Pure Aero2019とVcore 100 2021の違いを徹底比較 インプレ

テニスラケットインプレ

 

BabolatのPure Aero2019とYonexのVcore 100 2021ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらもスピン特化型の人気ラケットなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. Pure Aero2019とVcore 100 2021の使用感の違いを解説

結論は、

「回転量は同格。ただ打感には違いあり。」

です。

(※個別のインプレ・評価・感想レビュー記事も書いているので、それぞれの特徴などをまだ詳しく知らない方はチェックしてみてください↓)

☑PURE AERO 2019

ピュアアエロ 2019 インプレ 評価 感想レビュー【王道スピンラケット】
Babolat Pure Aero 2019(バボラ ピュアアエロ 2019)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

☑VCORE 100 2021

Yonex Vcore 100 2021 インプレ 評価 感想レビュー【柔らか超スピン】
「Yonex Vcore 100 2021」(ヨネックス ブイコア100 2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

3分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

Pure Aero2019とVcore 100 2021のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

Pure Aero 2019スペックVcore 100 2021
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
30g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
23-26㎜フレーム厚24-25-22㎜
16×19ストリングパターン16×19

どちらも100インチ/300g/バランス320㎜/フレーム厚最大26㎜の完全な黄金スペックモデルですね。

黄金スペックは最も万人に扱いやすい仕様で人気があり、メーカー各社が特に力を注いでいるスペック。

フレーム厚に関しては、ピュアアエロが一般的な黄金スペックと同じ26㎜なのに対し、ブイコアは1㎜薄い25㎜となっています。

Pure Aero2019とVcore 100 2021の使用感の違いを解説【インプレ】

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

ブイコア100>>ピュアアエロ

ブイコアはガットのたわみがわかりやすいソフト系。

ピュアアエロはやや打ちごたえのある打感で、球離れが早いです。

打感の差は結構大きめ。

ボールの飛びの良さ

ピュアアエロ>ブイコア100

反発性能はどちらも強く、ボールはラクに飛んでくれます。

若干アエロの方がパワーアシストが強いかな。

回転のかけやすさ

ピュアアエロ=ブイコア

スピン性能はほぼ互角。

縦スイングで振り切ると、どちらも急激に変化するグリグリスピンが打てます。

ドフラットが1点、フラットドライブが6点、超グリグリスピンが10点だとしたら、両方9点辺りのイメージ。

【スライスに関して】

両方ともスピン同様にバウンド後に大きく変化するスライスが打ちやすいです。

コントロール性能

ブイコア100>ピュアアエロ

どっちもスピン&パワーアシスト強めなので細かなボールコントロールは苦手な印象ですが、ブイコアの方が少し飛びが控えめな分収まりが良いかな~と思います。

両方とも飛びの良さをグリグリスピンでコート内に抑え込んで使うとしっくりくる。

操作性&取り回しの良さ

ピュアアエロ=ブイコア100

どちらも黄金スペックなので、ほぼ同じ操作性だと思います。

ストローク

両方とも打球が曲がる、ハネる、落ちる\(^_^)/

スピンをガッツリかけてストローク戦を優位に運びたい方には2本とも間違いないモデルだと思います。

打球の変化が強烈で打っていてすごい楽しい( ̄▽ ̄)

グリグリスピンは返球しにくいし、実戦で使える。

ただ、先述したように飛びが強くコントロール性能もそんなに高くないので、フラット系で厚く当ててコースを狙っていきたい方には向いていないですね。

【守備に関して】

2本ともパワーアシスト強めなので、走らされた時でも楽に返球可能。

スライスの変化も大きいですし、守備型プレーヤーにも良いと思います。

ボレー

両方ともボールが飛びやすいし、面の安定性もまあまあ高いので、ボレーはやりやすいです。

自分から打っていく際には飛びすぎることもあるので、パワーのある方はきちんとはたいてコート内に沈めていく使い方がおすすめです。

サーブ

両方フラットサーブはどちらも球速は出ますが、コントロール性能とバウンド後の伸びはボチボチ。

一方でスライスサーブは超曲がり、スピンサーブは高くハネます。

ストローク同様にガンガン回転をかける人向け。

まとめ:やや打ちごたえのあるピュアアエロ2019、ソフト系なブイコア100 2021

本記事ではBabolatのPure Aero2019とYonexのVcore 100 2021を比較しつつインプレ・評価・感想レビューを書いてきました。

二つとも超変化するグリグリスピンが打ちやすいモデルだけど、打感に差がある感じね。

やや打ちごたえがあって飛びが強さを重視するならピュアアエロを、ソフトな打感が好きならブイコアをそれぞれおすすめします。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました