バボラ ピュアドライブ2021とピュアアエロ2019の違いを徹底比較【インプレ】

テニスラケットインプレ

 

バボラのピュアドライブ 2021ピュアアエロ 2019ってどっちが自分に合っているかな?

違いが知りたい!

二つともバボラの大人気モデルですが、どちらも「パワー」と「スピン性能」を兼ね備えたモデルなので、どっちを使おうか迷うこともあると思います。

そこで今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、実際に両方使った私が使用感の違いについてサクッと解説していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. ピュアドライブ 2021とピュアアエロ 2019のスペック比較
  2. ピュアドライブ 2021とピュアアエロ 2019の使用感の違いを解説

結論は、

「フラットドライブ系かつコントロール重視ならピュアドライブ、回転重視ならピュアアエロがそれぞれおすすめ」

です。

(※個別のインプレ・評価・感想レビュー記事も書いているので、それぞれの特徴などをまだ詳しく知らない方はチェックしてみてください↓)

☑ピュアドライブ2021

【バボラ】ピュアドライブ 2021 インプレ 評価 感想レビュー【コントロール性能UP】
「バボラ ピュアドライブ2021(Babolat Pure Drive 2021)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ピュアアエロ2019

ピュアアエロ 2019 インプレ 評価 感想レビュー【王道スピンラケット】
Babolat Pure Aero 2019(バボラ ピュアアエロ 2019)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

ではでは、細かくかみ砕いて双方を解説していきますね。

3分位で読み終わるよ~。

 

 

 

スポンサーリンク

【バボラ】ピュアドライブ 2021とピュアアエロ 2019のスペック比較

まずは簡単にスペック比較から。

Babolat  Pure Drive 2021スペックBabolat Pure Aero 2019
100平方インチフェイスサイズ100平方インチ
300g重さ300g
320㎜バランスポイント320㎜
23-26㎜フレーム厚23-26㎜
16×19ストリングパターン16×19

全く同じスペック。

どちらも100インチ、300g、バランスポイント320㎜のいわゆる”黄金スペック”で、幅広い層に使いやすいラケットとなっています。

ピュアドライブ 2021とピュアアエロ 2019の使用感の違いを解説【インプレ】

次にこの二つのラケットの使用感をそれぞれ比較していきます。

打感の柔らかさ

ピュアドライブ 2021>>>ピュアアエロ 2019

ピュアドライブはまあまあ柔らかく、ピュアアエロはそこそこ硬めの打感。

また、ピュアドライブはガットのたわみ感、ボールが面に乗っている感触があるのに対し、ピュアアエロは球離れが早くて弾き感があります。

打感に関しては結構差がある。

ボールの飛びの良さ

ピュアアエロ2019>>ピュアドライブ2021

ボールはどちらもよく飛んでくれるタイプですが、ピュアアエロは特にぶっ飛び系。

フラットで当てるとすっ飛んでいくので、縦スイングでグリグリの回転をかけて強引にコートに押し込む使い方が基本的です。

ピュアドライブはフラット系で厚く当てて振りぬいてもコート内に収まってくれる。

スピンのかけやすさ

ピュアアエロ2019>>ピュアドライブ2021

アエロはスピン特化型ラケットというだけあってバツグンに回転がかかります。

ピュアドライブはそこまでの回転量はなく、あくまで自然にフラットドライブがかかってくれるタイプのラケットです。

ドフラットが1点、フラットドライブが6点、グリグリスピンが10点だとしたら、アエロは9点、ドライブは6.5点辺りのイメージ。

スライスに関してはどちらも中軌道くらいのショットが打ちやすく、アエロはスピン同様にかなりの回転量が稼げます。

コントロール性能

ピュアドライブ 2021>>>ピュアアエロ 2019

ピュアドライブの2021モデルは従来よりもパワーを落としてコントロール性能がアップしたため、収まりが良くコースの打ち分けもやりやすいです。

一方のアエロは飛びが非常に強いので、細かいボールコントロールは苦手。

操作性&取り回しの良さ

ピュアドライブ2021=ピュアアエロ2019

どちらも黄金スペックなので、操作性に差はほぼありません。

一般的な筋力の方なら普通に扱えると思います。

ストローク

ピュアドライブはフラットドライブ系かつ低~中軌道のパワーショットが打ちやすく、面の安定性が最強。

相手の剛速球にブレることなく強烈なカウンターを仕掛けられる。

ピュアアエロは中~高軌道のグリグリヘビースピンが打ちやすく、相手のバックに集めるとそれだけで割とミスは引き出せます。

守備に関してはどちらもパワーアシストがあるタイプなので返球は簡単だと思います。

ボレー

ボレーに関してもどちらも面が大きくてよく飛んでくれるので難しさは無し。

特にピュアドライブは先述したように面の安定性が最強なので、相手の速球にも打ち負けずに跳ね返してくれます。

繊細なタッチプレーがしたいという超上級者以外にはどちらも使いやすいと思う。

サーブ

ピュアドライブ2021はそこまで回転系サーブの変化が大きくありません。

ただ、フラット系のサーブは球威が出てコントロールもしやすく、きっちりサービスエリア内に収まってくれやすいです。

一方のピュアアエロ2019は真逆の性能で、フラットサーブはコントロールが利きにくく収まりませんが、回転系サーブの変化はエグめ。

スライスサーブはよく曲がり、スピンサーブは高く跳ねる。

まとめ:フラットドライブ系かつコントロール重視ならピュアドライブ2021、スピン重視ならピュアアエロ2019

本記事ではバボラの「Babolat  Pure Drive 2021」と「Babolat Pure Aero 2019」比較しつつインプレ・評価・感想レビューを書いてきました。

どちらもラケット界の超人気機種だけど、だいぶキャラクターに違いはある。

フラットドライブ系のショットが好きで面の安定性とコントロール性が欲しいならピュアドライブ2021を、回転系ショットが好きならピュアアエロ2019をそれぞれおおすすめします。

では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました