ヘッド エクストリームツアーとMPの違いを徹底比較 2022版

テニスラケットインプレ

 

ヘッドの2022年モデルのエクストリームツアーMPってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

両方人気のテニスラケットなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に2本使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. 使用感の違いを解説

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計170本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

結論は、

「やや軌道低めのフラットドライブをコントロールしやすいツアー、スピン性能の高さと適度な飛び感が特徴のMP。打感はどちらも柔らかめ」

です。

個別のレビュー記事はこちら↓

☑EXTREME TOUR 2022

ヘッド エクストリーム ツアー 2022 インプレ 評価 感想レビュー
「ヘッド エクストリーム ツアー 2022(HEAD EXTREME TOUR 2022)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑EXTREME MP 2022

ヘッド エクストリーム MP 2022 インプレ 評価 感想レビュー
「ヘッド エクストリーム MP 2022(HEAD EXTREME MP 2022)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ではでは、違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

 

スポンサーリンク

ヘッド エクストリームツアー/MP 2022のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

ツアーMP
フェイスサイズ98100
重さ305g300g
バランス315㎜320㎜
フレーム厚22-23-21㎜23-26-21㎜
ストリングパターン16×1916×19

ツアーはやや重く面が小さい中~上級者向けのスペック。

MPは100インチ/300g/バランス320㎜の黄金スペック系です。

黄金スペックは最も万人に扱いやすい仕様で人気があり、メーカー各社が特に力を注いでいるスペック。

ヘッド エクストリームツアー/MP 2022の使用感の違いを解説

次にラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

ツアー7.5~8/10
MP7.5~8/10

両方とも結構柔らかめ。

ツアーはスイングスピードが上がるほどフレームが適度にしなり、球持ちの良さや柔らかさが出てくるタイプで、MPはあっさり軽く弾いてくれる球離れの良さが特徴的です。

ソフト系。

ボールの飛びの良さ

ツアー7.5/10
MP7.5~8/10

ツアーは飛びすぎず飛ばなすぎず、適度なパワー感。

MPはフラット系で打つとツアーより飛ぶと思いますが、後述するようにスピン性能が高いので、回転をかけている分にはそこまで飛びすぎない印象です。

2本とも割と丁度良い反発力。

【軌道について】

ツアー⇒低~中軌道ショットになりやすい

MP⇒中軌道ショットになりやすい

ツアーがやや低めになりやすい。

回転のかけやすさ

ツアー7.5~8/10
MP8.5~9/10

MPはスピン特化シリーズの主力モデルというだけあって良好なスピン性能。

ただ、勝手に超強力なスピンショットになるというよりかは、自分からかけていった時にガッツリかかるタイプです。

回転量の上限値が高いイメージ。

普通に打つと意外とフラットドライブ寄りのショットになる。

ツアーは基本フラットドライブ系のショットになりやすく、自分から回転をかけるスイングで打つと少しスピン量をアシストしてくれる感じです。

スピン重視ならMPが向いている。

【スライスに関して】

ツアー⇒適度な飛距離かつ軌道低めのスーッと滑っていくショットが打ちやすい

MP⇒回転が非常によくかかり、軌道低めでスーッと滑っていくショットと、ガンガンに回転をかけてバウンド後に大きく変化するショットのどちらも打ちやすい

ボールコントロール性能

ツアー8.5/10
MP7.5/10

ツアーは適度な飛び感でショットの軌道も抑えやすく、フラットドライブをだいぶボールコントロールしやすい。

狙ったコースに打ちやすく、意図せぬアウトもしにくいです。

良好なコントロール性能。

MPは適度な飛びのスピン系ラケットなので、標準的なコントロール性能の印象です。

操作性&取り回しの良さ

ツアー7.5/10
MP8/10

2本とも標準的なスペックなので、特に違和感はないですね。

ストローク

★ツアー

柔らかめの打感を感じつつ、安定してやや軌道低めのフラットドライブをコントロールして展開しやすい。

適度なパワー感と優れたコントロール性能を持つバランスの良いラケットという印象です。

ソフトで丁度良い飛びのコントロール系。

スイングが速いほど心地よいホールド感が出てくるので、割とガンガン打っていける中~上級者の方に特に合うと思います。

★MP

柔らかく軽めの打感であっさり軽快にボールを飛ばすことができ、なおかつアウトもそこまでしにくい丁度良い飛び感。

先述したように、意識せず打つとフラットドライブ系に、ガンガンに回転をかけるスイングで打つと曲がりながら急降下してハネるグリグリスピンになります。

スピンがしっかりかかり、適度に飛び、ボールコントロール性能もまあまあ。

【守備に関して】

MPは反発力がやや強めなので、走らされた際のボールの処理はカンタン。

ツアーは特に簡単でも難しくもなくといった感じです。

ボレー

MPはストローク以上に打感が柔らかくて軽く、スイートスポットも広めに感じる。

飛びも適度で、スライス回転がかかったボレーも打ちやすく、かなり快適な使用感です。

ソフトで丁度良い飛び感。

ネットしたりアウトしにくい感触。

ツアーはMPより面が小さい分きちんとボールをラケットの芯で捉える技術は必要ですが、普段98インチを使っている方なら問題なく使えると思います。

ツアーはストローク同様にボールコントロールしやすい。

サーブ

★フラットサーブ

2本とも結構しっかり打ってもサービスエリア内への収まりが良い印象。

特にツアーはコースを狙いやすいと思います。

★スライスサーブ&スピンサーブ

MP⇒やはり回転のかかりは強力。

スライスサーブは超曲がるし、スピンサーブは高くハネやすいです。

回転系サーブの変化が素晴らしい!

ツアー⇒回転のかかりはまあまあといったところ。

自分で回転をかけた分だけ曲がったりハネたりする印象です。

まとめ:コントロール性能が高いツアー、適度な反発力を持つスピン系のMP

本記事ではヘッドの2022版のエクストリームツアーMPを比較してきました。

ヘッドの人気スピン系シリーズの2本!

おすすめの選び方は以下の通りです↓

ツアー

  • 柔らかい打感が好きな人
  • ボールコントロール性能重視の人
  • 適度な飛びを求める人
  • スイングスピード速めの人

MP

  • 柔らかい打感が好きな人
  • スピン性能を求める人
  • 適度な反発力、コントロール性能を求める人
  • ボレーやスライスのしやすさ重視の人

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました