バボラ ピュアドライブ2021とウィルソン ウルトラ100 V4.0 2022の違いを徹底比較

テニスラケットインプレ

 

バボラのピュアドライブ2021とウィルソンのウルトラ100 V4.0ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

バボラとウィルソンの超人気ラケットなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. 使用感の違いを解説

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

結論は、

「ピュアドライブの方がボールを飛ばすパワーが強くスピードも出る、ウルトラの方が打感が柔らかく、ホールド感が強く、ボールコントロールしやすい。
面の安定性の高さは両方とも最高レベル」

です。

個別のレビュー記事はこちら↓

☑PURE DRIVE 2021

バボラ ピュアドライブ 2021 インプレ 評価 感想レビュー
「バボラ ピュアドライブ2021(Babolat Pure Drive 2021)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ULTRA 100 V4.0 2022

ウィルソン ウルトラ 100 V4.0 2022 2023 インプレ 評価 レビュー ソフト&ホールド
「ウィルソン ウルトラ 100 V4.0 2022/2023(WILSON ULTRA 100 V4.0 2022/2023)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

スポンサーリンク

バボラ ピュアドライブ2021とウィルソン ウルトラ100 V4.0 2022のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

ピュアドライブ2021スペックウルトラ100 V4.0
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
23~26㎜フレーム厚24-26.5-24㎜
16×19ストリングパターン16×19

両方とも100インチ/300g/バランス320㎜のいわゆる”黄金スペック”モデル。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高い。

バボラ ピュアドライブ2021とウィルソン ウルトラ100 V4.0 2022の使用感の違いを解説

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

ピュアドライブ7.5/10
ウルトラ8~8.5/10

ウルトラはガットのたわむ柔らかさを感じやすい。

たわみによりボールをしっかりとホールドする感触が強いので、球離れはゆっくりめです。

良くたわむ。

ピュアドライブはウルトラより硬いですが、ラケット全体で見れば「やや柔らかめ」くらいの印象。

ピュアドライブもウルトラほどではないものの、弾きが強いモデルが多いパワー系ラケットにしては少し球持ちは感じられると思います。

ウルトラのホールド感は強力。

ボールの飛びの良さ

ピュアドライブ8/10
ウルトラ7.5/10

ボールの飛びは明らかにピュアドライブの方が強い。

スカッと爆速のフラットドライブが飛んでいきます。

圧倒的パワー。

ウルトラはフレーム厚めのパワー系にしてはやや飛び抑えめで、飛びすぎず飛ばなすぎず丁度良い反発力。

ピュアドライブより飛ばずボールスピードも出ないですが、適度な飛び感でアウトしにくいです。

パワフルなピュアドラ、適度なパワーのウルトラ。

【軌道について】

打球の軌道は両方ともやや低めになりやすいです。

あまり不用意に高く上がったりしない。

回転のかけやすさ

ピュアドライブ7.5/10
ウルトラ7~7.5/10

スピン性能はどちらも標準的。

自然な回転量のフラットドライブが最も打ちやすいです。

【スライスに関して】

★ピュアドライブ

スライスもスピン同様に標準的なかかり具合。

中軌道系のショットになりやすい印象です。

★ウルトラ

スライスは低~中軌道の丁度良い飛距離のショットになりやすい。

ボールをラケットのフェイスに乗せて運べる感触が強いです。

球持ちの良さによる「ノリ感」が心地良い。

ボールコントロール性能

ピュアドライブ7.5/10
ウルトラ8~8.5/10

ウルトラは打球を狙った所に打ち込むコントロール性能はかなり高い。

ホールド感が強く、適度な反発力で、打球もやや軌道低めになりやすいので、安定してコースを狙いやすいです。

かなり良い。

ピュアドライブもぶっ飛びすぎて制御不能なラケットが多いパワー系にしては割とコントロールしやすいですが、ウルトラには負けますね。

コントロール重視なら確実にウルトラが向いている。

操作性&取り回しの良さ

ピュアドライブ8/10
ウルトラ8/10

2本とも標準的なスペックなので、特に違和感なし。

ストローク

★ピュアドライブ

低~中軌道辺りの爆速フラットドライブをぶち抜くのが超気持ち良い\(^o^)/

力強いフラットドライブを相手コートに叩き込みたい場合にはまず間違いないラケットですね。

面の安定性も素晴らしく、剛速球や高速サーブが飛んできても打ち負けずに強烈なカウンターショットやリターンが打てるのも良い所。

★ウルトラ

ガットのたわむ柔らかさと球持ちの良さを感じつつ、ミスらず安定して軌道低めのフラットドライブをコントロールして展開できる。

また、ピュアドライブ同様にフレームが厚くてしっかりしたボディなので、相手の打球に押される/打ち負けるといったことはほぼなく、”面の安定感の高さ”も光る一本です。

「ソフトさ」「球持ちの良さ」「ボールコントロールのしやすさ」「面の安定感」が持ち味。

ピュアドライブ⇒ボールを飛ばすパワーが強く、高速ショットを展開できる

ウルトラ⇒打感がソフトでボールコントロールしやすい

といった違いがあります。

面の安定性は2本とも最強クラス。

【守備に関して】

どちらも反発力はちゃんとあり、打ち負けにくいので、走らされた際のボールの処理は、カンタン。

ボレー

両方とも強打にブレない面の安定性と、飛びすぎず飛ばなすぎず丁度良いパワー感でカンタン。

最高レベルで使いやすい。

ボレースキルを1段階も2段階も引き上げてくれる。

違いは、ピュアドライブがやや弾きが良くスパーンと速球を返しやすいのに対し、ウルトラがガッツリたわむ柔らかさ、ホールド感を感じやすいという点。

弾いて飛ばしたいならピュアドライブ、球持ちの良さを感じたいならウルトラが良いと思います。

サーブ

★フラットサーブ

ピュアドライブはストローク同様にかなりスピードを出しやすく、サービスエリア内への収まりもまあまあ良い感触。

ウルトラはピュアドライブよりスピードは出ない印象ですが、かなり収まりが良く、フォルトしにくい。

コースも狙いやすいですね。

サーブに関しても、パワー&スピードのピュアドラ、ホールド&コントロールのウルトラという感じ。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転系サーブの変化は2本ともそこそこといったところ。

自分でかけた分だけ曲がったりハネたりする印象です。

両方ともフラット系のサーブが得意だと思う。

まとめ:パワフルなピュアドライブ、たわみ&コントロールのウルトラ

本記事ではバボラのピュアドライブ2021とウィルソンのウルトラ100 V4.0を比較してきました。

バボラとウィルソンを代表するパワー系の2本。

面の安定性の高さは同格だけど、それ以外の使用感はだいぶ違う。

パワフルかつスピーディなフラットドライブを相手コートに叩き込みたい⇒ピュアドライブ

ガットのたわむ柔らかさとホールド感を感じつつ、フラットドライブをコントロールして展開したい⇒ウルトラ

といった風に選ぶと良いと思います。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました