プリンスのポリエステルガット(ストリング)5種類を打ち比べて違いを徹底比較!

テニスガット・ストリングインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は、

  • プリンスのポリエステルガット5種類を同じラケット・同じポンド数で打ち比べしてわかった違い
  • おすすめの選び方

を解説していきます。

打感、ボールの飛び、回転性能などの使用感を詳しく書いていくので、

  • それぞれのガットにどういった特徴や違いがあるのか知りたい方

はご覧ください(‘ω’)ノ

(※個別のインプレ・評価・感想レビュー記事も書いているので、それぞれの特徴などをまだ詳しく知らない方はチェックしてみてください↓)

ではでは、それぞれの違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

スポンサーリンク

プリンス ポリエステルガット5種を打ち比べしてわかった違いを解説

今回打ち比べた機種とその特徴はざっくり表の通り。

機種名特徴
ハリアーレスポンス柔らかな打感・スピン&パワーアシスト強め
ツアー XX スピンスピン特化・やや控えめな飛び
ツアー XTホールド感とスピン性能強め
ツアー XCやや打ちごたえあり・コントロール特化
ツアー XPハードな打ちごたえ・控えめな飛び

以下では5種を打ち比べた際の

  • 打感の柔らかさ
  • 打感の重さ
  • ボールの飛びの良さ
  • 軌道の高さ
  • スピン性能
  • 球離れの早さ

の6点をまとめていきます。

打ち比べ環境

  • ラケット:ブリヂストン エックスブレード
  • ポンド数:縦47ポンド・横45ポンド
  • ガットの太さ:

ハリアーレスポンス、ツアーXP、ツアー XX スピン→1.25㎜

ツアー XC→1.22m

ツアー XT→1.18㎜

※暑くなってきた(6月中旬)ので、普段より2ポンド上げたセッティングとなっています。

打感の柔らかさ

かなり柔らかいハリアーレスポンス
まあまあ柔らかいツアーXT
標準~やや柔らかいツアー XX スピン
やや硬いツアーXC
硬いツアーXP

ハリアーレスポンスはかなり柔らかめでモチっとした打感の印象。

ツアーXTも柔らかめですね。

柔らかめな2種。

ツアー XX スピンはポリの中では標準~やや柔らかめくらい。

ツアー XCはちょい硬く、ツアー XPはガツンとした打ちごたえがあると思います。

打感の重さ

やや軽めハリアーレスポンス、ツアー XX スピン
標準ツアー XT
やや重めツアー XC、ツアーXP

ツアー XX スピンとハリアーレスポンスはボールの重みをあまり感じないあっさり軽めの打ち心地。

逆にツアー XCとツアー XPはしっかりした重い打球感です。

ボールの飛びの良さ

良く飛ぶハリアーレスポンス
標準ツアー XT
飛び抑えめツアー XX スピン、ツアーXC、ツアーXP

反発性能はハリアーレスポンスが強めな部類。

最もラクにボールが飛んでくれる。

ツアー XTは適度に飛ぶ。

ツアー XX スピン、ツアー XC、ツアー XPはあまりボールが飛ばないので、強打しても意図せぬアウトが起きにくい良さのあるタイプです。

ツアー XX スピンは飛び自体は適度だけど、後述するようにスピン性能が高いから、その回転によって打球が少し短めになりやすい印象。

楽に飛ばすならハリアーレスポンスがおすすめです。

軌道の高さ

やや高めハリアーレスポンス
中軌道ツアーXT、ツアーXP、ツアー XX スピン
やや低めツアーXC

ハリアーレスポンスは自然に軌道が上がる一方、ツアーXCは低軌道の直球になりやすいです。

ツアーXT、ツアーXP、ツアー XX スピンはあまり上がったり下がったりせず、中軌道になりやすい印象。

回転のかけやすさ

バツグンにかかるツアー XX スピン
とても良くかかるハリアーレスポンス、ツアー XT
標準ツアー XP、ツアーXC

ツアー XXスピンはかなり強めのスピンアシスト。

ハリアーレスポンスとツアー XTも強めな感じです。

この3種はかなり回転がかかる!

ボールの落ちやハネなどの変化が大きい。

特にツアー XX スピンはハネてからのボールの伸びがすごいですね。

ツアー XPとツアー XCはガット自体にそこまで強力なスピンアシストはなく、そこそこかな~といった印象です。

スピン系3種とフラットドライブ系2種ではっきり分かれている。

球離れの早さ

やや早いツアー XX スピン、ハリアーレスポンス
やや遅いツアー XP、ツアー XC
遅いツアー XT

ツアー XX スピンとハリアーレスポンスはやや軽くあっさりした感触の球離れ。

ツアー XPとツアー XCはホールド感強めのガッシリ系。

ツアーXTは細いゲージということもあって他よりもガットがたわんでからボールをはじき出すまで時間がかかり、球離れはゆっくり目な印象です。

ツアーXTは食いつき感がすごい。

補足)テンション維持性能について

テンションの維持力はツアーXPが高めの設計。

ガットのゆるみにくさを重視するならツアーXPを検討すると良いと思います。

プリンスのポリエステルガットの選び方まとめ

おすすめの選び方は以下の通りです。

⇒柔らかな打感でボールを楽に飛ばし回転もしっかりかけたい人

⇒ガットに強烈なスピン性能と飛びすぎないパワー感を求める人

⇒適度な飛び感・強めのホールド感とスピン性能を求める人

⇒ややしっかりした打ち心地できっちりボールコントロールしたい人

⇒ガッシリした打ち心地でハードヒットしたい人・テンション維持力を求める人

ガットによってラケットの良さを最大限引き出してくれるものもあれば、またその逆もあるので、色々試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

(※ガットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも20%位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました