ヘッド グラフィン360+ グラビティ ツアー 2019 インプレ 評価 感想レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は、アレキサンダー・ズべレフ使用シリーズのHead Graphene 360 + Gravity Tour(ヘッド    グラフィン 360+ グラビティ ツアー)」のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「ガッシリした打感と収まりの良さが特徴的な中上級~上級者向けラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

スポンサーリンク

ヘッド グラフィン 360+ グラビティ ツアー 2019のスペック


Head Graphene 360+ Gravity Tour

フェイスサイズ100平方インチ
重さ305g
バランスポイント320㎜
ストリングパターン18×20
フレーム厚22㎜
発売日2019年12月

フェイスの大きさは標準的ですが、重量は5g重いスペック。

18×20とガットの目が細かく、フレームの厚さも22mmと薄めです。

<適正表>

上級者中級者初心者
男性
女性×

グラビティシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑アレキサンダー・ズべレフ(世界ランク最高3位)

☑アシュリー・バーティ(世界ランク最高1位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ash Barty(@ashbarty)がシェアした投稿

テクノロジー/予備知識

グラフィン360+カーボン素材「グラフィン」とスパイラルファイバーを組み合わせ、高い剛性とクリーンな打球感を実現
ティアドロップ・ヘッド・シェイプ丸みのあるフレームを採用し、スイートスポットの広さを拡大
スポンサーリンク

ヘッド グラフィン 360+ グラビティ ツアー 2019のデザイン

グラビティシリーズ特有の半分レッド、半分グリーンのデザイン。

非常に丸っこいフレーム形状をしています。

スロート部はほっそりスッキリ。

かっこいい!

ヘッド グラフィン 360+ グラビティ ツアー 2019のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。

打感の柔らかさ: 6/10

ガッシリした打ちごたえのある打感。

やや弾き感があり、球離れは早めの部類ですね。

衝撃はスイートスポットで捉えられた時はきつくないけど、外した時はまあまあ来る。(肘を怪我している人は注意)

ボールの飛びの良さ: 6.5/10

18×20にしては反発力はありますが、ラケット全般で見ると控えめの飛び性能。

力のあまりない方にはあまり向いてないと思います。

しっかり振ってハードヒットしていくタイプの人だと収まりの良さを感じられるはず。

スピンのかけやすさ: 7/10

回転に関しては、フェイスが100インチあるおかげで18×20にしてはそこそこかかってくれます。

フラットドライブ位なら無理なく打てる。

バックハンドスライスも浮かずに低く滑るようなショットが打ちやすく、好印象でした。

コントロール性能: 9/10

ガンガン打ってもちゃんとコート内に収まり細かいコースも狙いやすいので、コントロール性能は非常に高め。

意図せぬアウトもほとんど起きないから安心感がある。

操作性&取り回しの良さ: 7/10

標準より5g重いため少し取り回し辛さはアリ。

ただ一般的な筋力の男性、もしくは鍛えている女性なら普通に使えるかと思います。

ストローク

攻撃的にガンガン振り切れると、ボールにめちゃくちゃスピードが乗って爆発力のある低軌道のショットが打てます。

飛びが抑えられている分アウトもなりにくいので、思い切って攻めていける!

3~4球連続でハードヒットしてもミスることなくズバズバ相手コートに突き刺すことが出来たので、楽しかったですね( ̄▽ ̄)

ボールを芯で捉えつつパワフルにスイングできる上級者の方には、とても使いやすいラケットだと思います。

【守備に関して】

正直守備はツラい‥‥。

走らされてギリギリ届いたボールが中々相手コートに返ってくれませんでした。(筋力不足)

パワーアシストのあるラケットなら返ってくれたのにな~ってことがちょくちょくあったので、守備にラクを求めるラケットではないと思います。

ボレー

フェイスが大きい分そこまで大変さはなし。(硬さはありましたが)

飛びに関してもストロークほど一生懸命力を加えていく必要もなく、コントロールしやすかったですね。

サーブ

ストローク同様、本気打ちにて真価が発揮されます。

特にフラットサーブはスピードがかなり出ますし、サービスエリア内に収まってくれるため、ガツガツエースを狙っていきたいような方向き。

回転系も意外と変化大きめで使いやすかった印象。

類似・競合ラケット

☑Head Graphene 360+ Gravity MP 2019

Tourより打感が柔らかくボールがよく飛び、回転も強めにかかるモデル。

中軌道のスピンショットをコントロールしていきたいならMPの方が合っていると思います。

ヘッド グラビティ MP 2019 インプレ 評価 感想レビュー【バーティモデル】
「Head Graphene 360+ Gravity MP(ヘッド グラフィン 360+ グラビティ MP)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

ヘッド グラフィン 360+ グラビティ ツアー 2019はこんな人におすすめ

  • パワフルな人
  • コントロール志向な人
  • ガンガンラケットを振っていける攻撃型プレーヤー

こんな人には向いてない

  • 楽にボールを飛ばしたい人
  • 硬い打感が嫌いな人
  • 力のあまりない人

まとめ:ガンガン攻めていきたい上級者向けの超攻撃型ラケット

本記事ではHead Graphene 360 + Gravity Tourのインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

硬めの打感、バツグンのコントロール性能、本気打ちしたときの剛速球が特徴的なラケット!

ガツガツ低軌道の爆発的なショットを打ってウィナーを狙っていきたいパワフルプレイヤーには向いているので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

(※ネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました