テクニファイバー T-Fight rsl 280 インプレ 評価 感想レビュー

テニスラケットインプレ

こんにちは~テニス歴20年の週末プレーヤー、テニスタイガーです(‘ω’)ノ

今回は「Tecnifibre T-Fight rsl 280」(テクニファイバー ティーファイト rsl 280)のインプレ・評価・感想レビューを書いていきます。

本記事の内容

  1. スペック、使っているプロの紹介
  2. 使われているテクノロジーをサクッと解説
  3. 打感、ボールの飛び、スピン&コントロール性能などのインプレレビュー
  4. 類似・競合ラケットの紹介

スペックや詳細情報を盛り込みつつ各種ショットの使用感を詳しく書いていくので、

  • このラケットがどういった特徴を持っているのか知りたい方
  • ストロークやボレー、サーブなどの使用感や感想が気になる方

はご覧ください(‘ω’)ノ

結論は、

「柔らかな打感と強めのボールの飛び、面の安定性の高さが特徴的な初中級~中級者向け軽量ラケット」

です。

では、早速紹介していきます。

5分位で読み終わるよ~。

 

 

スポンサーリンク

テクニファイバー T-Fight rsl 280のスペック

Tecnifibre T-Fight rsl 280

フェイスサイズ100平方インチ
重さ280g
バランスポイント325㎜
フレーム厚23㎜
ストリングパターン16×19

標準より20g軽い軽量モデル。

女性やジュニア・操作性を重視する男性に向けて設計されているタイプですね。

軽くて振りやすそう。

<適正表>

上級者中級者初級者
男性
女性

T-Fightシリーズを使用する(したことのある)主なプロテニス選手一覧

※プロテニス選手は独自にラケットをカスタマイズしているので、市販品とスペックが違うことがあります。

☑ダニール・メドベデフ(世界ランク最高4位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Medvedev Daniil(@medwed33)がシェアした投稿

☑ジェレミー・シャルディ(世界ランク最高25位)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jeremy Chardy(@jimchardy)がシェアした投稿

テクノロジー/予備知識

 

RSL SECTIONパワーが伝わりやすい5角形のフレーム形状
YOKE CONNECTIONSフレームとシャフトの接続部分を改良し、しなりや反発性、コントロール性を向上

テクニファイバー T-Fight rsl 280のデザイン

テクニファイバーお馴染みのホワイトを基調としつつレッドとブルーのラインがあしらわれたトリコロールカラー。

おしゃれ!!

フレーム厚23㎜と少し薄めなので、軽量ラケットの中ではややスッキリした見た目です。

フレームとシャフトの内側にも綺麗な柄が入っています。

テクニファイバー T-Fight rsl 280のインプレ・評価・感想レビュー

次に使用感や各種ショットのインプレ、評価、感想を書いていきます。

打感の柔らかさ: 8/10

結構柔らかめな印象。

ボールの重みをあまり感じないあっさりした打ち心地です。

体への負担が小さい系。

強打されたときにありがちな軽いラケット特有の面ブレが少なく、しっかりした面の安定性を感じられる点が良いです。

ボールの飛びの良さ: 8.5~9/10

反発性能は強く、ボールはラクに飛ぶ。

軌道は上がりやすいです。

中~高軌道ショットが軽快に飛ぶ。

スピンのかけやすさ: 7.5/10

スピン性能は標準的。

自然な回転量のフラットドライブが打ちやすいです。

【スライスに関して】

軽く打っても深さの出る軌道高めのスライスが打ちやすいです。

コントロール性能: 6.5/10

反発性能が強く思った以上にボールが飛ぶので、細かくコースを狙っていくのはあまり得意じゃない印象。

操作性&取り回しの良さ: 9~9.5/10

軽い上にフレームが薄くて空気抵抗をあまり感じないので、トップクラスの操作性。

ブンブン振っていけます。

疲れにくい。

ストローク

柔らかな打感を感じつつ、楽にフラットドライブを飛ばせる。

軽くて疲れにくいし、無理せず快適にテニスをしたい女性やジュニア・操作性重視に男性に向いている使用感だと思います。

飛び強めな軽量フラットドライブ系ラケット。

軽量ラケットの中では面の安定性が高くて相手の剛速球に打ち負けずに返球できる点も強みですね。

ただ、フラット系でフルスイングすると飛びすぎてボールコントロールしにくいので、ガンガン打てるプレイヤーには向いていないです。

【守備に関して】

当てるだけでもボールが飛ぶカンタン系。

守備時に安心感を感じられるタイプです。

ボレー

操作性が高く、打感も柔らかく、飛びが強いのでラク。

ちょっと飛びすぎる時もあるのでしっかり前の打点で捉える意識は必要ですが、ボレーが苦手な方でも使いやすいラケットだと思います。

良く飛ぶ。

サーブ

フラットサーブ⇒ストロークの時ほどは飛びの強さを感じず、割と収まりが良くスピードも出やすい。

軽い分ボールの威力はあまり感じないものの、比較的コントロールしやすいです。

スライスサーブ&スピンサーブ⇒打球の変化はまあまあ。

ある程度はしっかり曲がったりハネたりするな~という印象です。

フラットサーブは飛びすぎるかと思ったけど、意外とそんなこともなく。

クセ少なめな感じ。

 

 

類似・競合ラケットの紹介

☑テクニファイバー T-Fight 300 RS

300g/98インチのティーファイトシリーズのメイン機種。

280と打感の柔らかさやスピン量は近いですが、300の方が少し飛び控えめでその分ボールコントロールしやすいです。

300gのラケットを無理せず振れるならこちらのほうがおすすめ。

テクニファイバー T-Fight 300 RS インプレ 評価 レビュー ソフトな打感
「Tecnifibre T-Fight 300 RS(テクニファイバー ティーファイト 300 RS)」のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヨネックス イーゾーン 100L 2020

スイートスポットが広く、ミスヒットになりにくいことで人気の軽量ラケット。(285g)

回転性能もrsl 280より強めな印象です。

飛びの強さは同じくらい。

面の安定性よりも、スイートスポットの広さやスピン量を重視するなら選択肢に入ってくる。

Yonex Ezone 100L 2020 インプレ 評価 レビュー 超使いやすい
「Yonex Ezone 100L 2020」(ヨネックス イーゾーン 100L 2020)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

☑ヘッド グラビティ MP Lite 2021

回転が非常にかけやすいスピン系ラケット。

急降下してよくハネるスピンショットを打ちたいならグラビティの方がおすすめです。

とても綺麗で美しいデザイン。

女性に人気。

ヘッド グラビティ MP ライト 2019 2021 インプレ 評価 レビュー
「Head Graphene 360+ Gravity MP Lite 2019&2021」(ヘッド グラフィン 360+ グラビティ MP ライト 2019&2021)のインプレ・評価・感想レビュー記事です。

テクニファイバー T-Fight rsl 280はこんな人におすすめ

  • 軽いラケットを使いたい女性やジュニア・操作性重視の男性
  • 柔らかい打感が好きな人
  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • フラットドライブ系プレイヤー
  • メドベデフが好きな人

こんな人には向いてない

  • 硬い打感が好きな人
  • ボールの飛びを抑えたいコントロール志向な人
  • パワフルな人
  • ガンガンに回転をかけたい人

まとめ:柔らかく良く飛ぶフラットドライブ系ラケット

本記事では「Tecnifibre T-Fight rsl 280」のインプレ、感想レビューを、スペックや詳細情報を交えつつ紹介してきました。

ソフトな打ち心地、強めの反発性能、高い面の安定性、フラットドライブの打ちやすさが特徴的な軽量ラケット!

軽いラケットで力まず無理せず楽にフラットドライブを展開したい初中級~中級者には合っていると思うので、試してみることをおすすめします。

では、今回はこの辺で(‘ω’)ノ

今回解説したラケット用品一覧

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました