新作情報 プリンス ファントム 2021/2022 ラインナップ スペックまとめ

テニスラケットインプレ

今回は、プリンスの2022年の新作テニスラケットシリーズ「ファントム(Phantom)」の

  • ラインナップ
  • 各種スペック
  • 使われているテクノロジー

の3つをまとめていきます。

 

3分で読めるよ。

 

 

新作情報 プリンス ファントム 2021/2022 ラインナップ スペック まとめ

プリンスのハードヒッター向けシリーズ「ファントム」の3代目が登場。

2021年10月に情報解禁となり、SNSやYoutube等で取り上げられて話題を呼んでいます。

今回のラインナップは以下の2モデル。

  • Phantom 100
  • Phantom 100 O3

以前のシリーズとの大きな違いは、

  • デザイン
  • シャフト部に新テクノロジーを採用

です。

フェイスサイズや重量などのスペックの変更はなし。

それぞれの点について詳しく見ていこう。

 

Prince Phantom 100 2021/2022

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚20ー22ー20㎜
スイングウェイト290
ストリングパターン16×18

100インチでフレーム厚が薄めの競技系ラケット。

ストリングパターンは標準的な16×19より横糸が一本少ない16×18で、薄ラケの中ではパワーとスピン量のある設計です。

気持ち良くボールを叩けそう!

Prince Phantom 100 O3 2021 2022

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ310g
バランスポイント310㎜
フレーム厚20ー16.5㎜
スイングウェイト295
ストリングパターン16×18

プリンスの特徴的な「O3」タイプ。

フレーム厚はヘッド側が20㎜、シャフト部分は16.5㎜と現在の市販品ラケットの中で圧倒的な薄さを誇ります。

O3はストリングを通す穴が非常に大きいプリンス独自のテクノロジーで、

ガットの可動域が広まりスイートスポットが大きくなる

空気抵抗の少なくなり、振り抜きが良くなる

フレーム剛性が上がり面ブレを防げる

といったメリットがあります。

フレームも薄いし、最高レベルの振り抜きを感じられそう。

テクノロジー:PVSを搭載し今まで以上に快適な打球感に

以下の2つのテクノロジーが搭載されています。

  • PVSシステム
  • ATSシステム

PVSシステム

新素材の高分子エラストマーをシャフト部からグリップ上部の所に搭載し、ボールヒット時の衝撃と不快な振動を減衰させ、心地よい打球感を生み出す新機能。

筋肉の疲労削減に役立ち、長時間のプレーでも質の高いスイングを可能にする設計です。

振動吸収に優れたシステム。

ATSシステム

シャフト部とフレームの2時10時部分にテキストリーム×トワロンを配置し、ラケット上部の剛性とボールの推進性、コントロール性能をアップさせる機能。

第2世代から搭載されていて、今作にも引き継がれています。

テキストリーム×トワロンは球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材。

インプレ動画

☑ラフィノさん

【プリンステニス】最新ファントムシリーズ(2022年モデル)全貌公開!!

☑ぬいさんぽさん

【テニス】辛口インプレ!激細フレーム新ファントムがヤバすぎる!PHANTOM/PRINCE(プリンス)〈ぬいさんぽ〉

100はパワーとスピン性能強めな薄ラケ、100 O3は振り抜きが良さが強みのようですね。

振動吸収にも力を入れていて打感も柔らかくなったようなので、一般的な競技者向けラケットの中では比較的使いやすいタイプかもしれません。

打ってみたい!

まとめ:心地よい打球感に変化

今回は「ファントム」シリーズについてまとめてきました。

PVSシステムを搭載したことにより、不快な振動が減ってより扱いやすい仕様となっています。

100も100 O3も2021年12月発売予定。

予約の受付は既に始まっている。

初回入荷分は数に限りがあるので、気になる方はお早めにどうぞ。

というわけで、以上です。

今回解説したラケット用品一覧

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました