー
「プリンス エンブレム 110 2020/2021」(Prince Emblem 110 2020 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑X115 2021

プリンス X115 2021 インプレ 評価 感想レビュー 236g
「プリンス X115 2021」(Prince X115 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑X105 255g 2020

プリンス X105 255g 2020 2021 インプレ 評価 感想レビュー
「プリンス エックス105 255g 2020 2021」(Prince X105 255g 2020 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

プリンス エンブレム 110/120/X105 255g/X115 2020 2021のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

エンブレム120エンブレム110X115X105
フェイスサイズ120110115105
重さ245g255g236g255g
バランス364㎜350㎜365352㎜
フレーム厚30-27.5-2626-28-26㎜30-27.5-24㎜27-25-22㎜
ストリングパターン16×1916×1816×1916×19
パワーレベル15001350
14501155

エンブレム120が一番面が大きく、フレームが厚く、パワーがある設計。

エンブレム110は他より横糸が一本少ない16×18のストリングパターンを採用しています。

基本的にガットの目が粗い方が回転がかかりやすくなる。

X115は圧倒的な軽さ。

X105はこの中では一番パワーレベルが小さく、スペック上は最も飛びを抑えられているラケットです。

プリンス エンブレム 110/120/X105 255g/X115 2020 2021の使用感の違いを解説

次にこれらのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

エンブレム1209~9.5/10
エンブレム1109~9.5/10
X1158/10
X1058.5/10

エンブレムの2つはガットが超たわみ、振動・衝撃も少ないトップクラスの柔らかさ。

Xの2つはエンブレムより振動・衝撃があり、空洞っぽいカンカンした硬く弾く感じがあります。

同じデカラケでもだいぶ差がある。

X115は最も軽いから、それだけダイレクトにボールの衝撃が来る(振動止めの使用を推奨)

ボールの飛びの良さ

エンブレム1209.5/10
エンブレム1108.5~9/10
X1158.5/10
X1058.5/10

一般的なラケットと比べるとどれも飛びは良いですが、特にエンブレム120は圧倒的な反発力。

他の3つはエンブレム120ほどは飛ばないです。

飛び重視なら120一択、そこまで飛ばなくて良いなら他の3つが選択肢に入ってくる。

【軌道について】

4本とも中~高軌道になりやすい。

あまり軌道低めの直球にはならない印象です。

回転のかけやすさ

エンブレム1208~8.5/10
エンブレム1108.5~9/10
X1157.5~8/10
X1057.5/10

回転はエンブレム110が最もかけやすく、次いでエンブレム120。

エンブレム110は自然に打っても回転がかかり、ガンガンに回転をかけるとグリグリスピン系のショットになります。

エンブレム110のみストリングパターンが16×18で回転がかかりやすい設計だから、スピン性能が高さを感じる。

Xはフラットドライブが最も打ちやすい。

【スライスに関して】

エンブレム120/110/X105⇒ゆったりスイングでボールを運べ、中~高軌道のふんわりとしたショットになりやすい。

ラケット自体のパワーだけでボールが飛ぶので、自分から力む必要なしです。

X115⇒低~中軌道辺りのスーッと滑っていくスライスが打ちやすい。

X115が一番軌道低めになる印象。

ボールコントロール性能

エンブレム1206~6.5/10
エンブレム1106.5/10
X1156.5~7/10
X1056.5~7/10

エンブレムは飛びが強いので、ガッツリフルスイングするとアウトしやすい。

ただ、相手の打球に合わせたゆったりスイングでボールを狙った所に運ぶようにして打つと、結構ボールコントロールしやすいです。

スイングスピードの速さによって感じ方が変わる。

ゆるやかなスイングだと使いやすい。

Xはエンブレムより飛びが少し抑えられているので、軽量デカラケの中では比較的しっかり打ってもアウトしにくい部類です。

操作性&取り回しの良さ

エンブレム1209/10
エンブレム1109/10
X1159/10
X1059.5/10

4本とも255g以下なので、超軽い。

X105が最軽量の236gですが、他の3つもトップクラスの操作性があります。

軽いラケットが良いなら間違いない。

ストローク

どれも反発力が強くボールが楽に飛ぶことは共通。

ただ、エンブレム120/110はとても打感がソフトで振動も少なく快適で、X105やX115より飛びが強い。

X105とX115はエンブレムより打感が硬くカンカンしている代わりに、弾きが良くボールスピードが出しやすくて、アウトにもなりにくいです。

特徴をまとめると以下の通り。

エンブレム120⇒超ソフトで飛ぶ

エンブレム110⇒超ソフトで120より飛ばず、回転がよくかかる。

X105⇒エンブレムより硬く飛ばない代わりにスピードが出てアウトしにくい

X115⇒エンブレムよりだいぶ硬く飛ばない代わりにスピードが出てアウトしにくい、超軽い

【守備に関して】

全部軽くて反発力があるラケットなので、当てるだけ返球可能。

守備はカンタンです。

ボレー

エンブレム120/110は非常に打感がソフトで意外と飛びが強すぎず、ボールコントロールしやすい。

ストロークよりもスイングが小さくなり飛びが抑えられる+たわみによる球持ちの良さがあるので、落としたいところにボールを運べます。

スイートスポットが広くて軽いし、最高レベルでラクにボレーが出来る。

X105はちょっと弾きが強いのでアウトしやすいですが、エンブレム同様にスイートスポットが広くてカンタンではある。

X115は軽い所は良いものの、ボールの衝撃がダイレクトに来るので、4本の中では一番使いにくく感じました。

サーブ

フラットサーブ⇒4本ともパワーがあるので目いっぱいフルスイングすると飛びすぎますが、少ない力でもしっかりスピードと飛距離が出る。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒4本ともかなり回転がかかる。

スライスサーブはガッツリ曲がり、スピンサーブは良くハネます。

面が大きいからパワーが出やすく、回転も良くかかる。

まとめ:体に優しいエンブレム、弾きが良く飛びすぎないX

本記事ではを比較してきました。

超軽量デカラケという点は共通しているけど、違いが結構ある。

肘や腕に負担が少ないのはエンブレム、弾きが良くスピードを出しやすいのはX。

おすすめの選び方は以下の通りです。

エンブレム120

⇒超ソフトで超飛ぶラケットを使いたい人、ゆったりスイングでボールを運びたい人

エンブレム110

⇒超ソフトで良く飛ぶラケットを使いたい人、スピン性能を求める人

X105

⇒弾きが良くスピードを出しやすいラケットを使いたい人、デカラケの中ではアウトしにくいラケットが良い人

X115

⇒弾きが良くスピードを出しやすいラケットを使いたい人、デカラケの中ではアウトしにくい超軽量ラケットが良い人

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました