ヨネックス EZONE100 2020とVCORE PRO 100 2019の違いを徹底比較

テニスラケットインプレ

 

ヨネックスのイーゾーン100 2020ブイコアプロ 100 2019ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

どちらもヨネックスの人気100インチ系ラケットなので、どっちを使おうか迷いますよね。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. スペック比較
  2. EZONE100 2020とVCORE PRO 100 2019の使用感の違いを解説

結論は、

「楽にパワースピンショットが打ちたいならイーゾーン100、ガッツリフラットドライブをコントロールしたいブイコアプロ100がそれぞれおすすめ。打感には結構差がある」

です。

個別のレビュー記事はこちら↓

☑EZONE 100 2020

Yonex Ezone 100 2020 インプレ 評価 レビュー 広大なスイートスポット
「Yonex Ezone 100 2020」(ヨネックス イーゾーン100 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑VCORE PRO 100 2019

Yonex Vcore Pro 100 2019 インプレ 評価 レビュー しばける100インチ
「Yonex Vcore Pro 100 2019」(ヨネックス ブイコアプロ 100 2019)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

(※最新作のブイコアプロ 100 2021とイーゾーン 100 2020の比較記事も書いてますので、気になる方はそちらをご覧ください↓)

イーゾーン 100 2020とブイコアプロ 100 2021の違いを徹底比較
ヨネックスのEZONE(イーゾーン) 100 2020とVCORE PRO(ブイコアプロ) 100 2021を徹底比較していきます。違いを知りたい方はご覧ください。

ではでは、双方の違いについて細かくかみ砕いて解説していきますね。

3分位で読み終わるよ~。

 

 

 

スポンサーリンク

【ヨネックス】EZONE100 2020とVCORE PRO 100 2019のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

EZONE 100 2020スペックVCORE PRO 100 2019
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
23.5-26-22㎜フレーム厚21㎜
16×19ストリングパターン16×19

どちらも100インチ/300g/バランス320㎜のいわゆる”黄金スペック”。

黄金スペックは幅広い層に最適化された使いやすいスペックで、非常に人気が高く、メーカー各社が特に力を入れている。

ただ、フレームの厚さはイーゾーンが一般的な黄金スペックと同じ最大26㎜なのに対し、ブイコアプロは5㎜薄い21㎜となっています。

フレームが薄いとボールの飛びが控えめになる代わりにフレームがしなってボールコントロールしやすくなる傾向がある。

【ヨネックス】EZONE100 2020とVCORE PRO 100 2019の使用感の違いを解説【インプレ】

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

イーゾーン100>>ブイコアプロ100

イーゾーンはかなり柔らかめの打感でスイートスポットも広く、面のどこで打っても柔らかく感じる超ソフト系。

ブイコアプロは硬すぎず柔らかすぎずな打感で、スイートスポットで打てた時と外した時の柔らかさの差が大きい印象です。

柔らか系が好きならイーゾーン、手に伝わる情報量が多い方が好きならブイコアプロ。

ボールの飛びの良さ

イーゾーン100>>ブイコアプロ100

イーゾーンは強めのパワーアシストにより、ボールが楽に飛ぶ。

ブイコアプロも21㎜の薄ラケにしてはまあまあ反発力はありますが、イーゾーンよりはだいぶ控えめな飛びで、軌道も低めになります。

回転のかけやすさ

イーゾーン100>ブイコアプロ100

イーゾーンはスピンアシストも結構強く、ベースライン際でグッと落ちる回転量多めなフラットドライブが打ちやすいです。

ブイコアプロはごくごく自然な回転量のフラットドライブが主になるかなと。

ドフラットが1点、フラットドライブが6点、超グリグリスピンが10点だとしたら、イーゾーンが8点、ブイコアプロが6点辺りのイメージ。

【スライスに関して】

どちらも軌道低めなスライスが打ちやすいと思います。

コントロール性能

ブイコアプロ100>>>イーゾーン100

ブイコアプロはフルスイングした際にフレームがしなりガットとボールの接地時間が長く感じられ、100インチのラケットの中ではトップクラスのコントロール性能を誇ります。

イーゾーンはパワー&スピンアシストが強めなので、細かくコースを調整して打球を打ち込むのはそんなに得意じゃないと思います。

しっかりラケットを振って打ち込んでいきたいならブイコアプロ100のコントロール性は非常に魅力的。

操作性&取り回しの良さ

ブイコアプロ100>イーゾーン100

どちらも黄金スペック(100インチ/300g/バランス320㎜)ですが、ブイコアプロの方がフレームが薄いので、空気抵抗が少なくて振り切りやすいです。

ストローク

イーゾーン100⇒打感がとても柔らかく、楽に中軌道のパワースピンショットが打てます。

ガンガンフラット系で打つとアウトしやすいので、攻撃時にはしっかり回転をかけてあげる必要があります。

無理せずにボールを飛ばしたいなら間違いないモデル。

ブイコアプロ100⇒ラケットをガンガン振ってもボールがコート内に収まりやすく、バウンド後の伸びも素晴らしく、しなり感も心地よい。

良さを引き出すにはイーゾーンよりパワーと技術が必要ですが、フラットドライブ系で攻めていきたいなら向いていると思います。

パワー&スピンのイーゾーンと、コントロールのブイコアプロという感じ。

【守備に関して】

イーゾーンは強めのパワーアシストにより、なんとかボールに触れた時でも比較的カンタンに返球可能。

ブイコアプロはイーゾーンほどラクではないですが、そんなに難しさも感じず、至って標準的だと思います。

ボールを楽に飛ばしたい初中級~中級者⇒イーゾーン

しっかりボールコントロールしたい中級~中上級者⇒ブイコアプロ

といった感じで適正が分かれる。

ボレー

イーゾーン100⇒打感は柔らかいし、ボールも飛びすぎず飛ばなすぎずのパワー感で、面の安定性も高い。

繊細なタッチで細かくボールコントロールしたい上級者を除けば、だれにとっても最高レベルのボレーのしやすさだと思います。

ブイコアプロ100⇒イーゾーンのパワーを少しコントロールにおすそ分けしたイメージ。

超簡単ではないですが、意図せぬアウトも起きにくく、至って普通に扱いやすいと思います。

イーゾーン100は頻繁にネットに出るボレーヤーやダブルスプレーヤーに超おすすめ。

サーブ

★イーゾーン100 2020

フラットサーブ⇒コントロール性能とバウンド後の伸びはボチボチだけど、スピードは出やすい。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒結構しっかり回転がかかり、変化が大きめ。

★ブイコアプロ 100 2019

フラットサーブ⇒コントロール性能とバウンド後の伸びがかなり良く、打っていて爽快感がある。

ガッツリ振っていけるなら、エースを量産できるタイプです。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒バウンド後の変化量はイーゾーンと比べてまずまずな印象。

イーゾーンは回転系を軸に時折8割位のフラットを絡めるのが吉。

ブイコアプロはしっかりしばいていこう!

まとめ:ラクラクパワースピンのイーゾーン100、コントロール性能高めなブイコアプロ100

本記事ではヨネックスのイーゾーン100 2020ブイコアプロ 100 2019を比較しつつインプレ・評価・感想レビューを書いてきました。

パワー&スピンアシスト強めなイーゾーン100と、コントロール性能高めで伸びの良いブイコアプロ100。

超柔らかな打感で楽にパワースピンショットを飛ばしたいならイーゾーン100を、しっかり振り切って爽快感のあるフラットドライブを叩き込みたいならブイコアプロ100をそれぞれおすすめします。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました