新作情報まとめ テクニファイバー ティーファイト 300/295 ISOFLEX 2023

テニスラケットインプレ

今回は、2023年2月発売の新作テニスラケットシリーズ「テクニファイバー ティーファイト アイソフレックス 2023(TECNIFIBRE T-FIGHT ISOFLEX)」の

  • ラインナップ
  • 各種スペック
  • 使われているテクノロジー
  • インプレ/解説動画

の4つをまとめていきます。

5分で読めるよ。

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年以上
  • ラケット試打数&購入数合計170本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

 

 

 

スポンサーリンク

新作情報 テクニファイバー ティーファイト 295 300 315 ISOFLEX 2023 ラインナップ スペックまとめ TECNIFIBRE T-FIGHT

テクニファイバーの人気シリーズ「ティーファイト」に新作が登場。(既に予約の受け付け開始中

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tecnifibre(@tecnifibre)がシェアした投稿

ティーファイト ISOFLEX 2023の特徴は?

ティーファイトはボールの飛びとコントロール性能のバランスの良さが特徴的なテクニファイバーの主力シリーズ。

2023シリーズは「アイソフレックス」という独自の新テクノロジーにより、従来モデルよりもスイートスポットを拡大した仕様となっています。

ティーファイト ISOFLEX 2023を使用している選手は?

広告塔かつ世界ランク最高1位のメドベージェフは2022年8月に先行発売された「ティーファイト 305 アイソフレックス 2022」を既に使用中。

305の詳細情報は以下の記事にまとめています↓

新作情報 テクニファイバー ティーファイト 305 ISOFLEX 2022 メドベージェフ使用
メドベージェフ(メドベデフ)使用モデルの「テクニファイバー ティーファイト 305 アイソフレックス 2022」(Tecnifibre T-FIGHT 305 ISOFLEX 2022)のスペック、テクノロジーをまとめていきます

 

今回の主なラインナップは以下の通り↓

以前のシリーズとの大きな違いは、

新テクノロジーの採用

です。

まずはラインナップについて詳しく見ていきましょう。

T-FIGHT(ティーファイト) 300 ISOFLEX 2023

 

フェイスサイズ98平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚22.5㎜
ストリングパターン16×19

98インチ/300gのティーファイトシリーズのメインモデル。

標準より少し面が小さくて振り抜きやすく、非常に人気のあるスペックです。

 

関連記事>>ティーファイト 300 RS 2020 インプレ レビュー

T-FIGHT(ティーファイト) 315 ISOFLEX 2023

 

フェイスサイズ98平方インチ
重さ315g
バランスポイント310㎜
フレーム厚22.5㎜
ストリングパターン16×19

ティーファイトシリーズの最重量モデル(315g)。

重さを活かした強打をしたいパワフルプレイヤー向きの設計です。

T-FIGHT(ティーファイト) 295 ISOFLEX 2023

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ295g
バランスポイント325㎜
フレーム厚23.5-23.5-24㎜
ストリングパターン16×19

標準的な面の大きさで、少し軽いスペック。

フレーム厚は300や315の22.5㎜より厚めになっていることもあって、ボールを飛ばしやすいタイプですね。

T-FIGHT(ティーファイト) 280 ISOFLEX 2023

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ280g
バランスポイント325㎜
フレーム厚23.5-23.5-24㎜
ストリングパターン16×19

280gの軽量モデル。

女性やジュニア、操作性重視の男性向けのスペックです。

 

関連記事>>ティーファイト 280 RSL 2020 インプレ レビュー

T-FIGHT(ティーファイト) 270 ISOFLEX 2023

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ270g
バランスポイント335㎜
フレーム厚23.5-24-24㎜
ストリングパターン16×19

標準より30g軽い超軽量タイプ。

軽くて振りやすいラケットを使いたい方におすすめです。

T-FIGHT(ティーファイト) 255 ISOFLEX 2023

 

フェイスサイズ100平方インチ
重さ255g
バランスポイント335㎜
フレーム厚23.5-24-24㎜
ストリングパターン16×19

標準より45g軽いティーファイトシリーズの最軽量モデル。

ジュニアやあまり力の強くない女性向けのスペックです。

ラケットに合わせてバッグの発売も開始

ラケットの発売に合わせて、バッグも4種類発売されます。

☑バックパック

☑ダッフルバッグ

☑12本用

☑15本用

 

テクノロジー:アイソフレックスを搭載してスイートスポットを拡大

以下のテクノロジーが搭載されています。

アイソフレックス(ISOFLEX)

RSセクション/RSLセクション/RSXセクション

アイソフレックス(ISOFLEX)

フレームの硬さを部分的に変えているテクノロジー。

横糸が短い部分は硬くしてストリングを動きやすくし、横糸が長い部分は柔らかくしてストリングの動きを抑制することで、スイートスポットを広める効果があります。

従来モデルよりも打感の柔らかさを感じやすい仕様。

RSセクション/RSLセクション/RSXセクション

ティーファイトお馴染みの断面が6角形のフレーム形状を採用したテクノロジー。

300と315はRSセクション、295と280はRSLセクション、270と255はRSXセクションを搭載しています。

RSセクションと比べて、RSLセクションは7%、RSXセクションは8%フレームのボリュームがある設計。

四角いボックスフレームと丸みを帯びたラウンドフレームのそれぞれの良い所取りできる設計です。

ボックスフレームの特徴

⇒ボールが飛びにくい代わりにフレームがしなりやすくボールコントロール性能が高い

ラウンドフレームの特徴

⇒コントロール性能が落ちる代わりにボールの飛びが良い

RSセクションの特徴

ボールコントロールしやすく飛びも良い

ボックスフレームとラウンドフレームの中間の性能を持っている感じですね。

コントロールと飛びのバランスが良いラケットになりやすい。

インプレ・解説動画

☑ラフィノさん

【Fukky'sインプレ】テクニファイバー最新テニスラケット『T-FIGHT RS300/RSL295 ISOFLEX』初打ち!!

☑テクニファイバー公式

#テクニのポテンシャル の全貌を公開します。[テニスラケット]

☑ウィンザーさん

本日情報解禁!Tecnifibreの白いラケット、T-FIGHT!

☑テニス365さん

【テニス】"柔らかい" 新作T-FIGHT4機種をインプレ!Tecnifibre New Tennis Rackets

発売日⇒2023年2月中旬

発売日は2023年2月の予定。

既に予約の受け付け開始中です。

楽しみ!

まとめ:スイートスポットを拡大し、扱いやすさが増したメドベージェフ愛用シリーズ

今回は「テクニファイバー ティーファイト アイソフレックス 2023」についてまとめてきました。

アイソフレックスを採用してスイートスポットを拡大し、扱いやすくなった設計となっています。

飛びとコントロール性能のバランスの良さが特徴のメドベージェフ使用シリーズ。

初回入荷分は数に限りがあるので、気になる方はお早めにどうぞ。

というわけで、以上です。

今回解説したテニス用品一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました