【ヘッド 2022】スピードMPとエクストリームMPの違いを徹底比較

テニスラケットインプレ

 

ヘッドのスピード MP 2022エクストリーム MP 2022ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらもヘッドの人気ラケットなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. 使用感の違いを解説

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計170本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

結論は、

「打感が非常に柔らかく、ボールを飛ばしやすく、回転をかけやすいスピード。あっさり軽めの打感でスピードよりスピン量の上限値が高いエクストリーム。」

です。

個別のレビュー記事はこちら↓

☑SPEED MP 2022

ヘッド スピード MP 2022 インプレ 評価 感想レビュー 神ラケ
「ヘッド スピード MP 2022」(HEAD SPEED MP 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑EXTREME MP 2022

ヘッド エクストリーム MP 2022 インプレ 評価 感想レビュー
「ヘッド エクストリーム MP 2022(HEAD EXTREME MP 2022)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

 

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

スポンサーリンク

【ヘッド 2022】スピードMPとエクストリームMPのスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

スピード MPスペックエクストリーム MP
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
23㎜フレーム厚23-26-21㎜
16×19ストリングパターン16×19

2本とも100インチ/300g/バランス320㎜の黄金スペック系ラケット。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高い。

最大フレーム厚はスピードが少し薄めの23㎜、エクストリームがやや厚い26㎜となっています。

【ヘッド 2022】スピードMPとエクストリームMPの使用感の違いを解説

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

スピードMP8~8.5/10
エクストリームMP7.5~8/10

スピードはかなり柔らかく、やや軽めの打感。

ガットが良くたわみ、ボールを包み込む感触がわかりやすいです。

とてもソフト。

エクストリームもスピード程ではないですが、まあまあ柔らかめの打感。

こちらは球離れがやや早く、弾きが良いです。

ミスヒットするとそれなりに重い打感になる一方、スイートスポットで打てると柔らかくあっさり軽めの打ち心地になる。

”たわむスピードとあっさり軽く弾くエクストリーム”という感じです。

ボールの飛びの良さ

スピードMP8/10
エクストリームMP7.5~8/10

スピードは反発力がまあまあ強く、ボールはラクに飛ぶ。

エクストリームもフラット系で打つと結構飛びますが、後述するように回転のかかりが良好なので、スピン系のショットを打つとそこまで飛びすぎず、適度なパワー感です。

スピードの方が少し飛ぶと思う。

今作のエクストリームはガットのストリングパターンのピッチ(間隔)を従来より縦糸は狭くし、横糸は広げた設計となっているので、その点もパワー感に影響していると思います。

「不必要な回転のかかりすぎ、飛びすぎを抑え、打球のコントロール性能を上げる」というコンセプトの元に作られている。

【軌道について】

2本とも打球は安定して中軌道になりやすい。

極端に低めになったり高く上がったりする感じではないですね。

回転のかけやすさ

スピードMP8.5/10
エクストリームMP8.5~9/10

スピン性能はどちらもバツグン。

ただ、エクストリームは勝手に超強力なスピンショットになるというよりかは、自分からかけていった時にガッツリかかるタイプです。

回転量の上限値がスピードより高いイメージ。

普通に打つと意外とフラットドライブ寄りのショットになる。

スピードは「最大回転量」という点ではエクストリームよりちょっと下の感じはしますが、特に意識しなくてもスピン寄りのショットになる点は良いですね。

【スライスに関して】

〇スピード

スライスもスピン同様にばっちり回転がかかり、打球の変化が大きい。

軌道は自然と上がりやすく、中~高軌道になりやすいです。

〇エクストリーム

スピード同様に非常によくスライス回転がかかる。

軌道低めでスーッと滑っていくショットと、ガンガンに回転をかけてバウンド後に大きく変化するショットのどちらも打ちやすいです。

バツグンのかかりの良さ。

どちらかというとスピンよりスライスの方が激烈にかかる印象。

ボールコントロール性能

スピードMP7.5/10
エクストリームMP7.5/10

2本とも飛びの良い回転系ラケットなので超コントロールしやすいという感じではないですが、ぶっ飛びすぎてアウトしまくりということもなく、標準的だと思います。

細かくコースを狙うより、ラケットパワーで山なりスピンボールを飛ばして回転量でコート内に収める使い方が向いている。

操作性&取り回しの良さ

スピードMP8/10
エクストリームMP8/10

標準的なスペックなので、全く違和感なし。

ストローク

〇スピード

ガットのたわむ柔らかさを感じつつ、安定して中軌道のスピンボールを展開できる。

良く飛ぶ一方で、回転のかかりが良いのでアウトしにくい印象です。

ソフトで反発力と回転性能が良く、おまけにスイートスポットも広めでミスりにくい。

だいぶ使いやすい。

〇エクストリーム

柔らかく軽めの打感であっさり軽快にボールを飛ばすことができ、なおかつアウトもそこまでしにくい丁度良い飛び感。

先述したように、意識せず打つとフラットドライブ系に、ガンガンに回転をかけるスイングで打つと曲がりながら急降下してハネるグリグリスピンになります。

スピンがしっかりかかり、適度に飛び、ボールコントロール性能もまあまあなバランスの良いラケット。

スライスが超打ちやすい点も好印象ですね。

  • 打感の柔らかさ、ボールの飛び&回転のかかりの良さが持ち味のスピード
  • スピン性能の上限値の高さとあっさり軽めの弾きの良さが持ち味のエクストリーム

といった印象です。

どっちもスピン系。

【守備に関して】

反発力はどちらも十分あるので、走らされた際のボールの処理はカンタン寄り。

難しくはないと思います。

ボレー

〇スピード

若干ボールが浮きやすい印象。

ただ、打感が柔らかい&面ブレしにくい&飛びも良好といったことから、ラクにプレーできる部類ではありますね。

〇エクストリーム

スピード同様に打感が柔らかくて軽く、スイートスポットも広めに感じる。

飛びも適度で、スライス回転がかかったボレーも打ちやすく、かなり快適な使用感です。

ソフトで丁度良い飛び感。

ネットしたりアウトしにくい感触。

サーブ

〇フラットサーブ

スピード⇒フルスイングすると飛びすぎるけど、8割位の力で打てば十分サービスエリア内に収まり、球速も出やすい。

エクストリーム⇒割としっかり打ち抜いてもフォルトしにくくサービスエリア内に収まりやすい。

〇スライスサーブ&スピンサーブ

2本とも回転のかかりはかなり強い。

スライスサーブは良く曲がり、スピンサーブはハネやすいです。

スピードもエクストリームも回転系サーブが特に良い◎

まとめ:柔らかく良く飛ぶスピード、スピン&弾きのエクストリーム

本記事ではヘッドのスピード MP 2022エクストリーム MP 2022を比較してきました。

ヘッドの人気ラケット2本。

どちらもスピン系なのは共通。

打感の柔らかさ&強めの飛び&スピン性能重視⇒スピード

最大スピン量の高さ&弾きの良さ&ボレーのしやすさ重視⇒エクストリーム

といった風に選ぶと良いと思います。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました