新作情報まとめ プリンス ツアー 100/98/95 2022 2023(PRINCE TOUR)

テニスラケットインプレ

今回は、新作テニスラケットシリーズ「プリンス ツアー 2022(2023)」(Prince Tour 2022/2023)の

  • ラインナップ
  • 各種スペック
  • 使われているテクノロジー

の3つをまとめていきます。

5分で読めるよ。

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計130本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

 

 

 

新作情報 プリンス ツアー 100/98/95(PRINCE TOUR) 2022 2023 スペック テクノロジーまとめ

「スピードスピン」をコンセプトに掲げているプリンスの人気シリーズ「ツアー」に新作の2022年版が登場。

美しいホワイトカラーが特徴的なデザインです。

良いカラー!

ラインナップは以下の通りです。(既に全機種の予約受付が開始中

以前のシリーズとの大きな違いは、

  • デザイン
  • 新スペック「98」の追加
  • 100 O3 310gが305gにスペック変更
  • 新テクノロジー(PVS)の採用

です。

まずはラインナップについて詳しく見ていきましょう。

プリンス ツアー 100 290g 2022

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ290g
バランスポイント325㎜
フレーム厚22-23-20㎜
ストリングパターン16×18
パワーレベル855

ツアーシリーズの主力モデル。

標準よりやや軽いスペックでスイングがしやすく、ストリングパターンは通常の16×19より横糸が1本少ない16×18を採用し、スピン性能も高い設計です。

人気の高いスピン系ラケット。

※パワーレベルとは?

⇒プリンス独自の指標で、数値が小さいほどボールの飛びが控えめでアウトしづらく、大きいほどラクにボールを飛ばせる傾向があります。

 

関連記事>>ツアー 100 290g 2020 インプレ・評価レビュー

プリンス ツアー 100 310g 2022

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ310g
バランスポイント310㎜
フレーム厚22-23-20㎜
ストリングパターン16×18
パワーレベル850

20g重いバージョン。

290gより操作性は落ちますが、ラケット自体の重さによって球威が出しやすいスペックです。

ヘビースピンモデル。

 

関連記事>>ツアー 100 310g 2020 インプレ・評価レビュー

プリンス ツアー 100 O3 290g 2022

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ290g
バランスポイント325㎜
フレーム厚22-23-20㎜
ストリングパターン16×19
パワーレベル875

大きなグロメットが備え付けられたプリンス独自のテクノロジー「O3」バージョンです。

O3は搭載されると通常版(ノーマルタイプ)より

  • 打感がソフトになる
  • スピン性能が上がる
  • スイートスポットが広まる
  • 振り抜きが良くなりスイングスピードが上がる

といった効果がある。

 

関連記事>>ツアー 100 O3 290g 2020 インプレ・評価レビュー

プリンス ツアー 100 O3 305g 2022

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ305g
バランスポイント310㎜
フレーム厚22-23-20㎜
ストリングパターン16×19
パワーレベル870

O3の305gバージョン。

前作は310gだったので、少し軽量にして操作性を高めた設計となっています。

 

関連記事>>ツアー 100 310g O3 2020 インプレ・評価レビュー

プリンス ツアー 98 2022

 

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚23.5-23.5-21㎜
ストリングパターン16×19
パワーレベル800

ツアーシリーズ待望の98インチバージョン。

100インチだと振り抜きや飛びすぎが気になる、だけど95インチは面が小さすぎて難しいという方にピッタリのスペックですね。

パワーレベルは800。

100よりボールの飛びを抑えやすく、狙った所にボールコントロールしやすい設計。

プリンス ツアー 95 2022

 

フェイスサイズ95平方インチ
重さ310g
バランスポイント310㎜
フレーム厚22-22-20㎜
ストリングパターン16×19
パワーレベル750

ツアーシリーズの最上位モデル。

だいぶ面が小さく重い、中上級者ハードヒッター向けのスペックです。

強打した時に剛速球が打てるタイプ。

 

関連記事>>ツアー  95 2020 インプレ・評価レビュー

プリンス ツアー 100 SL 2022

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ270g
バランスポイント342㎜
フレーム厚22-23-20㎜
ストリングパターン16×18
パワーレベル860

270gの軽量バージョン。

振りやすさ重視のプレイヤー向けの1本です。

 

関連記事>>ツアー 100 SL 2020 インプレ・評価レビュー

テクノロジー:PVSを搭載して不快な振動・衝撃を抑え、クリアな打球感を実現

以下のテクノロジーが搭載されています。

テキストリーム×トワロン

PVS

ATS

Xモーフフレーム

ニューオーポート(O3 100 290g、O3 100 310gに搭載)

エクスパンドホール(O3モデル以外に搭載)

2ピーススロート

 

参考:プリンス公式サイト

テキストリーム×トワロン

球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材。

PVS(ピュア・バイブレーション・システム)

新素材の高分子エラストマーをシャフト部からグリップ上部の所に搭載し、ボールヒット時の衝撃と不快な振動を減衰させ、心地よい打球感を生み出す新機能。

筋肉の疲労削減に役立ち、長時間のプレーでも質の高いスイングを可能にする設計です。

振動吸収に優れたシステム。

ATS(アンチ・トルク・システム)

シャフト部とフレームの2時10時部分にテキストリーム×トワロンを配置し、ラケット上部の剛性とボールの推進性、コントロール性能をアップさせる機能。

他のシリーズにも搭載されているプリンスお馴染みのテクノロジーです。

Xモーフフレーム

フレームの内側と外側の厚さを変えることでねじれに対して強くなり、空気抵抗も減少させるテクノロジー。

ニューオーポート(O3)

スイートスポットを広め振り抜きを良くするグロメット。

エクスパンドホール(O3以外に搭載)

大きめのグロメットホールを採用してストリングの可動域を広げ、スイートスポットを拡大するテクノロジー。

2ピーススロート

ボールヒット時の衝撃を減らすパーツ。

インプレ・解説動画

☑ラフィノさん

【Fukky'sインプレ】テニスをもっと楽しく!より快適に!プリンス最新TOURシリーズ全貌公開!!

 

【Fukky'sインプレ】松田美咲プロ登場!!プリンス最新『TOUR』全機種初打ちインプレ!!

 

【Fukky'sインプレ】現役強し!!プリンス最新ラケット『TOUR』シリーズで松田美咲プロとダブルス実践!!

☑ウィンザーさん

本日!そのすべての情報が解禁!Prince TOUR Series!

モデルによってカラーと発売日に違いあり!

先ほども紹介したツイートを見て頂くとわかる通り、モデルによって文字のカラーが違う。

ツアー100はブルー、100 O3はゴールド、98はオレンジ、95はグリーンです。

色とりどり。

発売日⇒2022年の9月、10月、11月

ツアー100(290g/310g)⇒2022年9月

ツアー100 O3(290g/305g)⇒2022年10月

98&95&100SL⇒2022年11月

にそれぞれ発売予定。

既に全機種の予約受付は開始中です。

まとめ:PVSを搭載して振動吸収性をアップ/新スペック98追加

今回は「プリンス ツアー 2022」についてまとめてきました。

PVSを搭載して振動吸収性を高め、心地よい打感を追求した設計となっています。

デザインは各モデルごとに違いがあり、新スペックの98も追加された。

初回入荷分は数に限りがあるので、気になる方はお早めにどうぞ。

というわけで、以上です。

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました