プリンス ファントム 100 2021 2022 インプレ 評価 感想レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー・テニスタイガーです(^^)/

今回は「プリンス ファントム 100 2021 2022」(Prince Phantom 100 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使われているテクノロジーをサクッと解説
  2. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  3. 類似・競合ラケットの紹介

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計130本以上
  • ガットインプレ数70種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「軌道低めのスピードボールの打ちやすさ、高めのボールコントロール性能&スピン性能、ふりぬきの良さが特徴的な中~上級者向けラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

プリンス ファントム 100 2021 2022のスペック

プリンス ファントム 100 2021 2022

フェイスサイズ100平方インチ
重さ305g
バランスポイント315㎜
フレーム厚20-22-20㎜
ストリングパターン16×18

標準的な面の大きさで少し重めのスペック。

フレーム厚は20~22㎜とかなり薄く、比較的ガッツリスイングしたい中級~上級者向けの設計となっています。

ストリングパターンは通常の16×19より横糸が1本少ない16×18。

回転がかかりやすい作り。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

テキストリーム×トワロン球持ち感、球速のアップ、振動吸収に役立つハイブリッド素材
ATSテキストリーム×トワロンをシャフト部、フレームの10時、2時に使用し、打球のコントロール性能をアップ
2ピーススロートボールヒット時の衝撃を減らすパーツ
PVS高分子エラストマーを搭載し、衝撃と不快な振動を減衰させる新機能
パラレルホールストリングがフレームの外側まで1直線になるようにグロメットホールを設定し、スイートスポットを拡大する設計
エクスパンドホール大きめのグロメットホールを採用してストリングの可動域を広げ、スイートスポットを拡大する設計

高分子エラストマーを使用して不快な振動を減らし、クリアな打球感を実現することをコンセプトにしています。

 

関連記事>>ファントム 2021/2022シリーズのラインナップやテクノロジー、詳細情報まとめ

プリンス ファントム 100 2021 2022のデザイン

メタリックなネイビーカラー。

薄めのフレームなのでほっそりとした見た目です。

プリンス ファントム 100 2021 2022のインプレ・評価・レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、レビューを書いていきます。

打感の柔らかさ: 7/10

硬すぎず柔らかすぎずの印象。

スパーンと弾きが良く、球離れは早めです。

薄ラケ特有の打ち応えがありつつ、硬すぎない。

ボールの飛びの良さ: 7.5/10

反発力は適度。

飛びすぎず飛ばなすぎずの絶妙なパワー感です。

一般的にフレームが薄いラケットは飛ばないけど、このファントム100 2021は薄ラケの中では結構飛んでくれる。

弾きが良いのでボールスピードは出やすいです。

【軌道について】

打球はやや軌道低めになりやすいです。

スピンのかけやすさ: 8~8.5/10

回転性能はかなり高い。

かけようと思えば超かかるタイプです。

軌道低めのスピードボールと中軌道のスピンボールの両方とも打ちやすい。

【スライスについて】

スライスも通常のショット同様に軌道が低めになりやすく、スーッと滑るショットになりやすいです。

コントロール性能: 8~8.5/10

打球の軌道を抑えやすく、適度な飛びで、かなりボールコントロールしやすい。

狙ったコースに打ちやすくアウトしにくいです。

良い。

操作性&取り回しの良さ: 7.5~8/10

305g/バランス315㎜と若干重い設計ではあるものの、フレームが薄くて空気抵抗が少なくスイングスピードを上げやすい。

そこそこ操作性は良いと思います。

重さ以上に振りやすさを感じる。

ストローク

軌道低めのスピードボールを打ち抜く使い方と、ガンガンに回転をかけた中軌道のスピンボールをハネさせる2通りの使い方でできる。

ボールコントロールしやすく、飛びすぎないので、安心してスイングしていけます。

球速の出しやすさ、コントロール性能、スピン性能の3つが素晴らしい。

多彩な使い方ができる。

ちょい重量があるので球威も出るし、振り抜きも良いですね。

ただ、比較的打ち応えがあり、ラクラク飛ぶラケットというわけではないので、初中級者にはあまり向いてないと思います。

中級~上級者におすすめできる逸品。

【守備について】

走らされた際のボールの処理は特に難しくも簡単でもなくといった感じです。

ボレー

やはり飛びが適度でボールコントロールしやすい。

ミスヒットすると薄ラケ特有の硬さ、弾かれやすさは出てきますが、飛ばなさはそれほど感じないと思います。

パン!と弾く感触が強い。

そこそこな使いやすさ。

サーブ

フラットサーブ⇒しっかりスイングしてもサービスエリア内に収まり、狙ったコースに打ちやすい。

ストローク同様に弾きの良さによってスピードも上がりやすいです。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒回転のかかりは良好。

スライスサーブは良く曲がり、スピンサーブはハネやすいです。

ストローク同様にフラットサーブと回転系サーブのどちらも飛びが適度でコントロールしやすい。

そしてスピードが出る。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑プリンス ファントムグラファイト 97 2022

ファントム100よりボールスピードが出にくい代わりに、非常に打感が柔らかく、球持ちの良いコントロール系ラケット。(97インチ/300g/バランス320㎜)

球速や弾きの良さよりも、打感の柔らかさやホールド感重視ならファントムグラファイトの方がおすすめです。

球持ちが良くて柔らかく、ボールコントロールしやすい。

プリンス ファントム グラファイト 97 300g 2022 インプレ 評価 レビュー 神ラケ
「プリンス ファントム グラファイト 97 300g 2022」(Prince Phantom Graphite 300g 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑プリンス ビースト 100 2021

ファントム100と同等のボールスピードの出しやすさを持ち、なおかつ反発力がやや強めのパワー系ラケット。(100インチ/300g/バランス320㎜)

スピンはファントム程はかからず、フラットドライブ系になりやすいです。

ファントムのコントロール性能を少し飛びに振り分けたタイプ。

反発力の良さを重視するならおすすめ。

プリンス ビースト 100 300g 2021 2022 インプレ 評価 レビュー
「プリンス ビースト 100 300g 2021 2022」(Prince Beast 100 2021 2022)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

※ファントム100/ファントム100 O3/ファントム グラファイト 100/ファントム F1は以下の記事で徹底比較しているので、気になる方はご覧ください。

プリンス ファントム100/O3/F1/ファントムグラファイト100の違いを比較 2021 2022
プリンスのファントム100 2021/ファントム100 O3 2021/ファントムグラファイト 100 2020/ファントムF1 2022を徹底比較していきます。違いを知りたい方はご覧ください。

プリンス ファントム 100 2021 2022はこんな人におすすめ

  • スピードボールとスピンボールの両方を展開したい人
  • 球威・スピード重視の人
  • ボールコントロール性能重視の人
  • 適度な反発力を求める人
  • 弾きの良さを求める人

こんな人には向いてない

  • 打感の柔らかさ重視の人
  • 超ラクにボールを飛ばしたい人

まとめ:ボールスピードの出しやすさ、高いコントロール&スピン性能が魅力

本記事では「プリンス ファントム 100 2021 2022」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

球速の出しやすさ、ボールコントロールのしやすさ、スピン性能の高さが特徴のラケット!

低軌道のスピードショットをコントロールしやすく、高いスピン性能も併せ持つラケットを使いたい中級~上級者の方には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました