バボラ ピュアドライブ2021とウィルソン ウルトラ100 2020の違いを徹底比較【インプレ】

ウィルソン

 

バボラのPure Drive2021とウィルソンのUltra 100 V3.0 2020ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらも似たスペックを持つ超人気ラケット同士なので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. ピュアドライブ2021とウルトラ100 2020の使用感の違いを解説

結論は、

「ショットのコントロール重視ならピュアドライブ、打感の柔らかさ重視ならウルトラ100」

です。

(※個別のインプレ・評価・感想レビュー記事も書いているので、それぞれの特徴などをまだ詳しく知らない方はチェックしてみてください↓)

☑Babolat Pure Drive 2021

【バボラ】ピュアドライブ 2021 インプレ 評価 感想レビュー【コントロール性能UP】
「バボラ ピュアドライブ2021(Babolat Pure Drive 2021)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑Wilson Ultra 100 2020

ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020 インプレ 評価 感想レビュー【たわみ感最高】
「Wilson Ultra 100 V3.0 2020」(ウィルソン ウルトラ 100 V3.0 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、細かくかみ砕いて双方を解説していきますね。

3分位で読み終わるよ~。

スポンサーリンク

バボラ ピュアドライブ2021とウィルソン ウルトラ100 2020のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

ピュアドライブ2021スペックウルトラ100 V3.0 2020
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
23-26㎜フレーム厚24-26-23㎜
16×19ストリングパターン16×19

どちらも100インチ/300g/バランス320㎜/フレーム厚最大26㎜の完全な黄金スペックモデルですね。

黄金スペックは最も万人に扱いやすい仕様で人気があり、メーカー各社が特に力を注いでいるスペック。

バボラ ピュアドライブ2021とウィルソン ウルトラ100 2020の使用感の違いを解説【インプレ】

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

ウルトラ100 2020>>ピュアドライブ2021

ウルトラはトップクラスのガットのたわみ量を誇るので、超ソフトです。

ウルトラシリーズはガットのたわみ量を増やすためにフレームの6時部分にクラッシュゾーンという特殊なパーツを搭載している。

ピュアドライブもやや柔らかい部類で、ある程度ガットがボールを掴むホールド感も感じられます。

ボールの飛びの良さ

ピュアドライブ2021>ウルトラ100 2020

フレーム厚26㎜の黄金スペックはボールを吹っ飛ばしやすいモデルが多いですが、この2本はそれらと比較するとやや控えめの反発性能で、抑えが利きやすいです。

ラケット全般で見ればよく飛ぶけど、ボールが飛びやすい”パワー系ラケット”というくくりの中では飛び過ぎないタイプ。

回転のかけやすさ

ピュアドライブ2021>ウルトラ100 2020

スピン量はどちらもマイルドにかかり、極々自然なフラットドライブを打ちやすい印象。

強烈に回転がかかるとか、逆に全く回転が掛からないってことはないですね。

【スライス】

スライスはピュアドライブは若干浮きやすく、ウルトラは軌道低めが打ちやすかったです。

コントロール性能

ピュアドライブ 2021>ウルトラ100 2020

ピュアドラはホールド感が以前のモデルよりも増したので、パワー系ラケットの中ではショットのコントロール性能が比較的高め。

ウルトラも飛び過ぎることはないですが、細かくコースを狙う際に若干イメージとズレることがあるので、ピュアドラの方が少し上かと思います。

操作性&取り回しの良さ

ピュアドライブ2021=ウルトラ100 2020

どちらも黄金スペックなので、操作性に差はほぼありません。

一般的な筋力の方なら普通に扱えると思います。

ストローク

ピュアドライブはフラットドライブ系かつ低~中軌道のパワーショットが打ちやすいです。

面の安定性は最強レベルであり、相手のハードヒットに一切面ブレせずにカウンターショットを打つこともできます。

振り切っても飛び過ぎないから気分よくスイングできる。

ウルトラ100はガットのたわみ感による極上の打感の柔らかさを感じつつ、中軌道のフラットドライブを展開しやすいです。(面の安定性もピュアドラ同様に高い)

ただウルトラは少し反発性能が抑え目なので、打球の威力・スピードの面ではピュアドラの方があると思います。

ボレー

どちらも打感が柔らかく、飛び過ぎず飛ばなすぎずのバランスの良い反発性能で、面の安定性も高いのでとてもやりやすい◎

繊細なタッチでボールを細かくコントロールしたいという上級者を除けば、使いにくいと感じる人はあまりいないと思います。

頻繁にボレーに出るプレーヤーやダブルスプレーヤーに良さそう。

サーブ

フラット系はどちらも初速を出しやすく、まあまあ収まりも良い印象。

割と楽に打ってもラケット自体のパワーでドカンと飛んでくれるので楽しいです。

パワー系ラケットの真骨頂を発揮。

スライスサーブやスピンサーブに関してはピュアドラよりもウルトラの方が変化が大きかった印象です。

まとめ:ショットコントロールのピュアドラ2021、打感の柔らかさのウルトラ100 2020

本記事ではバボラの「Pure Drive2021」とウィルソンの「Ultra 100 V3.0 2020」を比較しつつインプレ・評価・感想レビューを書いてきました。

どちらも中級前後の一般プレーヤーには最適な良いラケットだと思う。

パワー系ラケット特有の力強さを感じつつもしっかりボールコントロールしたいならピュアドラを、打感の柔らかさを感じつつ楽に展開していきたいならウルトラをそれぞれおすすめします。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました