トロライン キャビア エーテル アブソルートを打ち比べて徹底比較!

テニスガット・ストリングインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(^^)/

今回は、

を解説していきます。

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計150本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

打感、ボールの飛び、回転性能などの使用感を詳しく書いていくので、

  • それぞれのガットにどういった違いがあるのか知りたい方

はご覧ください(‘ω’)ノ

ではでは、それぞれの違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

3分位で読み終わるよ~。

 

 

 

 

スポンサーリンク

トロライン キャビア アブソルート エーテルを打ち比べしてわかった違いを解説

特徴はざっくり表の通り。

機種名特徴
キャビア柔らかめの打感、適度な飛び、強めのホールド感
エーテル標準的な柔らかさ、強めの飛び&スピン性能
アブソルートやや硬く重い打感、強打した時の打球のノビ

>>トロライン公式サイトはこちら

以下ではそれぞれを打ち比べた際の

  • 打感の柔らかさ
  • 打感の重さ
  • ボールの飛びの良さ
  • 軌道の高さ
  • スピン性能
  • 球離れの早さ

の6点をさらに詳しくまとめていきます。

打ち比べ環境

  • ラケット:ブリヂストン エックスブレード
  • ポンド数:縦42ポンド・横40ポンド
  • ガットの太さ:

エーテル、アブソルート⇒1.20㎜

キャビア⇒1.16㎜

※真冬(2月中旬)なので、普段より3ポンド下げたセッティングとなっています。

打感の柔らかさ

柔らかいキャビア
標準エーテル
やや硬めアブソルート

キャビアはポリの中でだいぶ柔らかい打感。

エーテルは標準的な柔らかさ、アブソルートは硬いです。

キャビアはガットのたわみがわかりやすい。

アブソルートはスイングが速い時はソフトさが出てくるけど、基本硬い。

打感の重さ

やや重いアブソルート
標準エーテル
やや軽いキャビア

アブソルートはボールの重みを感じやすい。

一方キャビアは軽くてあっさりしています。

キャビア打った後にアブソルート打つと重さをとても感じる。

ボールの飛びの良さ

良く飛ぶエーテル
少し飛び抑えめ~標準キャビア、アブソルート

飛びはエーテルが明らかに一番上。

楽にボールが飛びます。

良く飛ぶ。

キャビアはポリの標準くらい。

強烈に飛ぶ感じじゃないのでスピード感はそんなにないですが、飛びすぎず飛ばなすぎずの丁度良い飛びです。

攻撃時はアウトしにくく、守備時にはちゃんと返球できるくらいの反発力。

バランス良し。

アブソルートはあまり飛ばない。

ただ、フルスイングした時にはきちんとボールに力が伝わる&弾きの良さによって鋭くバウンド後に良くノビるフラットドライブになる印象です。

適当に打った時とフルスイングした時の柔らかさや飛びに結構差がある。

ハードヒッターにおすすめ。

軌道の高さ

中~高軌道エーテル
低~中軌道キャビア、アブソルート

エーテルは自然と軌道が上がる。

ネットしにくいです。

他の2つとハッキリ違う軌道。

キャビアとアブソルートはそんなに軌道が上がることは少なく、低~中軌道の直線的なショットになりやすいです。

回転のかけやすさ

良くかかるエーテル、アブソルート
標準キャビア

エーテルとアブソルートはスピンがかけやすい。

特にエーテルはガットがボールに引っ掛かる感触強く、しっかり回転がかかってから放たれていく印象です。

スピン系ポリな二つ。

キャビアはポリの標準辺り。

自然と回転はかかりますが、エーテルやアブソルートのような強力なスピンアシスト性能はそこまで感じませんでした。

球離れの早さ

やや早いエーテル、アブソルート
やや遅いキャビア

エーテルは球離れ早めでボールがガットに当たってから割とすぐ飛んでいく印象。

弾きが良い。

アブソルートはやはり遅いスイングだと硬く弾く感触が強いですが、ガッツリ打った時はしっかりホールド感(球持ち感)を感じられます。

一方、キャビアは非常に球持ちが良く、ガットとボールの接地時間が長め。

ボールコントロールしやすいです。

コントロールのしやすさ重視ならキャビアが向いている。

トロライン キャビア エーテル アブソルートの選び方まとめ

おすすめの選び方は以下の通りです。

⇒柔らかく軽い打感、適度な飛び、強めのホールド感、ボールコントロールのしやすさを重視する人

⇒強めの反発性能&スピン性能を持ち、打球の軌道が上がりやすいポリを使いたい人

⇒打ちごたえのある打感が好きな人、ハードヒッター、打球のノビ重視の人

ガットによってラケットの良さを最大限引き出してくれるものもあれば、またその逆もあるので、色々試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

 

 

(※ガットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも20%位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました