当サイトの記事内には広告が含まれています

ウィルソン ブレード 100 V9 2024 インプレ 評価 感想レビュー 使いやすい

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年以上の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「ウィルソン ブレード 100 V9 2024」(WILSON BLADE 100)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

 

本記事の内容

  1. スペックの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計200本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「柔らかい打感、適度な飛び感、良好なスピン&コントロール性能、サーブの打ちやすさが特徴的なバランス型ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

ウィルソン ブレード 100 V9 2024のスペック

「ウィルソン ブレード 100 V9 2024」

フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚22㎜
ストリングパターン16×19

100インチ/300g/バランス320㎜の黄金スペック系ラケット。

黄金スペックは万人に最も扱いやすい仕様で人気があり、メーカー各社が特に力を入れている。

フレーム厚は26㎜が主流の黄金スペックの中では薄めの22㎜です。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

ステイブルフィール(Stable Feel)ブレードV9のために新たに考案されたテクノロジー。

カーボンの編み方に改良を加えることで、ブレード特有のフレームのしなりがありつつ、剛性感や安定感もアップした作りになっています。

新グロメットの採用グロメットは柔らかい打感を感じやすいタイプを採用。

さらに、着脱しやすいように作られていて、グロメットの交換がしやすいようになっています。

 

フレーム剛性を上げ、歴代最速のボールスピードや弾きの良さを出しやすい設計に!

柔らかい打ち心地を感じやすいグロメットを使うことで、快適な使用感も追求している。

解説動画

【ウイルソン】ブレード史上最速モデル『V9』全貌公開!!
【Fukky'sインプレ】Wilson BLADE 100 V9 x LUXILON『細谷張り』初打ち!!

 

>>新作情報 ブレード V9 テクノロジー ラインナップまとめ

ウィルソン ブレード 100 V9 2024のデザイン

カッコいいエメラルドグリーン系のデザイン。

めちゃくちゃカッケー!

割と丸みを帯びたフレーム形状でスイートスポットが広そうな見た目です。

 

 

 

ウィルソン ブレード 100 V9 2024のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

当サイトはラケットの性能を正確に把握するために、ガットはなるべくいつも同じ種類を張ってインプレしています。

 

※ポンド数:暑い時期は少し硬めに、寒い時期は少し緩めに張って調整。

打感の柔らかさ: 8/10

ガットのたわむ柔らかさがわかりやすく、やや軽めの打感。

丸みを帯びたフレーム形状のおかげか、まあまあスイートスポットも広い印象です。

柔らかい。

快適。

球離れについて

球離れは特に早すぎず遅すぎずといったところ。

ガットがたわんでボールをホールドしつつ、あっさり軽く弾く感じもあります。

従来のブレード100はフレームのしなりやすいホールド系だったから、比較するとV9はしなり少なめで軽く弾く。

ボールの飛びの良さ: 7.5~8/10

反発力は標準~やや強め辺り。

ブレードは飛び控えめなコントロール系シリーズとして有名ですが、100に関しては普段100インチ/300g辺りのラケットを無理なく使えているなら飛ばなすぎてツラいとはならないと思います。

フレーム厚は薄めの22㎜にしては結構パワーがある。

飛びすぎず飛ばなすぎず、ちょうど良い。

軌道について

打球は極端に低くなったり高くなったりせず、中軌道辺りになりやすい印象。

スピンのかけやすさ: 8/10

回転のかかりは良好。

自分から回転をかけるスイングで打つと、急降下して高くハネるスピンショットになりやすいです。

基本的にはフラットドライブ系だけど、かけようと思えばかなりかかるタイプ。

回転をアシストしてくれる感じがわかる。

スライスについて

スライスは適度な飛距離かつ中軌道のショットが打ちやすい印象。

コントロール性能: 8~8.5/10

打球を狙った所に打ち込むコントロール性能は良好。

適度な飛び感かつ、まあまあスピン性能が高く、ボールにしっかり回転がかかってコート内に収まりやすく、意図せぬアウトをしにくいと思います。

良い。

さらなるコントロール性能を求めるなら、100より飛びと軌道を抑えやすいブレード98が向いている。

操作性&取り回しの良さ: 8/10

標準的なスペックなので、特に違和感ナシ。

フレームが薄いおかげでスイング時の空気抵抗は少ないと思います。

ストローク

柔らかい打感を感じつつ、安定してフラットドライブやスピンボールをコントロールしやすい。

スイートスポットが広く感じ、適度にボールを飛ばすパワーも備えていて、使いやすい100インチラケットという印象です。

パワー&スピン&コントロールのバランス良し。

ソフトな打ち心地。

フラットドライブでコースを狙ったり、スピンボールを高くハネさせて相手のミスを誘ったりと、多彩に使える。

また、フレームの安定性が高く、打ち負けにくい感じもして、カウンターショットやライジングでさばいたりするのがやりやすく感じました。

フレーム22㎜で薄いけど、結構安定感がある。

「フレーム剛性を上げている」という開発コンセプトの恩恵を感じる。

パワー&スピン&コントロールのどれかに特化したような尖ったタイプではないですが、性能バランスの良い万能ラケットだと思います。

デザインも綺麗だし、好みのプレイヤーが多そうな1本。

良い。

守備について

比較的パワーを備えた100インチなので、走らされた際のボールの処理はややカンタン。

難しくないと思います。

ボレー

ストローク同様に打感が柔らかい。

飛びは適度でクセが少なく、安定してボレーしやすいです。

全く問題ナシ。

使いやすいの一言。

サーブ

フラットサーブ⇒結構ガッツリ打ってもサービスエリア内への収まりが良く、フォルトしにくい。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転のかかりはバッチリ。

スライスサーブは良く曲がり、スピンサーブは高くハネさせやすいです。

フラットサーブは収まりが良く、回転系サーブの変化も大きい。

ほとんどフォルトしなかったし、想像通りの打球を打ち込めて最高だった。

複数回打っても毎回サーブがとても良く感じたので、サーブの確率や回転量重視の方に良いと思います。

性能バランスに優れたソフトで美しい100インチ

ブレード 100 V9 2024を使ってみて感じたことは主に以下の通りです↓

  • ガットがたわむソフトな打ち心地
  • 適度な反発力
  • 良好なスピン&コントロール性能
  • サーブの打ちやすさ

打感が柔らかく、スイートスポットもまあまあ広く、快適。

適度なパワーを備え、回転のかかりが良く、ブレードシリーズらしいコントロール性能もあり、非常に使いやすいと思います。

今までのブレード100はフレームのしなりが強く、100インチ/300gにしては飛び控えめでコントロール性能に寄っていた。

一方、今作はしなりを抑えてパワー&弾き&面の安定性をアップした仕様。

ブレード特有のしなりによるホールド感はやや薄いですが、飛びが良く、軽く弾いてくれて、相手の打球に打ち負けない感じもしたので、その点はメリットかなと。

フラットサーブの収まりの良さと回転系サーブの変化の大きさも印象的でした。

打ってみてすぐに飛ぶようになったな~と思った。

コントロール系100インチからバランス型100インチ寄りになった感じ。

打感が柔らかく、パワー&スピン&コントロールのバランス重視の方にイチオシです。

 

 

前作:ブレード 100 V8との比較

V9と比べると、前作のブレード 100 V8の方がしなり強め、飛び控えめ、コントロール性能高め。

一方、V9はV8よりも少し打感が柔らかく、パワー&面の安定性が良くなった印象。

V8はコントロール性能重視のプレイヤーに、V9は性能バランスの優れたラケットを使いたい方にそれぞれおすすめです。

V9は使いやすいバランス型、V8はしなりやすいコントロール系。

>>ブレード 100 V8 インプレ

類似・競合ラケットの紹介

ライバルラケットを紹介していきます。

ウィルソン ブレード 98 16×19 V9 2024

98インチ/305g/バランス320㎜のブレードシリーズの人気モデル。

100と比べてパワー&スピン性能が控えめな代わりに、コントロール性能が高く、重量がある分ガッツリ打った時の球威&バウンド後のノビを出しやすい1本です。

球威のある軌道低めの直球を打ちやすい。

打感は100と同様にソフト。

コントロール性能と球威重視なら98の方がおすすめ。

ウィルソン ブレード 98 16×19 V9 2024 インプレ 評価 レビュー 定番のコントロール系
「ウィルソン ブレード 98 16×19 V9 2024」(WILSON BLADE 98)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ウィルソン ウルトラ 100 V4

ウィルソンのボレー特化シリーズ「ウルトラ」の主力モデル。(100インチ/300g/バランス320㎜)

ブレード100にスピン性能は負けますが、ウルトラはフレームが厚めに設計されていて、面の安定性が最強レベル。

ブレード 100 V9はフレーム薄めにしてはまあまあ飛び、ウルトラ 100 V4はフレーム厚めにしては飛びを抑えやすい感じなので、パワー感やコントロール性能は比較的近いと思います。

スピンのブレード100、打ち負けないボレー特化のウルトラ100という感じ。

ウィルソン ウルトラ 100 V4.0 2022 2023 インプレ 評価 レビュー ソフト&ホールド
「ウィルソン ウルトラ 100 V4.0 2022/2023(WILSON ULTRA 100 V4.0 2022/2023)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ウィルソン クラッシュ 100 V2.0 2022

最高レベルの打感の柔らかさとフレームのしなりやすさが特徴的なウィルソンの人気ラケット(100インチ/295g/バランス310㎜)

スピン性能とボールコントロール性能はブレードやウルトラに負けますが、超ソフトな打ち心地で、ボールの飛びが良好なタイプです。

とにかく柔らかいタイプ。

ウィルソン クラッシュ 100 V2.0 2022 インプレ 評価 感想レビュー 超ソフト
「ウィルソン クラッシュ 100 V2.0 2022」(Wilson Clash 100 V2.0 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

4本の使用感の違いの印象は以下の通りです↓

飛び⇒クラッシュ≧ブレード100、ウルトラ≧ブレード98

ソフトさ⇒クラッシュ≧ウルトラ、ブレード100&98

コントロール性能⇒ブレード98>ブレード100、ウルトラ≧クラッシュ

スピン性能⇒ブレード100>ブレード98、ウルトラ、クラッシュ

球威⇒ブレード98≧ブレード100、ウルトラ≧クラッシュ

操作性⇒クラッシュ≧ブレード100、ウルトラ≧ブレード98

 

ウィルソン ブレード 100 V9 2024はこんな人におすすめ

  • 柔らかい打感が好きな人
  • 適度な反発力を求める人
  • 良好なスピン&コントロール性能を求める人
  • サーブの打ちやすさ重視の人

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • 強力なパワーやスピン性能を求める人

まとめ:パワー&スピン&コントロール性能のバランスが良い

本記事では「ウィルソン ブレード 100 V9 2024」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

柔らかめの打感、適度な反発力、優れたスピン&コントロール性能、サーブの打ちやすさが特徴的なラケット!

ソフトな打ち心地で丁度良いパワー感かつ、回転のかかりが良く、打球のコントロールもしやすいラケットを使いたい方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるから、実店舗で買うよりも5000~10000円くらい安く手に入るよ。

今回解説したテニス用品一覧

 

 

タイトルとURLをコピーしました