【2022】バボラ ピュアアエロ とダンロップ SX300の違いを徹底比較

テニスラケットインプレ

 

バボラのピュアアエロ2022とダンロップのSX300 2022ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらも人気スピン系ラケットなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. 使用感の違いを解説

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

結論は、

「回転系のショットをコントロールしやすいピュアアエロ、柔らかめの打感で激烈スピンショットを打ちやすいSX300」

です。

個別のレビュー記事はこちら↓

☑PURE AERO 2022

バボラ ピュアアエロ 2022 2023 インプレ 評価 感想レビュー 超人気
「バボラ ピュアアエロ 2022/2023」(Babolat Pure Aero 2022/2023)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑SX300 2022

ダンロップ SX300 2022 インプレ 評価 感想レビュー ハイパースピン
「ダンロップ SX300 2022」(Dunlop SX300 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

スポンサーリンク

【2022】バボラ ピュアアエロ とダンロップ SX300のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

ピュアアエロ2022スペックSX300 2022
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
23~26㎜フレーム厚23~26㎜
16×19ストリングパターン16×19

どちらも100インチ、300g、バランスポイント320㎜のいわゆる”黄金スペック”。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高い。

【2022】バボラ ピュアアエロ とダンロップ SX300の使用感の違いを解説

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

ピュアアエロ20227/10
SX300 20228/10

SX300はかなり柔らかい打感。

もっちりとした打ち心地で、ホールド感(球持ち感)が強く、ガットとボールの接地時間が長めです。

ソフトで球持ちが良い。

ピュアアエロは硬すぎず柔らかすぎずの印象。

ホールド感はSX300同様に強めですね。

SX300の方がたわみがわかりやすく、ソフト。

ボールの飛びの良さ

ピュアアエロ20227.5/10
SX300 20227.5~8/10

SX300の反発性能はやや強め。

ボールは割と飛びやすいですが、後述するようにスピン性能が半端ないので、そこまで飛びすぎない感触です。

しっかり飛んでくれるけど、打球が急降下するから意図せぬアウトが少ない飛び感。

ピュアアエロは飛びすぎず飛ばなすぎず、丁度良い反発力。

2本ともパワフルなラケットが多い100インチ/300gのモデルにしてはぶっ飛びすぎず、適度なパワー感です。

【軌道について】

ピュアアエロ⇒低~中軌道のやや直球気味のショットになりやすい

SX300⇒軌道高めの山なりスピンボールになりやすい

回転のかけやすさ

ピュアアエロ20228~8.5/10
SX300 20229.5/10

スピン性能はSX300が最強クラス。

ガットの目が粗いこともあってか、普通に打っても回転がかかるし、自分からガンガンにかけるスイングで打つと強烈なグリグリスピンが簡単に打てます。

激烈スピン!

ピュアアエロはSX300ほど強烈なスピンという感じではないですが、かけようと思えば十分かかるタイプ。

普通に打つとやや軌道低めのフラットドライブ気味のショットになる一方、ガンガンに回転をかけるスイングで打つと中軌道のグリグリスピンに近いショットになります。

ピュアアエロは回転量の調整がしやすい。

最大回転量の上限はまあまあ高い。

【スライスに関して】

スライスはどちらもしっかり回転がかかったショットになりやすい印象です。

ボールコントロール性能

ピュアアエロ20228~8.5/10
SX300 20227.5~8/10

ピュアアエロは適度な反発力で、球持ちが良く、軌道を抑えやすく、回転のかかりも良いので、意図せぬアウトをしにくく、狙った場所に打ちやすい。

ボールコントロール性能高め。

SX300も球持ちが良くぶっ飛びすぎないパワー感なので、ピュアアエロ程ではないですが、ボールコントロールは比較的しやすいと思います。

操作性&取り回しの良さ

ピュアアエロ20228/10
SX300 20228/10

2本とも標準的なスペックなので、違和感ナシ。

ストローク

★ピュアアエロ

回転量多めの低~中軌道のショットを安定してコントロールしやすい。

ガッツリ回転をかければ打球が曲がりながら急降下して高くハネる。

丁度いい反発力ということもあって、パワー&スピン&コントロールのバランスが素晴らしい印象です。

球持ちも良いからボールに厚く当てて押し込んで打つと、非常にパワフルかつバウンド後にノビるショットが打てる。

そしてアウトしにくい。

★SX300

強烈に回転がかかったグリグリスピンを楽に打てる◎

ソフトで球持ちの良い打ち心地を感じつつ、比較的ボールコントロールしやすい激烈スピン系です。

適度な飛びで回転系ショットをコントロールしやすいピュアアエロと、グリグリスピンが簡単に打てるSX300。

【守備に関して】

どちらも反発力はあるラケットなので、走らされた際のボールの処理はカンタン寄り。

ボレー

★ピュアアエロ

ミスヒットすると硬さがありますが、きちんと打てるとストローク同様に割と球持ちが良く打球を狙った所に落としやすい。

飛びは適度で、面の安定性は高く、打ち負けにくいと思います。

★SX300

ソフトな打感で心地よい打ち心地。

ボールの軌道を浮かせてしまうとアウトすることもありますが、浮かないように意識してさえいれば飛びすぎず飛ばなすぎずの丁度良い飛びでだいぶ使いやすいです。

コントロールしやすいピュアアエロ、柔らかいSX300。

サーブ

★ピュアアエロ

フラットサーブ⇒フルスイングするとやや飛びすぎる感じがするけど、8割位で打つ分にはしっかり収まり、バウンド後のノビも上々。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転系サーブは結構ちゃんと曲がったりハネたりしやすいです。

★SX300

フラットサーブ⇒スピードをまあまあ出しやすく、サービスエリアへの収まりが良い。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒超曲がるしハネる。

意識せずとも自然に打球に回転がかかります。

2本とも回転系サーブが得意。

まとめ:スピン&コントロールのピュアアエロ、柔らか激烈スピンのSX300

本記事ではピュアアエロ2022SX300 2022を比較してきました。

大人気スピン系ラケットの2本。

結構違いがある。

丁度良い飛び感で回転系のショットをコントロールして展開したい⇒ピュアアエロ

超変化するグリグリスピンを打ちやすいソフトな打感のラケットが欲しい⇒SX300

といった風に選ぶと良いと思います。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました