ピュアアエロ 2019 インプレ 評価 感想レビュー【王道スピンラケット】

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回はヘビースピンショットを打つことで有名なラファエル・ナダル愛用のBabolat Pure Aero 2019(バボラ ピュアアエロ 2019)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「やや硬めの打感と飛びの良さが特徴的なスピン系ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。


スポンサーリンク

ピュアアエロ 2019のスペック

Babolat Pure Aero 2019

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-26㎜
ストリングパターン16×19
推奨テンション50~59

フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320㎜のいわゆる黄金スペックです。

黄金スペックは多くの人にとって最も扱いやすいスペック。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

ピュアアエロシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑ラファエル・ナダル(世界最高ランキング1位)

☑ジョアンナ・コンタ(世界最高ランキング4位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Johanna Konta(@johannakonta)がシェアした投稿

 

テクノロジー/予備知識

アエロモジュラー3空気抵抗を抑えたフレームを採用し、ヘッドスピードの向上させ、スピン性能を強化。
FSIスピンスイートエリアを従来よりも上部に設定し、マス目の大きいストリングパターンを採用。

ストリングの可動範囲も拡大し、よりスピンがかかるように変更しました。

コアテックス・ピュアフィール高機能な振動吸収材をフェイスの3時と9時に採用し、フィーリングの向上を実現。
カーボン・プライ・スタビライザー高性能カーボンをスロート部に採用し、ショットのコントロール性と安定性を向上。
スポンサーリンク

ピュアアエロ 2019のデザイン

「THE・ピュアアエロ」といった感じのイエローカラー。

スロート部分は結構分厚くてがっしりとした印象があります。

 

スポンサーリンク

ピュアアエロ 2019のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。(ガットは「バボラ RPMブラスト 125」を使用しました。)

打感の柔らかさ: 6.5/10

黄金スペックのラケットの中ではやや硬く、弾き感強めな打感。

ただ硬すぎるということはないので、硬い系が苦手な方でもそれほど気にならないとは思います。

ボールの飛びの良さ: 8.5/10

ボールはかなり飛びます。

特にフラット系で厚く当てると簡単にアウトになりがち。

しっかりと縦スイングで振り切ってスピンをかけることを意識する必要アリです。

スピンのかけやすさ: 9/10

普通に打ってもある程度回転がかかりますし、グリグリスピンもかなり打ちやすいです。

縦スイングでブンブン振り切るとエグく変化する強烈なスピンショットが打てる!

スライスに関しても、相当回転がかかったショットが楽に打てます。

コントロール性能: 6/10

パワーアシスト強めでスピン特化のラケットですので、細かなコントロールは難しめ。

操作性&取り回しの良さ: 8/10

黄金スペックど真ん中のスペック(300g/バランスポイント320㎜)なので、全く違和感なし。

ストローク

ガンガン縦スイングで振り切って軌道高めのエグイスピンショットを打ちまくるのが楽しい\(^o^)/

毎回振り切るのは体力的にはまあまあ大変ですが、バウンド後の伸びが凄くてラリー相手が明らかに返球しにくそうでしたし、ミスも沢山引き出せました。

一方で、弾き感が強い分フラット系でボールをコントロールするのは難しく、全く向いてないと感じました。

フラットはアウトもしやすいし全然ダメ‥‥。

あくまでしっかり縦スイングで振っていきたいスピナー向けモデルだと思う。

【守備に関して】

パワーアシストのおかげで、ボールに触れさえすれば楽に相手コートの後方に返球可能。

バックハンドスライスも打ちやすいですし、粘りやすいと思います。

ボレー

面さえちゃんと作っておけばラケットがボールを弾いてくれてラク。

フェイスサイズも大きめだし、ボレーが苦手な人にも扱いやすいはず。

ストローク同様にアウトにもなりやすいので、パワーのある方はボールをはたいてコート内に沈めるイメージで打つと良いと思います。

サーブ

フラットはちょっとオーバーパワーで収まりにくく感じました。

ただ回転のかかりやすさはやっぱり最高で、スピンサーブ、スライスサーブ共にかなり変化します。

曲がるスライスサーブや跳ねるスピンサーブが武器の方にはおすすめ。

類似・競合ラケット

☑Babolat Pure Drive 2021

バボラのパワー系ラケット。

アエロよりスピン量と飛びが抑えられているかわりに、ホールド感がありコントロールが効きやすいです。

【バボラ】ピュアドライブ 2021 インプレ 評価 感想レビュー【コントロール性能UP】
「バボラ ピュアドライブ2021(Babolat Pure Drive 2021)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑Yonex Vcore 100 2018

黄金スペック&スピン特化のラケット。

アエロより少し打感が柔らかく、飛びとスピン量は控えめです。

Yonex Vcore 100 2018 インプレ 評価 感想レビュー【高軌道スピン】
「Yonex vcore 100 2018」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑Head Graphene 360+ Extreme MP 2020

5㎜ほど重心がヘッド寄りのトップヘビーなスピン特化ラケット。

アエロと同程度のスピン量を誇り、打感は柔らかく、飛びは抑えめです。

ヘッド グラフィン 360+ エクストリーム MP 2020 インプレ 評価 感想レビュー【スピンマシーン】
「ヘッド グラフィン360+ エクストリーム MP 2020(Head Graphene 360+ Extreme MP 2020)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ピュアアエロ 2019はこんな人におすすめ

  • グリグリスピンを打ちたい人
  • 楽にボールを飛ばしたい人
  • 回転のかかったサーブを打ちたい人

こんな人には向いてない

  • フラット系のショットを打ちたい人
  • スピンよりもコントロール重視な人

まとめ:エグイスピンを打ちたいなら間違いないラケット

本記事では「Babolat Pure Aero 2019」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

強烈な回転がかかるスピン特化型ラケット!

スピンショットで相手を圧倒したい方にはとても向いているラケットなので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

タイトルとURLをコピーしました