新作情報 テクニファイバー ティーファイト 305 ISOFLEX 2022 メドベージェフ使用

テニスラケットインプレ

今回は、2022年8月発売の新作テニスラケット「テクニファイバー ティーファイト 305 アイソフレックス 2022」(Tecnifibre T-FIGHT 305 ISOFLEX 2022)の

  • スペック
  • 使われているテクノロジー

の2つをまとめていきます。

3分で読めるよ。

 

☑筆者情報

  • テニス歴20年
  • ラケット試打数&購入数合計130本以上
  • ガットインプレ数100種以上
  • 週末プレイヤー
  • ツイッター(@tennis_torasan

 

 

新作情報まとめ テクニファイバー ティーファイト 305 アイソフレックス(T-FIGHT 305 ISOFLEX) 2022

世界ランク最高1位のメドベージェフ(メドベデフ)が使用していることで有名なティーファイトシリーズの2022バージョンが登場。

テクニファイバーらしいホワイトを基調としたオシャレなデザインです。(既に予約受付が開始中

 

まずはスペックを見ていきましょう。

TECNIFIBRE T-FIGHT 305 ISOFLEX 2022のスペック

 

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g
バランスポイント325㎜
フレーム厚22.5㎜
ストリングパターン18×19

標準よりフェイスサイズがやや小さく、重いスペック。

バランスポイント(重心)は標準より5㎜程度ラケットトップ寄りのトップヘビー系ラケットです。

トップヘビー系ラケットは遠心力を利かせやすく、ストロークやサーブで強力なハードヒットをしやすい傾向にある。

また、ストリングパターンは珍しい18×19を採用。

通常の16×19より目が細かくボールコントロール性能に優れ、18×20よりもスピンがかけやすい設計です。

メドベージェフが好きなストリングパターンらしい。

スペック自体は前作の「ティーファイト 305 RS」と同じですね。

 

関連記事>>T-FIGHT 305 RS インプレ・評価・感想レビュー

テクノロジー:アイソフレックスを搭載してスイートスポットを拡大

以下のテクノロジーが搭載されています。

アイソフレックス(ISOFLEX)

RSセクション

ダイナミックコントロールストリングパターン

アイソフレックス(ISOFLEX)

フレームの硬さを部分的に変えているテクノロジー。

横糸が短い部分は硬くしてストリングを動きやすくし、横糸が長い部分は柔らかくしてストリングの動きを抑制することで、スイートスポットを広める効果があるそうです。

今作から新たにティーファイトシリーズに追加された機能。

RSセクション

ティーファイトお馴染みの断面が6角形のフレーム形状を採用したテクノロジー。

四角いボックスフレームと丸みを帯びたラウンドフレームのそれぞれの良い所取りできる設計です。

ボックスフレームの特徴

⇒ボールが飛びにくい代わりにフレームがしなりやすくボールコントロール性能が高い

ラウンドフレームの特徴

⇒コントロール性能が落ちる代わりにボールの飛びが良い

RSセクションの特徴

ボールコントロールしやすく飛びも良い

ボックスフレームとラウンドフレームの中間の性能を持っている感じですね。

コントロールと飛びのバランスが良いラケットになりやすい。

ダイナミックコントロールストリングパターン

18×19の特殊なストリングパターン。

先述した通り、16×19よりボールコントロール性能に優れ、18×20より回転がかかる設計です。

割と使いやすいコントロール系っぽい

アイソフレックスでスイートスポットが広く、若干パワーがあるフレーム形状で、18×19でスピン×コントロール性能も良いというのが主なコンセプト。

ボールが全然飛ばないガチガチのコントロール系というよりは、バランス型の結構使いやすいラケットのようなスペック&テクノロジーですね。

インプレ・解説動画

メドベージェフのティーファイト305 2022に関するインタビュー動画↓(英語)

まずデザインが好き

バランスの良さが最高

ディフェンスから攻撃への切り替えがしやすい

といった感じのことを言っていますね。

☑ラフィノさん

【Fukky'sインプレ】世界ランキングNo.1メドベージェフ選手愛用モデル テクニファイバー 『T-FIGHT 305 Isoflex』初打ち!!

☑守屋宏紀選手

守屋宏紀選手による #テクニのプライド T-FIGHT 305 isoflexのImpression

☑テクニファイバー公式

[テニスラケット] Tecnifibreが誇る #テクニのプライド の全貌を公開します。

発売日⇒2022年8月

発売日は2022年8月の予定。

既に予約受付が開始しています。

楽しみ!

まとめ:スイートスポットを拡大し、扱いやすさが増したメドベージェフモデル

今回は「テクニファイバー ティーファイト 305 アイソフレックス 2022」についてまとめてきました。

アイソフレックスを採用してスイートスポットを拡大し、扱いやすくなった設計となっています。

断面が6角形のフレーム形状と18×19のストリングパターンも使われているメドベージェフ使用モデル。

初回入荷分は数に限りがあるので、気になる方はお早めにどうぞ。

というわけで、以上です。

今回解説したテニス用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました