バボラ ピュアドライブ VS 2019 インプレ 評価 感想レビュー【コントロール系ピュアドラ】

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回はピュアドライブシリーズにコントロール性能を付け加えてバージョンアップさせた「Babolat Pure Drive VS 2019」(バボラ ピュアドライブ VS 2019)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペックを紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「ボールコントロールがしやすい中上級者向けフラットドライブ系ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

スポンサーリンク

バボラ ピュアドライブ VS 2019のスペック

Babolat Pure Drive VS 2019

フェイスサイズ98平方インチ
重さ300g
バランスポイント320㎜
フレーム厚21-23-21㎜
ストリングパターン16×19

重さとバランス(重心)は標準的ですが、フェイスサイズはやや小さく、フレーム厚も薄めの21~23㎜。

通常のピュアドライブシリーズは100インチでフレーム厚最大26㎜なので、それと比較するとボールを飛ばすパワーを抑え気味に設計されている感じですね。

パワー系ラケットの王様のピュアドラシリーズにコントロール系モデルも取り入れようというコンセプトで作られたラケット。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

テクノロジー/予備知識

FSIパワー新形状のダイヤモンドグロメットを採用し、ストリングの可動域を微調整⇒パワー、コントロール性、操作性を向上
コアテックスピュアフィール振動対策のエキスパートであるSMAC社の新素材をスロート部に搭載し、よりクリアな打感に

バボラ ピュアドライブ VS 2019のデザイン

ブラック×ブルー×シルバーのデザイン。

強そうですね( ̄▽ ̄)

フレーム厚21~23㎜なので、通常のピュアドラと比べるとやはりちょい薄めな印象です。

バボラ ピュアドライブ VS 2019のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。

打感の柔らかさ: 7/10

硬すぎず柔らかすぎずな印象。

ノーマルのピュアドライブよりもやや硬めの打ちごたえで、打感がクリアだと思います。

スイートスポットを外すと硬さがあるけど、面のどこで打っているかの情報量は多いタイプ。

球離れはやや早め。

ボールの飛びの良さ: 7/10

ボールの飛びは標準くらいな感じ。

全く飛ばないといったシビアさはないですが、当てるだけだとそんなに飛ばないので、しっかりラケットを振っていく方向けです。

軌道が低めになりやすいのが大きな特徴。

浮かずにそのまま直線で飛んでいくイメージ。

スピンのかけやすさ: 7.5/10

スピン性能は標準的で、極々自然なフラットドライブが打ちやすいです。

【スライスに関して】

スライスは回転量はそんなに稼げない感じがしましたが、軌道は抑えやすいと思います。

コントロール性能: 8.5/10

飛びがそこまで強くない&スピン性能もまあまああるので、ボールのコントロール性能は結構高め。

ガンガン打っていけるけど、最低限ボールを飛ばすパワーアシストも欲しいプレーヤーに良さそう。

操作性&取り回しの良さ: 8.5/10

一般的な黄金スペック(100インチ/300g/バランス320㎜)よりもフェイスが小さくフレームも薄いので、空気抵抗が少なく快適な振り心地。

取り回しやすいです。

ストローク

低軌道のフラットドライブをキッチリコントロールして打っていける\(^o^)/

意図せぬアウトが起きにくいので、安心して振り切れます。

コントロール×スピンのバランスが良いし、バウンド後の伸びも上々!

攻撃的アタッカーにおすすめ!

ただ、芯を外すと飛ばなさと硬さを感じるので、初中級者にはそんなに向いていないかなと。

あくまでちゃんとボールをスイートスポットで打てる技術と、振り切れるパワーがある方向けのラケットだと思います。

【守備に関して】

走らされた際のボールの処理は、簡単じゃないけど難しくもないといった感じです。

ボレー

ストローク同様に硬さと飛ばなさがあるので、やや難しめ。

浮きにくくボールコントロールしやすい点は良いと思います。

使いこなすにはある程度ボレーが得意な必要アリ。

サーブ

フラットサーブ⇒コントロール性能良し、バウンド後の伸び良し、振りぬきも良しでとても使いやすい。

文句なしです◎

スライスサーブ&スピンサーブ⇒まあまあ打球は変化してくれる印象。

98インチのコントロール系ってあんまり回転系サーブと相性が良くないと思っているんですが、これは結構扱いやすかったですね。

ガンガン振ってフラット系サーブをコントロールして叩き込みつつ、時折回転系サーブを混ぜる使い方がしっくりきた。

 

類似・競合ラケットの紹介

☑バボラ ピュアドライブ 2021

VSよりもやや打感が柔らかめ、ボールの飛びも少し強めで面の安定性が最強なバボラの大人気ラケット。

コントロールよりもパワーや打感の柔らかさを重視するならこちらの方が合っていると思います。

ピュアドラ2021もパワー系にしてはまあまあコントロールしやすいタイプ。

【バボラ】ピュアドライブ 2021 インプレ 評価 感想レビュー【コントロール性能UP】
「バボラ ピュアドライブ2021(Babolat Pure Drive 2021)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑バボラ ピュアアエロ 2019

バボラのスピン特化型ラケット。

コントロールよりも回転量を重視する方におすすめです。

ピュアアエロ 2019 インプレ 評価 感想レビュー【王道スピンラケット】
Babolat Pure Aero 2019(バボラ ピュアアエロ 2019)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

☑バボラ ピュアストライク 16×19 2019/2020

コントロール性能はVSと同等ですが、こちらの方が重量は5g重く、ボールも少し飛びやすい印象。

取り回しの良さより「重さによる面の安定性」が欲しいなら選択肢に入ってくると思います。

バボラ ピュアストライク 16×19 2019/2020 インプレ 評価 感想レビュー【コントロール系】
「Babolat Pure Strike 16×19 2019/2020」(バボラ ピュアストライク 16×19 2019/2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

バボラ ピュアドライブ VS 2019はこんな人におすすめ

  • シビア過ぎないコントロール系ラケットを使いたい人
  • ラケットを振り切って攻撃したい人
  • フラットドライブ系プレーヤー

こんな人には向いてない

  • ラクにボールを飛ばしたい人
  • グリグリスピンを打ちたい人
  • 柔らかな打感じゃないとダメな人

まとめ:ボールコントロールしやすいフラットドライブ系モデル

本記事では「Babolat Pure Drive VS 2019」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

高めのコントロール性能を持つピュアドラシリーズの新モデル!

ボールをコントロールしやすく、飛びもそこまでシビアじゃないフラットドライブ系ラケットを使いたい中上級者には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました