新作情報まとめ テクニファイバー (Tecnifibre) TF-X1が発売 X-Damp

テクニファイバー

 

テクニファイバーから発売される新シリーズ「TF-X1」ってどんなラケットなの?

今回は上記の疑問を持つ方へ向けて、「Tecnifibre TF-X1」(テクニファイバー ティーエフ エックスワン)についての新作情報をまとめていきます。

3分で読めるよ。

スポンサーリンク

【黄金スペック】テクニファイバー (Tecnifibre) TF-X1が発売開始!【新作情報まとめ】

「#テクニの革新」というキャッチコピーと共に情報が解禁されたテクニファイバー TF40 X1。

2021年からテクニファイバーの代理店としてラコステジャパンが取り扱いを始める最初のシリーズです。

3つのモデルが展開されているので、まずはさらっとデザインやスペックをご紹介します。

テクニファイバー TF-X1 300

重さ300g
フェイスサイズ100平方インチ
バランスポイント320㎜
フレーム厚23-25-24㎜
ストリングパターン16×19

100インチ/300g/320㎜/フレーム厚最大25㎜のいわゆる”黄金スペック”

現行のテクニファイバーのラケットには黄金スペックがなかったので、待望の登場ですね。

ホワイトとイエローを基調としたデザイン。

おしゃれ。

 

 

テクニファイバー TF-X1 285

重さ285g
フェイスサイズ100平方インチ
バランスポイント330㎜
フレーム厚23-25-24㎜
ストリングパターン16×19

軽量バージョン。

操作性が高そうですね。

 

 

テクニファイバー TF-X1 275

重さ275g
フェイスサイズ105平方インチ
バランスポイント330㎜
フレーム厚23-25-24㎜
ストリングパターン16×19

軽量かつ面が大きいデカラケタイプ。

打感が柔らかく、ボールも良く飛ぶように設計されています。

 

 

テクニファイバー TF-X1のコンセプト・テクノロジー

TF-X1のコンセプトは、

  • 衝撃を減らすこと
  • ボールを飛ばすパワー

の2点。

ラフィノさんの動画内でも詳細が語られていますが、現代テニスにおける強烈な相手の打球の衝撃を減らしつつ、軽快にボールを飛ばすことをテーマにしているようです。

【Fukky'sインプレ】『#テクニの革新』テクニファイバー『TF-X1』初打ち!!

ラケットに使われている3つのテクノロジーも見ていきましょう。

テクノロジー①Frame Ergonomy

従来のテクニファイバー製のラケットに比べ丸みを帯びたフレーム形状を採用し、反発力と面の安定性を向上。

丸いフレームはスイートスポットを広める効果もある。

ソフトな打感でボールが良く飛びそう。

テクノロジー②X-DAMP

ラコステが特許を取っている衝撃減衰システム。

振動止めやナイロンガットでもカットできない肘に響く「低周波振動」を最大36%取り払ってくれるグリップ内蔵式の装置です。

高周波振動は振動止めとガットで対処できるけど、低周波振動はX-Dampじゃないと軽減できないらしい。

以下の実験動画で振動の減衰っぷりがよくわかります↓

テクノロジー③Isoflex

フレームの硬さを部分的に変えているテクノロジー。

横糸が短い部分は硬くしてストリングを動きやすくし、横糸が長い部分は柔らかくしてストリングの動きを抑制することで、スイートスポットを広める効果があるそうです。

Twitterの反応

一足早くモニターラケットを試打した方々のツイートが見つかったので、載せておきます。

 

 

 

やはり柔らかな打感とパワーに定評がありますね。

まとめ:テクニファイバー待望のパワー系ラケット

今回は「Tecnifibre TF-X1」(テクニファイバー ティーエフ エックスワン)についての新作情報をまとめてきました。

ボールを飛ばす反発性能の強い設計なので、楽に力強い打球を展開したい方におすすめのシリーズのようです。

テクニファイバー待望のパワー系黄金スペック!

発売は2021年8月7日。

既に予約受付開始しているので、気になる場合は要チェックです。

今回解説したラケット用品一覧

 

 

(※ラケットはネットだと人件費や仲介コストが減らせるので、実店舗で買うよりも5000~10000円位安く手に入りますよ。)

タイトルとURLをコピーしました